ローズミンタラ

てんでんこ

猫の目のようにくるくる変わる秋の空

雨あがり、日差しがまぶしい。

アスピリン2

白いからアスピリンと名付けられたはずなのに・・・秋になるとピンクが強くなる。



今季最後のバラが、次々とツボミを持ち、咲き、散り、

身を固くし、下葉を落とし、冬を迎える準備に入った。


てんでんこ

一株の中に、つぼみもあれば、開花もあれば、散り花もある。

春は、一斉にバンと咲くのに対して、この季節は「てんでんこ」

秋は、「咲けるものから咲け」と言わんばかりの咲き方。

てんでんこ2

緑のがツボミ、 黄色の下矢印が散り花、黄色のは、偶然飛び込んできたハチです。

カクテルの咲き始めは中心が黄色ですが、そのうち白くなり、酔っぱらってピンクになってから散ります。


ガーデンパーティ


生き死にの境をさまよう厳寒期を乗り切るのは厳しい。

厳しい冬を目前にした生態は、いじらしく見える。

秋バラの色と香りは、魅惑的です

クイーンエリザベス


ガーデンパーティ2


s-141カリナ


アスピリン


お祭り


お祭り2


本祭り



ps

東日本大震災の「大津波」の後で、

「津波てんでんこ」という三陸の言い伝えがクローズアップ。



“めいめい勝手に自分の命は自分で守れ。”

弱者を切り捨てる非情ともとれるこの言葉に抵抗があったが、

平穏なときは別にして、大災害の非常時に

多くの生命を守るために、断腸の思いで吐露した言葉が

この「津波てんでんこ」だったのだろうと思うようになった。

生き残った者が、津波に呑まれた者を見捨てたと

思わないための言い伝えでもあろう。

この言い伝えには、緊急避難、安全弁の役割もありそうだ。


アポロ

おだやかな季節は、み~んなで、一斉に、

厳冬に向かっては「てんでんこ」。 これが自然なのかな・・・?















PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)