ローズミンタラ

梅も咲いたぞ 桜も満開だ!

今回は、サクラの便り。

「 梅も咲いたぞ 桜も満開だ! 」 という元気のいいタイトルに 

桜吹雪が添付された メールが届きました。

威勢のいい啖呵が 聞こえてきそうです。




田無の桜
 
江戸の櫻は、ソメイヨシノ 

エゾの櫻は、エゾヤマザクラ ( 別名オオヤマザクラ )





西武柳沢

白粉 ( おしろい ) で化粧した ソメイヨシノは、花付きがみごと

花の後に 葉が出始めるので、花を愛でる邪魔をしない。





エゾヤマザクラ
( エゾヤマザクラ : こちらではまだ咲いていないので、比較までに、ネットからの引用です )

エゾヤマザクラは、ピンクの色合いが目を惹くけれど、

恥ずかしがり屋なので、葉が一緒に出てきて、花を隠す

時季を逃すと、茶っぽくなる。

“ 三日見ぬ間の桜かな ” 

見ごろを逃すと、また、一年間 待ちぼうけ。






田無の桜五

花見は、隅田川の屋形船からしてみたい。千鳥ヶ淵もいいかな?

夜のライトアップもいいな。

屋形船で夕げをとりながら、熱燗を傾け・・・、

ゆ~ったり、の~んびり、いいね~。





田無の花見

田無の花見は、何を広げているのだろうか?

こちらでの花見の定番は、ジンギスカン!

花を愛でるのか、春を祝うのか、はたまた、呑みたいだけなのか、

いろんな思いを込めて ジンギスカーン。

砂川では、5月19日の第三日曜日に北光公園で「緑と花の祭典」があります。

この日は、さしずめ、ジンギスカンとビールの出番。

そう、そう、この日は豆福が 祭典ボランティア の日でもありました。





ps

春の芽吹き
(もうじき・・・・・芽吹き)

ところで、

オオヤマザクラだとか、ソメイヨシノだとか、カタクリだとか、

動・植物の名は、なぜ、カタカナ表記なんだろう?

漢字で、大山桜とか、染井吉野とか、片栗などと、書いた方が、

イメージが湧きやすくて、 いい感じ なのに・・・。



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

生物学では、生き物には標準和名というものがあり、正式にはカタカナ表記する決まりになっているのです。猫は標準和名はイエネコ、人間(人)は、ヒトと表記します。理屈っぽくてすいましぇん(笑)。

みちえ | URL | 2013/04/04 (Thu) 10:40 [編集]


Re: 標準和名

ありがとうございます。
「標準和名」ですか・・・漢字で書いてしまったら「標準ダメー」ですかね(笑)
図鑑やテレビでカタカナ表記を見るたびに「ナゼ?」と思っていたのですが、
これで納得。
でも、「キョウハイシャニイク」のように書かれると「今日、歯医者に行く」のか「今日は、医者に行く」のか、
一瞬で見分けられない。
次の学会で「標準駄名」も併記するよう提案してみて~・・・(苦笑)

笑門庭大福 | URL | 2013/04/04 (Thu) 18:04 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)