ローズミンタラ

台風一過?


台風18号が過ぎ去って3日目、待望の青空!

s-1001-1.jpg 

アーチの上にはナツユキカズラ。

 

台風18号は、日本列島を縦断。

北海道も銃弾?でやられました。

 

翌日も台風並みの暴風雨。

サハリン付近で温帯低気圧になったはずなのに・・・

ローズミンタラでは、ホップの綱が切られ、何本かのバラの葉が引きちぎられ、ツボミが吹き飛ばされました。

s-1001-2台風前後 

左上が今月初旬

左下が台風一禍後。 赤く引いた線がホップがあったはずのところ。

右が切り落とされたホップ

 

「台風一過」のイメージは、「台風が過ぎ去って、晴れ!」の筈なのに、過ぎ去っても強風+豪雨。 

新聞によると砂川ではビニールハウス30棟を損壊させ、リンゴ農家の収穫前の実を落下させるという禍(わざわい)をもたらした。

「台風一」ではなく「台風一」と書くのがふさわしい。

 

台風通過2日目は、

ぶっちぎられたホップを片付け、

ぶっ飛ばされたバラの花や葉を拾い、

ぶっ飛ばされてきた葉っぱを拾いました。

 

ご近所の木の葉や木の枝も飛んできました。

ウチの葉っぱもご近所でお世話になっているはず。

こんなに飛んでくるということは、「種」も飛んできているに違いない。

ということは、来年は、野良植物の当たり年になるかもしれません。

 

台風通過3日目は、待望の青空が戻ってきました。

秋バラは咲く気満々。

傷ついた枝葉を癒すのに、ちょいと消毒をしました。

傷に滲みるかな~?

 

「ちょっと、来て見てー。」

豆福の声です。

s-1001-3.jpg 

これから咲かんとするマイガーデンでした。

コロッとした形に、芯がピンク色。

明日には見頃を迎えることでしょう。

 


見回すと、呼んでいる花がいました。

雨に打たれても、風に吹かれても、咲くというのです。

s-1001-4.jpg 

バラは、秋色に染まってきました。

これからも楽しみです。

 


今年もナツユキカズラが2階のベランダまで届きました。

s-1001-5.jpg 

白い小花が咲き乱れると、清楚だけれど華やぎがあります。

風が冷たくて、どこか寂しい。

ナツユキカズラの音感が“夏雪葛”、“夏逝き葛”に通じるからかもしれません。

今年も、もうじきバラを愛でる時間のカウントダウンが始まります。

残された時間、精一杯楽しむことにしましょう。





PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

本当に18号台風は長くシツコク列島あちこちに禍を残していきましたね。
ローズミンタラさんの薔薇さん達は、その台風の暴挙にもめげずに秋色で咲いていますね。現場を拝見させていただいたからか、とりわけ花たちの健気さに拍手です。

ps:「台風一過」が「台風一家」(笑い)と思っていた若かりし頃がありましたが「台風一禍」にもなってしまいましたね。

takarinn | URL | 2017/09/22 (Fri) 15:57 [編集]


Re: 一禍

「一禍」で「まあ、いっか」というわけにはいきませんね。
「台風一家」も笑えそうすが、台風の一家がまとまって来るようで、これも怖い。
「地震、カミナリ、火事、おやじ」と言うけれど、どこかに台風も入れておかねば・・・

大福 | URL | 2017/09/22 (Fri) 21:07 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)