ローズミンタラ

由仁(ゆに)ガーデン

 

先月、ゆにガーデンの入場券とユンニの湯の入湯券をもらいました。

「期限は、まだ、まだ、先だ」と思っていたのですが、

あらら、期限は今月末。

いつの間にか、あと一週間しか無くなってしまいました。

 

由仁ガーデンまでは、自宅から約一時間。

午前中にガーデンを散策し、ランチの後、温泉に浸かって帰ってこようと言う計画を立てました。

センターハウスに着いたのは10時半。

s-1002-1.jpg 

 

庭園は14ha

s-1002-2.jpg 

眼下に見えるのがガーデンの一部。

ボクの足にはちょいと広すぎる。

 

折よく、園内周遊バスが園内を約20分で一周するという。

文明の利器のお世話になることにしました。

s-1002-3.jpg 

一番奥のウエディングガーデンで下車。

ステンドグラスの入ったチャペル風のコテージ2階からはウエディングロードが一望できます。

s-1002-4.jpg 

 


それでは、チャペルから出てブロードウォークへ踏み出しましょうか?

s-1002-5.jpg 


 

「幸せの鐘」までは、ちょいと遠いね。

s-1002-6.jpg 

芝は軽い上り坂。

丘の中腹に見える白い建物に「幸せの鐘」があるのです。



上り坂ですが、センターの芝生と脇の花壇に見とれて足が進みます。

s-1002-7.jpg 

 


ここまで来て、振り返ると、先ほどのコテージは遥かかなたになりました。

s-1002-8.jpg 

 


見上げると、幸せの鐘までは、階段で120段あるという。

s-1002-9.jpg 

ん~、垂直移動は苦手なので、パス。

幸せの鐘をつくのは次の人に譲ることにしました。

 


帰り道には、サルビアの群落。

赤、白、紫、それぞれ生育状態が違う。

s-1002-10.jpg 

これは花の性質の差か、それとも植え付け時期が違うからか?

こんなことを考えてしまうのは、素人ガーデナーの性(さが)でしょうかね。

 

そう、そう、そういえば、ローズガーデンにも寄ったのでした。

残念ながら素敵な秋バラには出会えませんでした。

木道は朽ちて穴が開き、バラの葉は病にやられて裸になり、散った花茎がそのまま付いていて、無残。

 

庭の広さに対して人手が足りていないのでしょう。

豆福は、盛んに「ハサミが欲しい」と悔しがっていました。

剪定ばさみがあれば、きれいに選定してあげるのに・・・という思いからです。

 

ランチをとって、ユンニの湯につかった帰り道、当初の予定にはなかったのですが、岩見沢公園のバラ園に寄り道。

ここではボランティアさん数名が活躍していました。

s-1002-11.jpg 

落ち葉は拾われ、病葉は摘まれ、時期を終えた花は剪定されていたのです。

ITや機械化がもてはやされていますが、ガーデニングに関しては、まだ、知識と人手が無ければ成り立たないようです。

 

振り返ってみると、ローズミンタラも手が回らなくなったら成り立たないぞ! と脅された日でもありました。






PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

紫色のサルビアを眺めている横顔の豆福さんス・テ・キ!!
そして結論、何でも人の手に尽きますね。機会も道具もそれを操るのはやっぱり人の頭と手。

takarinn | URL | 2017/09/26 (Tue) 14:22 [編集]


Re: タイトルなし

どうもありがとうございます。 豆福に代わってお礼申し上げます(笑)。
ガーデニングでも機械化になればいいな~と思うときがたくさんあります。
機械化にならずとも、自分の手があと一本欲しいと思うときもあります。
千手観世音菩薩にお願いするのですが、まだ?、実現していません。

大福 | URL | 2017/09/27 (Wed) 21:54 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)