ローズミンタラ

排雪


あまりの積雪に

団地内道路の道幅が狭められて、困っていましたが、

今日、排雪車が入りました。

道路横のうず高くなった雪をロータリー車が削り、

ダンプカーの荷台に吹き飛ばす。

s-391-排雪中

ロータリーの飛ばし口と、それを受けるダンプの位置を指示する声が団地内に響く。

「 前へ! 前へ! 」

「 ストーップ! 」

「 OK! 」

ロータリーとダンプの呼吸が合わないと、雪を上手く積めない。

上手いもんです。





次は、ブルドーザーの出番。

s-391-ブルドーザー

飛散した雪の塊を集め、圧雪ワダチを削りとる。



しばらくするとロータリーとダンプが戻ってきました。

そうなんです。

道路の左右両方削らなければ、道幅を確保できない。

s-391-戻り排雪4

積んだ雪は、指定の雪捨場まで運ばなければならない。

大変なご苦労ですが、こんな大型機械を操作することには

ちょっとココロがくすぐられます。

大型ロボット、マジンガーZ、機動戦士ガンダムのアニメ、

「 アムロ、発進します! 」 の声を思い出す。

頭の中は、どうも、幼いままのようです。



おかげさまで、見通しが効くようになりました。

去年の排雪は、1月17日。

今年はそれより10日も早い。

これから、あまり、ふらないで欲しい。

恋愛も、雪も、ふられるのは、つらい。








PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)