ローズミンタラ

コンサートホールKitara(キタラ)

久しぶりに豆福とコンサートホール・Kitaraヘ

作・安田侃 「相響」(The echoes)
Kitaraの外庭 : 作・安田侃 「相響」(The echoes)

草とり・虫とり・花柄摘みの這いずり回りから離れて「充電」です。

Kitara外観
Kitaraの外観

札幌コンサートホールKitara入口
札幌コンサートホールKitara入口


Kitara15周年とパイプオルガン奏者が交代するのを記念した

ソロ・リサイタルでした。

プログラム表紙

あのデカい「パイプオルガンの音」を堪能しようという企画。



リサイタルは2部構成で、

第1部は、重低音から電子音に近い高音までの「耳慣らし」。

ゆったりと耳かきをされている気分を想像してください。

まどろみ、現(うつつ)にもどり、またまどろむという体です。

ふわふわ、ゆらゆら



20分の休憩をはさんで第2部



ここでは、一転して、目と耳が覚めました。

「耳慣らしは終えた。パイプオルガンはこんな音も出る、こんな演奏もできる」と

言わんばかりの演奏・・・降参です。

テレビのことばで汚れた耳が洗われた2時間半でした。

Kitara大ホール
Kitara大ホール 中央がパイプオルガン


パイプオルガンは楽器の中で一番大きいので、王様とも女王とも言われるのだそうです。

演奏する人によって男性的になったり、女性的になったりするということなのでしょう。




Ps

Kiraraパイプオルガンパンフ
パイプオルガンのパンフをスキャン


Kitaraのパイプオルガンのパイプの本数は、4,976本

「良く鳴る=よくなる=4,976(本)」なのだそうです。

一番長いパイプは約7m、一番短いのは約1㎝、その差7,000倍!











PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)