ローズミンタラ

水訓

石狩川と空知川(そらちがわ)の合流点のほど近くに

砂川市立空知太小学校があります。

石狩川・空知川の合流
(この画像は、ネットから借用しました)

大河の合流点なので洪水の心配は・・・?

100~150年に一度の大雨を想定した「洪水ハザードマップ」では、学校が避難場所。

しかも今月30日にはこの学校を拠点として直下型地震の「防災訓練」が予定されている。


ハザードマップ

学校は、セーフでした。

校長先生のお名前は広川校長先生。

この地区にふさわしいお名前で、

石狩川、空知川、広川と三つの大河がそろい踏み。



水訓

その校長室に「水訓」という扁額(へんがく)があることを知り、

校長先生にお願いして、撮影。


水訓1

自ら活動して 他を動かしむるは 水なり

常に己の進路を求めて やまざるは 水なり


水訓2

障害に逢い 激して その勢力を百倍しうるは 水なり


水訓3

自ら潔(いさぎよ)うして 他の汚れを洗い 清濁併せ容るるの量あるは 水なり


水訓4

洋洋として大洋を満たし 発しては蒸気となり 雲となり 雨となり

雪と変じて 霰(あられ)と化し 凝(こお)っては玲瓏(れいろう)なる鏡となる


水訓5

而(しか)も その性を失わざるは 水なり









Ps

ネットで検索すると、そっくりさんに「水五訓」があり、

黒田如水の作だとか、王陽明の作だとか言われていますが、

真偽のほどは不明のもよう。



内容はいたって簡明なれど、意味深長、自分の身に振り返って、言うも行うも難し。

この書を見て、その昔、授業で「ちんぷん漢文だ」と茶化していたのを思い出しました。

考えさせられる書でありました。反省! <冷や汗>

<あれ! 本当の汗だ! 室温30℃ これが9月のHokkaido?>



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)