ローズミンタラ

幼苗

 

「おじさんちは、よく生えるね~!」と半分呆れ気味につぶやいたのは、姪っ子です。

自分は、これで当たり前だと思っていたのですが、今年の生え方は、いつもより多い。

やっぱり、姪っ子の言うとおりかな?

生えてくるのが髪の毛だったら、嬉しいのに。

生えてきたのは、こぼれ種から生えてきた「幼苗」。

 

【ビオラ】

s-964- (1) 

バラの株間に生えてきた無数の双葉がビオラです。

去年のこぼれ種が芽吹いてきたのです。

バラの株の向こうにチラリと見える紫や黄色は、ビオラの親株。

 

ちょいと向こう側に行って見ると、

s-964- (2) 

これが、ビオラの親株です。

あの幼苗もいずれ大きくなります。

バラの下草(したくさ)が多すぎると(下花かな?)風通しが悪くなり、過湿になるので、間引かなければなりません。

 

【クレマチス】

s-964-3.jpg 

バラと相性がいいと言われているので、数種類植えているのですが、こぼれ種でこんなに発芽するとは思いもよらぬことでした。

白の白雪姫、紫の新切り、ピンクのダイアナ。

名前を忘れてしまった薄ピンク。

ご近所から挿し穂を貰って付けた白にピンクの縦筋入りと

いつの間にかうちの住人になったブルーの野良。

この「幼苗」は、誰の娘かな~?

 

【三尺バーベナ】

s-964-4.jpg 

砕石の間から芽吹いたのは「三尺バーベナ」

別名 ヤナギハナガサ(柳花笠)

河原などでよく繁殖するのだそうです。

道理で砂利をものともせずに芽吹いてくるわい。

 

咲いたら、こうなります。

s-964-5.jpg 

これは、去年の映像なのですが、欲しい、という人がいて、40本ほど里子に出しました。

今年は、どうかな?

 

【野良植物】

このほかに、のら植物が定着したり、新たなのら植物が侵入してくるのですから、ウチは住み易いんでしょうかね?

土壌条件としては、決していいとは思えないのですが、植物も「蓼食う虫も好き好き」ということがあるのでしょうか。

 s-964-6.jpg

こんな下花なら釣り鉢の盛り立て役となるのですが、のら植物は生命力が強いので、うかうかしていると野生化したり、雑草化してにバラが占拠されてしまうかもしれません。

明日からは、バラの手入れに精を出さねば。








PageTop

大原美術館展Ⅱ


 

大原美術館展Ⅱは、国内外の作家50人の71作品を展示する展覧会です。

s-963-1舞踏会の前 


大原美術館は、岡山県の倉敷市にあります。

自治大のフロアー会が岡山で開催された折、豆福と観に行ったことがあります。

広大な敷地に複数の美術館があり、様々なジャンルの銘品が無数に展示されていました。

そうそう来ることはできないので、欲張って、複数あるぜ~んぶの美術館を見て回ったのですが、膨大な作品群に圧倒され、頭も身体も疲労困憊してしまいました。

※大原美術館の公式ホームページはこちらから。

http://www.ohara.or.jp/201001/jp/index.html

 

 

今回の展覧会は71作品。

疲労困憊せずに済むに違いない。

豆福と行ってきました。

北海道立近代美術館の開館40周年記念事業なのです。

北海道教育委員会のホームページは、こちらから。

大原美術館展II

http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/knb/exhibition/ohara2.htm

 

大原美術館の創立者は倉敷の大原孫三郎(倉敷紡績、クラボウの二代目社長)です。

コレクションの礎となったのは、岡山出身の洋画家・児島虎次郎が、孫三郎の支援を受け、1920年代前半にヨーロッパで収集した作品群。

孫三郎の跡を継いだ長男總一郎は、「美術館は生きて成長してゆくもの」という信念のもとで、所蔵作品の拡充と展示場の増設を行ってきたといいます。

もう、こうなるとこの美術館は一企業家の道楽とか趣味とかの領域を超え、企業メセナとかの領域をも超越した存在です。


s-963-2.jpg 

入口には岸田劉生の「童女舞姿」のウエルカムボード。

写真撮影OK。

ふと、駄洒落が浮かびました。

「童女(どうじょ)ご一緒に」と、撮影をお誘いしているのです。

 

s-963-3.jpg 

  

児島虎次郎の油彩は明るい光の点描画が印象的でしたが、「やっぱり現物を見ないと分からないものだな~」と思ったのが、この絵

s-963-4.jpg 

パンフレットやHPを見ていたときは、てっきり「バラ」のパーゴラだと思っていました。

大きな現物を見ると、なんと、「朝顔」だったのです。

s-963-5朝顔 

これはポストカードなのですが、現物は大正時代の作品で、浴衣姿の女性と蔓性の花を描いたものなのですから「朝顔」で落ち着くのに、自分がバラを栽培しているものだから、ついバラだと思い込んでしまったのです。

先入観を持っていると正しく見えない ということを実体験してしまいました。

 

もうひとつ面白いのを見つけました。

これもポストカードなのですが、本物のサイズはA4+α
s-963-6髭のモナリザ 

モナリザ?


ところが、よくよく見ると、髭(ひげ)があるのです。

s-963-7.jpg 

パロデイにしても、あまりにも印象的だったので、つい、購入してしまいました。

ちなみに正式タイトルは「LH...Q」(タイトルの解説はありませんでした)

マルセル・デュシャンの作品です。

いっそのこと、「髭(ひげ)」というタイトルだったら・・・

 

マチスがいたり、ピカソがいたり、シャガールがいるのです。

勿論、日本人の梅原龍三郎がいたり、棟方志功がいたり、パンフレットにもなっている「舞踏会の前」の作者、藤田嗣治などにも出会えるのです。

岡山の美術館の収蔵品と比較すると、近美の作品群はライトですが、往復の足代を考慮するとお財布にも優しくて十分楽しめる美術展。

この美術展は6月11日(日)までです。








PageTop

緑と花の祭典 + α

 

5月だというのに、寒いな~。 

と思っていたら、いきなり夏の暑さ。

なんとも不安定なお天気が続きます。


【北光公園】 

今日は、北光公園で「緑と花の祭典」。

桜は散ってしまい、リラ冷えの時期となったのですが、八重桜が見頃。

名前にふさわしい「祭典」になりました。

s-962-1みどりと花の祭典 

今日は、豆福がボランティア。

婦人ボランティアクラブのメンバーと一緒にお弁当売り。

ちらし寿司、助六、おにぎり、ゆでたまご、飲料などなどを販売したのです。

お天気に恵まれて、午後一時過ぎには完売。

 

【ローズミンタラ】

この時季、ローズミンタラでは丈夫な花が咲き始めています。

(ラミウム)

s-962-2.jpg 

とても丈夫で、勝手にどんどん増えて行きます。

庭でピンク、赤紫、白の花が咲くのですが、白はなかなか増えてくれません。


(タイム)

s-962-3.jpg 

ハーブの一種です。

これも、丈夫で、増殖を続けています。

踏みつけるといい香りがするので、大目に見ているのですが、油断をするとレンガを敷いた通路にまで進出してくるので、気を許せません。



(ビオラ)

s-962-4.jpg 

冬越ししたビオラです。

こぼれ種から芽を出して繰り返し咲くのです。

今頃双葉のものもあれば、本葉になったものもあれば、咲いているものもある。

まるで無秩序なのですが、雑草が生えているよりはマシか。


(ユーフォルビア ポリクロマ)

s-962-5.jpg 

これも丈夫な宿根草です。

蛍光色の黄色が目に付くようで、歩道の植樹桝に植えておいたところ、花盗人(はなぬすっと)に遭ってしまいました。

おくやま農園で格安で販売しているので、一株買ってきたら、どんどん増えるのに・・・

 

バラは、盛んに枝葉をのばしているところ。

6月下旬には咲き始めます。

夏至に「オープンガーデン」の看板を出すことができるかな?








PageTop

花植えボランティア

 

昨日は、「北海道子どもの国」の花植えボランティアの日でした。

朝まで雨模様だったのですが、運よく雨が上がったので、作業進行。

ちょいと寒めの日でした。

s-961- (1) 

マリーゴールド3種とベゴニア3色を植えます。

土が湿っていて、植えるには最適。

あらかじめ碁盤状に糸が張られているし、花材は運ばれてきているし、移植ゴテはあるし、

花材の配置図もある。 

ボランティアは労力奉仕だけでいいのかな?

 

s-961- (2) 

碁盤状の張り糸はこんな風です。

20数センチ間隔で張られていて、この花壇は約1700升の区切りがあるのだそうです。

 

s-961- (3) 

植え込み完了!


奥のレンガ色の建物は「北海道子どもの国」のレストハウスと管理棟

左上のグレーの構造物はピラミッドのミニチュア。

ミニチュアと言っても5階から2階まですべりおりる「ドームスライダー」や、5階から3階までの「螺旋スベリ台」、トランポリンなどがあって、雨の日でも子どもが楽しめる施設なのです。

ここには、世界の七不思議を縮尺再現した「ふしぎの森」があるのです。

ピラミッド、万里の長城、ストーンヘンジ、ピサの斜塔・・・あとは何だっけ?

子どもになって、調べ直してこねば!

 

花植えは、一段落ついたと思ったら、もう一花壇ありました。

こちらの花材は、先ほどの花壇の残りを人力で運搬。

配置図は、ありません。

ここは労力奉仕だけでなく、智慧も必要でした。

でも、大丈夫。強力な助っ人がいたのです。

アマチュア画家の「のぞえさん」です。


s-961- (4) 

彼女の采配で、植栽はどんどん進みます。

「あれ!この花材が残っているんだったら、使うんだった!」

Oh、ノー!

もう植え終わります。あとの祭りです。

今年は、これで我慢することにしましょう。

 

s-961- (5) 

11時30分植え込み完了。

植え込みが終わったころ小雨がパラパラ。

丁度いいお湿りです。

 

雨を気にして急いだせいか、ちょいと疲れ気味。

スマホもお疲れになったのか、写真のピントが甘い。

ホントは若い美男美女揃いだったのですが、それなりに写っていない。

残念(?)。

 

ひと月もしたら、花壇は見頃になることでしょう。

WELCOMEフラワー としての役割を果たすに違いありません。

自分がかかわったので、ちょっと楽しみ。

 

ps

一夜明けた今日は、鼻水とくしゃみが・・・

花粉症かな~。それとも風邪か?

とりあえず、早寝、早寝!





PageTop

みまもりんごデビュー


日曜日のことです。

母の日でした。

毎日が日曜日のご身分になったのので、どこにでも行けそうなものなのですが、行事が重なると、勤めていたときと大差ありません。

「あちらを立てればこちらが立たず」状態。

えびすの弾丸ツアーは、断念しました。

この先でもツアーを計画しているはずなので、そちらで取り返す(?)つもりです。

 

【ZAKKAフェスタ】

母の日は、まずはツルちゃんに 感謝を伝えてから、豆福とゆうのZAKKAフェスタへ。

s-960-1.jpg 


【萌樹工房】

萌樹工房さんが「みまもりんご」などの木工作品を出展しているのです。

砂川にみまもりんご本格デビューです。

s-960-2.jpg 

デビューしたのは2月にお知らせした品々。

http://rosemintar.blog.fc2.com/blog-date-201702.html

 

砂川で取り扱ってくれるお店を探しています。

s-960-3.jpg 

ご希望の方は、萌樹工房さんへご連絡くださいね

萌樹工房さんの「お問い合わせフォーム」からどうぞ。

http://moegikoubou.cart.fc2.com/

 

Cachito カチート

萌木工房の隣には、娘さんが主宰する「Cachito カチート」が出店。

s-960-4.jpg 

カチートの製品はたくさんあるので、HPをリンクしておきます。ご覧ください。

http://cachito-handmade.com/

 

SuBACo

まちづくり協力隊のSuBACoの2人、笑娘(しょうこ)ちゃんも出店。

s-960-5.jpg 

(よく笑うお二人なので、つけたあだ名が「笑娘ちゃん」)

箸が転んでもおかしいお年頃?

よく笑う、楽しく笑うお二人です。 いい笑顔。

こんな小物をつくる才能も持ち合わせています。

 

【片桐農園】

s-960-6.jpg 

元気印の片桐農園

母の日だったので、カーネーションは売り切れてしまいました

 

【いろいろ】

そのほかにも雑貨・小間物、飲み物、食べ物など22店が参加。

s-960-7.jpg 

楽しいZAKKA市でした。

 

 

【町内会の花見】

夜の部は、隣町の温泉施設で町内会の「花見」

「花見」といっても、サクラは散ってしまったので、

向かい合わせで、お互いの「鼻見」

湯上りと、ほろ酔いで、色づいた鼻がご満悦の印になりました。

 

 

ps

ZAKKAフェスタの様子は「萌木工房あれこれ」にも載っていますので、こちらもご覧ください。

http://moegikoubou.blog.fc2.com/

PS2 あれっ?
リンク先を載せたのですが、うまく飛んでくれないのがあります。
そのときは、コピペでお願いします。







PageTop

雨の降る日は、ねこ

 

「 雨の降る日は天気が悪い 」

言い古された、あったり前の格言(?)

こんな日は、庭の仕事は、お休み。

 

寝室を見ると、豆福の愛猫の「ジロー」と「アーチ」がベッドを占領して寝ているではありませんか。

猫は、別名「寝子?」と言われるように、よく寝ます。


モフモフの毛に包まれて、気持ちよさそう。

こんな生活ができるなら「生まれ変わって来るときは、ネコになりたい」

あっ、これは豆福の独り言です。

 

今日の北海道新聞の夕刊に「ジロー」と「アーチ」が載りました。

「ペットじまん」のコーナーです。

s-959-1おばんでした(道新) 

(左上の写真です)

黒白の猫がジロー、その上に乗っている茶猫がアーチ。

 

3月、春の日差しが強くなってきた窓辺。

「くっつきたいんです」(アーチ)

「いやなんです」(ジロー)

と もめながらも、ときには一緒にひなたぼっこ。

 

3月に投稿した写真なので、もう、投稿したことを忘れていました。

窓の外には、まだ雪があります

新聞の写真では、よく分からないので、元写真を載せます。

s-959-2.jpg 

(窓の外は、まだ、雪)

漫画では「縁側」で  ひなたぼっこする猫がいますが、それは本州仕様。

北海道に「縁側」は不向きなのです。

ネコは出窓か、窓辺のテーブルでひなたぼっこするのです。

ところが、今日は一日中雨。 ひなたぼっこは、おあずけになりした。 残念!







PageTop

咲いた・咲いた


先日の 「咲いた」 は、「サイタ サイタ サクラガサイタ」 でしたが、

今日の 「咲いた」 は、

♪ さいた さいた チューリップの花が ・ ・ ・ です。

s-958- 1 

ずんぐりむっくりの原種チューリップが終わりを告げ、

細面(ほそおもて)の原種チューリップが開き始めました。

左手前の朱色が、ずんぐりむっくり

中心が黄色で、外側が黄と朱なのが、細面(ほそおもて)

 


この細面が閉じると、三角錐の巻貝のような形になります。

s-958- 2 

写真で見ると大きな花に見えますが、球根は小豆(あずき)粒の大きさしかありません。

植え替えようとして、球根を掘り上げようとしたことがあるのですが、あまりにも小さくて、しかも表皮が土と見分けがつきにくい。

植え替えは断念しました。

過密になったら、どうしようか?

 


紫色の「咲いた」は、「ツル・ニチニチソウ」

s-958- 3 

グランドカバーですが、とても丈夫な植物です。

片桐農園さんから来たときは、一株だったのですが、増えて増えて ・ ・ ・

もう一つのグランドカバーのタイムと競い合っています。

 

白い色の「咲いた」は、「ジューンベリー」

s-958-4.jpg 

6月(June)に実が熟すので「ジューンベリー」という名がついたのでしょう。

ところが、こちらでは 花は5月に咲くのですが、熟すのは7月になります。

それで、ローズミンタラでは、7月のベリー(Julyベリー)、「ジュライベリー」と改名し、和名を「寿来ベリー」としたのでした。

今年は去年よりも2日早く花が咲きました。

はたして、今年は、ジューンベリー になれるでしょうか?









PageTop

超・強剪定


今日も暑い日でした。
温度の変化に身体がついていけず、ちょいとバテ気味。
バラも温度の激変に戸惑い気味。
朝と日中の温度差が20℃を越えているのですから、参るはずです。
出たばかりの葉の色が変わり、艶がなくなったのが数株。

今年の冬は雪が少なくて、除雪が楽で喜んでいたのですが、
雪の布団が薄かったせいか、バラの越冬には厳しかったようです。
軽いけれど凍害を受けた株が、急激な気温上昇で、葉からの蒸散に根から給水が間に合わず、枯れ込みが入ったのです。
こうなると、大幅に枯れ枝をカットするしか方法がありません。

s-957-1.jpg

強剪定では間に合いません。 超のつく強剪定をしました。
無残なものです。
こんなのがいくつかあって、気落ちしてしまうのですが、復帰すると信じて、期待して、育てようと思います。

バラの株全部が被害を受けたわけではありません。
耐寒性の強い株は、順調です。

s-957-2.jpg

来月後半にはきっと咲きだすことでしょう。
これが待ち遠しいのです。


つるバラのアンクルウォルターも順調。

s-957-3.jpg

今は、水仙が見頃。
中央のリップが赤いのが特徴の水仙です。
ミニの匂い水仙は、もう少し先ですね。

冬はモノトーンの世界だったので、春の色香はとても新鮮。
嬉しい日が続きます。







PageTop

まるで “夏” でした


今日の気温は、日本国中で北海道が一番高温になりました。
沖縄の気温よりも高い! 何とも理解しがたい気温
置戸町で31.2℃

s-956-1.jpg

しかも、明日の予報を見ると、「 霜、乾燥、熱中症注意報 」
ということは、朝は極寒で、日中は猛暑ということ?
何とも わけの分からない お天気です。

この暑さに桜が一気に満開になりました。
大慌てで、午後からツルちゃんと花見ツアー。

s-956-2.jpg
ボクが知る限りでは、砂川で一番色の濃い桜です。
道道芦別砂川線沿いの山の内橋付近の桜。

ツルちゃんはめっきり足腰が弱くなったので、今年も車窓からの花見です。
去年は、上砂川町から奈井江町に抜ける道端で鶯の鳴き声を聞いたのですが、今年は無し。
サクラの北上に鶯の渡りが追いつけなかったのでしょう。

次の花見は、ローズミンタラのバラ。

4月は、赤平のらんフェスタ
5月は、サクラとコブシの花見ツアー
6月は、ローズミンタラのバラ
いつの間にか、これがツルちゃんの三大花見になりました。






PageTop

桜が咲いた


「 サイタ サイタ サクラガサイタ 」  は、サクラ読本 (とくほん) の出だし。
1933年から1940年までに尋常小学校に入学した世代が使用したのだそうです。
ボクも相当お年頃になりましたが、この時代には、まだ生まれてなかったので、原本は見たことがありません (ホントです) 。

話を本題に戻します。
桜前線は急ピッチで北上中。
今日、砂川の桜の一番手が満開。

s-955-.jpg

ボクの知る限り、看護専門学校の近くのこの桜が砂川で一番先に咲きます。
この分だと、市内の桜は GW 中 に満開かな?

こちらの桜は咲いてから散るまでの間が短い。
「三日見ぬ間の桜かな」 を地で行くのです。

桜が散る前に、ツルちゃんを花見ツアーに連れていかなければ ・・・
いつがいいかな~?





PageTop