ローズミンタラ

咲いた・咲いた


先日の 「咲いた」 は、「サイタ サイタ サクラガサイタ」 でしたが、

今日の 「咲いた」 は、

♪ さいた さいた チューリップの花が ・ ・ ・ です。

s-958- 1 

ずんぐりむっくりの原種チューリップが終わりを告げ、

細面(ほそおもて)の原種チューリップが開き始めました。

左手前の朱色が、ずんぐりむっくり

中心が黄色で、外側が黄と朱なのが、細面(ほそおもて)

 


この細面が閉じると、三角錐の巻貝のような形になります。

s-958- 2 

写真で見ると大きな花に見えますが、球根は小豆(あずき)粒の大きさしかありません。

植え替えようとして、球根を掘り上げようとしたことがあるのですが、あまりにも小さくて、しかも表皮が土と見分けがつきにくい。

植え替えは断念しました。

過密になったら、どうしようか?

 


紫色の「咲いた」は、「ツル・ニチニチソウ」

s-958- 3 

グランドカバーですが、とても丈夫な植物です。

片桐農園さんから来たときは、一株だったのですが、増えて増えて ・ ・ ・

もう一つのグランドカバーのタイムと競い合っています。

 

白い色の「咲いた」は、「ジューンベリー」

s-958-4.jpg 

6月(June)に実が熟すので「ジューンベリー」という名がついたのでしょう。

ところが、こちらでは 花は5月に咲くのですが、熟すのは7月になります。

それで、ローズミンタラでは、7月のベリー(Julyベリー)、「ジュライベリー」と改名し、和名を「寿来ベリー」としたのでした。

今年は去年よりも2日早く花が咲きました。

はたして、今年は、ジューンベリー になれるでしょうか?









PageTop