ローズミンタラ

雨の降る日は、ねこ

 

「 雨の降る日は天気が悪い 」

言い古された、あったり前の格言(?)

こんな日は、庭の仕事は、お休み。

 

寝室を見ると、豆福の愛猫の「ジロー」と「アーチ」がベッドを占領して寝ているではありませんか。

猫は、別名「寝子?」と言われるように、よく寝ます。


モフモフの毛に包まれて、気持ちよさそう。

こんな生活ができるなら「生まれ変わって来るときは、ネコになりたい」

あっ、これは豆福の独り言です。

 

今日の北海道新聞の夕刊に「ジロー」と「アーチ」が載りました。

「ペットじまん」のコーナーです。

s-959-1おばんでした(道新) 

(左上の写真です)

黒白の猫がジロー、その上に乗っている茶猫がアーチ。

 

3月、春の日差しが強くなってきた窓辺。

「くっつきたいんです」(アーチ)

「いやなんです」(ジロー)

と もめながらも、ときには一緒にひなたぼっこ。

 

3月に投稿した写真なので、もう、投稿したことを忘れていました。

窓の外には、まだ雪があります

新聞の写真では、よく分からないので、元写真を載せます。

s-959-2.jpg 

(窓の外は、まだ、雪)

漫画では「縁側」で  ひなたぼっこする猫がいますが、それは本州仕様。

北海道に「縁側」は不向きなのです。

ネコは出窓か、窓辺のテーブルでひなたぼっこするのです。

ところが、今日は一日中雨。 ひなたぼっこは、おあずけになりした。 残念!







PageTop