ローズミンタラ

葉面張力


「 雨の日には紫陽花 ( あじさい ) が よく似合う 」

でも、紫陽花の季節は、もう、終わった。

秋の長雨が、うっとおしい。

しかも、大雨の台風まで上陸して、雨が降り止まない。



先月、季刊誌 「 スロウ 」 が取材に来たときも雨でした。

カメラマンに 「 バラの花も散り始めたし、あいにくの雨ですね 」 というと、

「 散りかけのバラも、雨の日もいいものですよ 」 との返事。

その時は、強がりか、気遣いのことばだろうと思っていました。


雨に打たれて

今日、ふと、彼の言葉を思い出して、傘を片手にカメラを持ちだしてみると、

案の定、雨に叩かれて、首をうなだれている。

「 これだから、長雨は嫌い! 」





ところが、晴れのときとは違う風情があることに気づきました。

雨にめげずに

プールから飛び出してきたような、洗顔したてのようなバラ。

背が高くなって、ボクの背丈を超えたものもいる。

美人揃いになってきました。



もうひとつ気づいたのは、雨粒がバラの葉の上で玉となり、

触れなば落ちんと、危ういところで、バランスをとっていること。

とてもきれい。

葉面張力?

教科書的に言うと、表面張力で水滴が丸くなったということなのでしょうが、

この水滴を見た瞬間のことばは「 葉面張力 」



葉面張力?②

「 雨の日もいいものですよ 」 の一言で、楽しい発見をしました。



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

葉面張力!言い得て妙。
それがとてもよく表れている写真ですね。

takarinn | URL | 2013/09/18 (Wed) 14:29 [編集]


Re: 葉面張力?

ありがとうございます。 励みになります。
また、頑張ります。

大福 | URL | 2013/09/18 (Wed) 16:09 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)