ローズミンタラ

もっと光を

豆福がバラを一本買ってきました。

名前を聞くと 「 なんだっけなー 」 だったのだそうです。

カンガルーの逸話を思い出しました。





豆福が買ってきたバラ

杏色の おとなしい スプレータイプのバラ。

一本 だけなのに、室内がちょっと明るくなった・・・





ウチはツルちゃんちよりも、日当たりが劣る。

冬越しは、「 生かさぬように、殺さぬように 」 で扱っているので、

チョットかわいそうな思いをさせているけれど、植物は、たくましい。






もっと、光を!

日差しに向かって、成長を続けている。

ゼラニュームなんぞは、もう、花を咲かせようとしている。

窓に花首を延ばし、「 もっと光を 」 と言っている。






もっと、もっと、光を!

植物の体力を優先すると、この花は落とした方がいいのだけれど、

咲いたところも見てみたい・・・欲張りだこと。

はやく、春になるといいねェ。






ps

カンガルー

俗説ですが、カンガルーを指して 「 あの動物は何? 」 と訊ねたところ、

現地人は 「 分からない 」 と言う意味の、「 カンガルー 」 と答えた。

これがこの動物の通称となったというお話を思い出したんです。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)