ローズミンタラ

クリーミィ・エデン

花が途切れると、豆福は、花屋さんに行きます。

バラを選んで、季節のモノを物色してきます。



「 バラの名前、聞いてきた? 」

クリーミィーエデン

「 クリーミィ・エデンよ 」

「 あれ? それって、ウチにあるバラでなかったっけ? 」

「 そう、でも、ウチでは咲いていないから 」




そりゃそうだ、雪の中で咲かせるのはムリ。

クリーム色のスプレータイプ。

小さなカップ咲きで、型崩れがしない。

散らずに、そのままの形で枯れていく。



最近、このタイプの花が出始めました。

誰が、つくりだしたのでしょうね。

コモ・フォーエバー

去年、仲間入りしたコモ・フォーエバーもそのタイプでした。

名前のとおりフォーエバー ( 永遠に )

散らずに、いつまでも花がある。

長持ちして、いいようでもあり、

花の区切りをつけ難いようでもあり、

何とも評価しにくい花です。




花の下が伸びる=??

季節のモノはチューリップ。

今回も、花茎が伸びて、暴れました。



ps


そう言えば、 「 チューリップ 」 は、花の下茎が長いところから

「 鼻の下がのびる = 好色 」 の同義語として使われることがあります。

どうしてなんでしょうかねぇ。

「 首を長くして 」 は、何かを待っているときに遠くを見る様子を、

「 目尻が下がる 」 は、孫を見ている目尻の様子を、表したものでしょう。

でも、 「 好色 」 で、鼻の下は・・・・・のびる?





PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)