ローズミンタラ

エゾシカに告ぐ!

************************************************************
* エゾシカに告ぐ!
*
* 諸君は、むやみに増殖を続け、領地の拡大を図り、
*
* われらが手塩にかけた生産物を略奪している。
*
* 諸君の無謀な侵略行為は見逃すことができない。
*
* 即刻、退散なければ、相応の報復を受けるものと心得るべし。
************************************************************


こんな看板出してもエゾシカには、のれんに腕押し、糠に釘なんだろうな~。


エゾシカ・・・zapanetから借用しました

先日、高速道路で「鹿、注意」の電光掲示板を見て

「シカと(無視)すれば…」とか、

「シカたない、焼肉にするか…」とかの駄洒落を飛ばしていたけれど、



すながわカントリーロードにもエゾシカが出没。

「おくやま農園」と「アップルガーデン」に出没。

畑の電気牧柵

「西瓜、食べられ放題」の状態となり、やむなく電気牧柵を設置

太陽光発電を充電中



そういえば、ひまわりで有名な「那須ファーム」でもエゾシカの食害にあったことがある。

道々沿線にも電気牧柵

カントリーロードの沿線を見ると、水田にも電気牧柵をして、食害を防止しているところがそこかしこ。


水田の電気牧柵

触ると、高圧電流が流れるので「きけん」

これは、風雨で倒伏した稲ですが、エゾシカが入ると、もっとひどくなります。


エゾシカは、作物が熟した頃に食べ荒らしに来る。

西瓜、カボチャなどは熟したものから選んで食べ歩く。

踏み荒らすので、シカが入ったところは全滅状態。

お米も刈り取り間近の稲穂を食べ、踏み荒らすので、刈取りしづらくなる。

もう、シカト(無視)できない。

北海道では、「エゾシカ=害獣」のイメージが定着しつつある。



ヨーロッパでは、野生動物の肉が牛や豚よりも高級な食材として流通しているとか。

ウィキペディア ( Wikipedia)によると

『欧州(ドイツやハンガリーなど)では、鹿肉を始めとする狩猟野生動物の肉は

高級レストランで特別に食べられる「最上」の肉として扱われる。

世界最大の鹿肉消費国はドイツで、年間消費量は4万~4万5千t』となっているそうです。



北海道では、捕獲はしているが、その後の利用はまだ。

渋谷のレストラン、「ル・ゴロワで」食したエゾシカのステーキはおいしかった。

捕獲、飼育、流通、販売、利用方法を急いで確立してほしい。



Ps

電気牧柵:通電ワイヤーを張り、動物が触れると高圧電流が流れるようにした、侵入を防ぐ柵です。













PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

エゾシカさん、立派な角ですね。かっこいい、、、なんて言ってる場合ではないですね。先月行った奧日光でも、鹿による高山植物の生涯防止のために、小田代ヶ原では広大な範囲で電気柵がありました。先日のニュースでは、熊が例年より早い時期に、沢山出没していると言っていました。
 猫のアメリカ人(笑)と食事をしていて、鹿肉はデリカシーだよっていってました。??? なんでデリカシー??? って後で知りました。珍味っていう意味なんだそうで、デリカシーにそんな意味があるなんて知らなかった。脱線ですが、、、

みちえ | URL | 2012/09/07 (Fri) 06:39 [編集]


Re:エゾシカ

この写真はネット画像から拝借したのですが、エゾシカは、奈良公園の鹿の2倍以上の体格がありそうです。
食材としての衛生管理が整って価格が安定すればいいと期待しています。
デリカシーは乏しいほうなので「珍味」というよりは、豪快に「ステーキ」で、しかも素敵なワインなんぞいただけるとサイコーなのであります。  酒池肉林・・・アレッ!これは別の意味でしたっけ。
(注)デリカシー = 珍味 : 初めて知りました。


大福 | URL | 2012/09/07 (Fri) 15:20 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)