ローズミンタラ

福豆

立春の前の日は一年の終わりと始まりを分ける「年かえの日」、

季節を分ける「節分」とされ、厄や災難を祓い清めるならわしが、

豆を撒いて、「追儺(ついな)」をすることになったんですと。

「魔の目  (魔目=まめ)」 に豆を投げつけて、

「魔を滅する(魔滅=まめ)」 ということらしい?




鬼の面

今晩のの豆まきソングは、ちょっと趣向を変えて、

「♪ 鬼はソト、鬼は外 

福はウチ、ブッチも内

天打ち、地打ち、四方打ち

鬼の目ん玉ぶっつぶせー、ぶっつぶせー」





福豆

去年は、落花生だったけれど、

今年は、大豆で豆まきをしよう。

なんと、炒り豆の三角パックが売られていた。

丹波の「福豆」で、これは、後始末が便利そう。

今年は、これに決めました。





三角パック

豆まきの後は、「年の数だけ大豆を食べて・・・」

年の数だけ・・・年の数が増えて、数だけ食べるのが難儀になってきた。






目ん玉ぶっつぶせー!





ps

「福豆」の袋にレシピがありました。

「ミルクパンに水1/3カップ、醤油大さじ3、砂糖大さじ2を入れ、

中火にかける。

沸騰したら、福豆50gを入れ、煮詰めて、水分が無くなったら

一味唐辛子を振りかける。」 お酒の付出しに最適とか。

う~ん、これなら、年の数でも、楽勝だ。

















PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)