ローズミンタラ

3 D



えびすのミッチイ先生からのお知らせで、

スキルアップセンターの 「 3Dプリンターセミナー 」 に出席

s-790-5スキルアップセンター

今日の受講生12名中6名がえびすのメンバー

えびすのメンバーは好奇心が強い人が多いねぇー。

あっ、自分も含めてのことですが・・・



① 3Dプリンターの5つの方式 (造形法) と

② 2つのデータ作成方法の体験でしたが、2時間は、あっという間。

s-790-1-3Dプリンター
※ Cube Proという30万円の3Dプリンター。
押出し材料を溶かして、積み上げる方式なのですが、
この雪ダルマ1個つくるのに約90分。
ホビー用としては、まだまだ高嶺の花、時間もかかりすぎでしょう。



データの作成でモデルになったのは、ピンさん。

s-790-2モデル

ハンディスキャナで読み込んで、

パソコンで修正

立体画像にすると、前後左右上下、どう動かしてもOK。

ここのプリンターでは、小さくて時間もかかるのでムリですが、

石膏造形方式のプリンターなら胸像の鋳型を作れそうです。

これなら、商売に結びつくかな?



Cube Pro で作った作品は、コレ!

s-790-4成果品



工業用では何億円もするプリンターが活躍しているのだそうです。

ローズミンタラとしては、何に使えるかな?

ボクの頭の中は3D ( スリーディー ) ならぬ

3D ( サンデー ≒ 休日 ) レベルです。

ps.

講座に興味のある方は、スキルアップセンターに

問い合わせをしてみてはいかがでしょう?

2月16日、26日にも開催される予定です。

アキがあれば、ラッキー!

s-790-3-3Dプリンターセミナーポスター

電話 0125 - 24 - 1880 、受講料は500円でした。









PageTop

冬の楽しみ (2)


先日の寒波は、

日本中を冷凍庫の中に放り込んでしまいました。

s-789-1予想降雪量

雪に接する機会が少ない土地にとっては、猛威 ( もうい ) 。

水道管の凍結後遺症がまだ続いているのですから、もういい ( もういらない )

と思っているに違いありません。



こちらでも、もういい と思っているのですが、

これからが冬本番。

仕方がない、庭に積もった雪の壁をカンバスに見立てて雪遊び。

s-789-2バードテーブル
( バードテーブルの屋根上までは、約2mです )



豆福がガーデンプレートを雪の壁に立てかけて

s-789-3ガーデンプレート

ローソクの灯りをつけると雪中ガーデンできあがりました。



そういえば、えびすのキャンドルポットがあった。

s-789-4ラブリーポット

「 穴を開けるとき、失敗したっけ ・ ・ ・ 」

メンバーとの会話が蘇ります。

真中の燃える瞳のポットは、

ハートの瞳にちなんで 「 ラブリーポット 」 と名づけました。



豆福のガーデンプレートに触発されて、

思いつきを実行することにしました。

ガーデンプレートを英文字の 「 O 」 に見立てて

「 ROSE 」 の文字を刻もうと言うものです。

すぐにできると思ったのですが、思ったよりも手ごわい。

暗くなってからローソクを点灯

s-789-5ROSE

「 ROSE 」 と読んでいただけるでしょうか?



外はとても寒くなりました。

「 灯りは、ごちそう 」 です。



ps.

お~っと、また、関東地方に雪の予報です。

もういい! 

どうぞ、お気をつけ下さい。











PageTop

冬の楽しみ


冬の楽しみは、「 想像の アレコレ 」

バラは雪の下で眠っているので、実際には何も手を付けられないのですが、

雪がとけたら ・ ・ ・

ラティスの木陰にベンチを置いて ・ ・ ・

ここには、香りが強いバラの芳純を植えて ・ ・ ・

あそこには、アスチルベを株分けして ・ ・ ・

ああしたい、こうしたいという欲求が膨らみます。



花、以外に楽しみはないのかって?  ・ ・ ・ そんなことは、ありません。

絵画展なども楽しみの一つです。

伊藤若冲の花鳥画が80年ぶりに発見されたというではありませんか。

s-788-1若冲

若冲 ( じゃくちゅう ) というと躍動的で細密な群鶏図を思い出します。

その一方で、漫画チックな虎と象。

細密とユーモラスが混在するアンバランス (?) に惹かれます。

s-788-2若冲展ポスター

今年は 若冲 生誕 300年で、記念の若冲展が開催されるという。

鳳凰の尾羽根にハートが散在しているように見える。

気になるなー! 確かめたい! 行ってみたい!

残念なのは、開催地が東京だということ。

う~ん、遠いな~! どうしよう?



近くの絵画展もあります。

近美 ( きんび ) の横山大観展。

s-788-3横山大観展ポスター



大観で思い出されるのは、「 切手 」

s-788-4大観切手

この画像の本物を見られる。

しかも、これは札幌。 行ってみたいねぇ。



あれこれ思い巡らしていると、今日の新聞に

「 ニトリ、小樽に美術館 」 の見出し。

s-788-5ニトリ小樽に美術館

小樽の歴史的建造物を改装して美術館をつくるという。

ニトリでは、横山大観や片岡球子の絵画を多数所蔵しているらしい。

これは、いいねぇ。 開館が待ち遠しい。




あっちに行って、こっちに行って、庭のバラも手入れして ・ ・ ・

身体は一つしかない。

虻蜂取らずになりそうで、怖い。

まっ、想像しているだけだから ・ ・ ・ いいか。









PageTop

コンサート


今日と明日は SuBACo (すばこ) で

「 ニューイヤー アンサンブル ☆ コンサート 」

s-787-1ポスター


Kazu さんからのお誘いに 豆福と行きって来ました。


SuBACo (すばこ)
s-787-2SuBACo(すばこ)



SuBACo(すばこ) は地域おこし協力隊の拠点 であり、


s-787-3SuBACo(すばこ)2

まちなか情報発信基地なのです。

小さいスペースですから20~30人で満席。



コンサートの主催は、砂川ブラススタイルの有志

詳しくは、砂川ブラスタイル実行委員会の f b をご覧ください。




プログラムは、フルート、クラリネット、サックスのアンサンブル。

s-787-8プログラム

同じ楽器で旋律と伴奏のパートに分かれて演奏するのですが、

ときどき、入れ替わります。

息の合った演奏に 思わずステップを踏み、手拍子が飛び出します。



フルート アンサンブル
s-787-4フルートアンサンブル


ディズニーにちなんだ曲のパレード

ビビディ・バビディ・ブー からスタート

ビビディ・バビディ・ブー



クラリネット アンサンブル
s-787-5クラリネットアンサンブル2

市役所と市立病院の若手のアンサンブル

新春にふさわしい オーバー・ザ・レインボー など。

オーバー・ザ・レインボー





サックス アンサンブル
s-787-6サックスアンサンブル

パンチの有るユキさんのサックスが響きました。

若手にふさわしいアンジェラアキさんの 「 手紙 」 など。

手紙


締めくくりは、メンバー総出で砂川ブラススタイルのテーマ曲 (?)

s-787-7今日のメンバー

司会者が訊いてきました。

「 砂川ブラスタイルといえば ・ ・ ・ ? 」

「 ・ ・ ・ ・ ・ 」

彼は きっと、こんな反応を期待していたのでした。

ルパン三世!」 という応えを!

https://www.youtube.com/watch?v=hHE0b8NGeSE

スミマセン、反応できませんでした。



そして、締めくくりは 「 銀河鉄道999

https://www.youtube.com/watch?v=WYZg7tZar10

懐かしい、楽しい2時間でした!

明日の演奏は、ピアノも入るのだそうです。

今日より、パワーアップ。

お近くの方は 覗いてみましょう。

午後2時から 入場無料。









PageTop

荒天 vs 好天


北海道の北と東は大荒れだったのですが、

s-786-1新聞記事

ここは、荒れ? 

あれっ?  アレ? アレ?

荒れてないのです!

荒れは、カムイミンタラ ( 大雪山 ) に遮られた模様。

好天とはいえないけれど、風もなく、雪も降ってない。



今日は、「 りんご園 1 条東通り 」 に排雪車が入りました。

この辺りは、りんご畑だったので、その名残があるのです。

通りの名前に 「 りんご 」 などとつくと、チョト楽しい。

そういえば、「 みまもりんご 」 というキャラクターもいます。

高齢者の見守り + りんご = みまもりんご ということでしょうか。

s-786-7みまもりんご

地元のデザイナー 「 まちこさん 」 の作品です。


りんご園 1 条東通り の除雪前後をご紹介します。

除雪前
s-786-2除雪前


除雪車往路
s-786-3除雪中往路



除雪車復路
s-786-4除雪中復路



終わったぞー
s-786-5終わったぞー



除雪後
s-786-6除雪後

低気圧は、間もなく通り過ぎるもよう。 

排雪で、道路はキレイになったのだから、今度は 気圧続きであって欲しいなー。









PageTop

今年も来ました


こんな歌をご存知でしょうか?

歌詞は、ちょっとあやふやのところもあるのですが、

♪ アッハッハの アッハッハ
   アッハッハの ハノハノハ
  笑って暮らせば 世の中は
  ワッハッハの ハのハで 楽しいな
  今年も来ました ハノハの薬

豆福に尋ねると、「 知りません 」 とつれない返事。

うろ覚えのまま、ネット上をうろつくと、

どうやらNHKのラジオドラマ 「 さくらんぼ大将 」 の

挿入歌で、 「 さくらんぼ道中 」 という歌らしい。

ドラマの内容は、全く知らないのに歌詞だけが

ひょいと出てくる。不思議!



あっ! 前置きが長くなりすぎましたが、

『 ♪ 今年も来ました ・ ・ ・ 』 のフレーズを引用したかったのです。



今年も来ました~。

ついに 「 りんご園3号通り 」 に排雪車が今年も来ましたー。

「 待ってました! 」

降り続く雪の多さで、道幅が狭くなり、

交差するのに難儀していたのです。



除雪の往路では

うず高くなった雪をロータリーが削り、ダンプカーに積載。

s-785-1往路

ロータリーからダンプへを指示が飛びます。

「 前へ! 前へ! ストーップ! 」





次は、ブルドーザーの出番。

s-785-2ブル

圧雪になったワダチを削り、ロータリーが残した雪を集める。

s-785-3削ったあと
( ブルで削られた雪山 )



復路では、雪山ごと積み込みます。

s-785-4ロータリー

これで見通しが良くなりました。


折角綺麗になったのに、夕方の天気予報では、強烈寒波、豪雪注意報が発令!

これでは、元の木阿弥か?

もう、ふらないで欲しい。

ふられるのは、身も心も つらい。



ps

昨日、気づいたのですが、

降雪予報の表示は、いつから変わったのでしょうか?

s-785-6大~小

降雪量が120~100と、大きい数字が先に表示されています。





以前は、

s-785-7小~大

降雪量100~120と、小さい数字が先に表示されていたはず。

表示のし方が変わると、何か特別の意味があるんでしょうかね?

? ? ?








PageTop

地上の星


昨日、今日と いい天気

一昨日とは 大違い!

s-784-1ピンネ

天気はいいけれど、寒い!

ビリ ビリとした寒気が頬を打ちます。



今朝の雪は、粉砂糖をふりかけたような雪。

軽~く、サラ~ッと降りました。

s-784-2地上の星

早朝、薄明かりの中で

積もった雪がキラキラ。

これは地上の ★ ( ? )

s-784-3地上の星2

夜道を歩くことから 遠ざかっていたので、

地上の ★ のことは すっかり忘れていました。

小粒のダイヤが無数に散らばっているかのよう。



今宵も快晴の冬空。

空の星と、地上の星が饗宴しているに違いありません。









PageTop

まだ降りやまぬ!


かつての小学校唱歌 「 雪 ( ゆき ) 」の
二番目の歌詞は、こんなでした。

♪ 雪やこんこ あられやこんこ
   降っても降っても まだ降りやまぬ
   犬は喜び 庭かけまわり
   猫はこたつで丸くなる 

ゆったりとした いい歌なのですが、

s-783-1雪が降る降る

降りやまぬ ということは、積る一方だということでして、

道路は走りにくくなり、庭の雪は、約1.8m

こうなると、庭を駆け回ったら、溺れる。

・ ・ ・ いや、遭難する (?) かも。



先日、雪下ろしたばかりの車庫も また ・ ・ ・ かな?

s-783-2車庫

お隣の車庫は1mほど積もってしまいました。

今日は、重機を伴っての雪おろしです。

s-783-3車庫の屋根の雪おろし

雪を下して、ショベルでトラックに積んで、雪捨場に行く。

この繰り返し。

s-783-4トラック

大人二人で、半日かかっていました。

溶けてしまえば、ただの水なのに、

雪になると、体積が10倍。

晴れると、雪の嵩 ( かさ ) が減るのですが、

こう降り続けられては、減る暇 ( いとま ) がない。


お隣の車庫の屋根はすっかりきれいに。

s-783-5電線に積雪
( 電線に雪が積もっているのが見えるでしょうか? こんなものにも雪は積もります )


ついでに、ウチの前も重機で除雪してくれましたヨ。

ありがとうございましたー。








PageTop

ニューイヤーコンサート2016!


豆福とニューイヤーコンサートに行ってきました。

元旦にウィーンの大ホール ( 黄金のホール ) で行われる

ニューイヤーコンサートは、ちょっと ( いや、かなり ) 敷居が高いので、

身の丈にあったコンサートへ。

「 ゆう 」 で行われたコンサートです。

s-782-1ニューイヤーコンサート

オーケストラ HARUKA と浜島泰子さんの バイオリン。



ホールには新年にふさわしく、着物の帯のツリーがありました。

帯の数は ・ ・ ・ ん~、オビただしい数です。

s-782-2オビジェ

@1美 さんとその仲間たちの作品です。

作品名は、オブジェ をもじって 「 オビジェ 」 と勝手に命名。

作者に、豆福がご披露すると、笑って喜んでくれました。

太っ腹な人で良かった!

ボクは叱られるかと思いましたよ。



ゆうの大ホールは演劇がメインの造りなので

音楽のときは反響板が出ます。

s-782-3大ホール

音は隣り町のコンチェルトホールが素晴らしいのですが、

プロの方は、『 弘法筆を択ばず 』 ( ? ) ですから、

それなりに楽しませてくれます。



出だしはニューイヤーコンサートにふさわしく

「 ワルツ : 美しく青きドナウ 」

YouTubeをリンクしておきましたので、よろしければ、どうぞ。

美しく青きドナウ

プログラムは、こんな曲です。
s-782-4プログラム


交響的物語 「 ピーターと狼 」 では、ナレーションを交えての演奏。

その途中でボクは眠ってしまったようです。

きっと、リラックスできる曲だったんですね。

アルファー波、満載だったのです。





休息を挟んで2時間。 コンサートを堪能しました。

アンコールは、ニューイヤー定番の 「 ラデッキー行進曲 」

会場の手拍子も加わって、楽しいものでした。

雰囲気の一端をご紹介したくて、

これもリンクを貼っておきましたので、よろしければ、どうぞ。

ラデッキー行進曲



このチケットの半券は、まだ使いみちがあるんです。
s-782-5チケット

市内の協賛店で買物をするとポイント2倍

協賛店での飲食は10%OFF

味でお得なニューイヤーコンサートでした。








PageTop

降り止まん


朝ドラの 「 あささん 」 ならさしずめこういうでしょう。

「 びっくりポンや 」

ここ数日、断続的に雪が降りしきり、雪かきに追われました。

いや、「 雪かき 」 などという呼び方では、まどろっこしい。

「 雪投げ 」 に追われていたのです。



5~6cm 程度ならば、「 雪かき 」 で済むのですが、

20~30cm ともなると「 雪投げ 」 しないと、片付きません。

朝、昼、晩、 投げ続けると、庭の雪は、背丈を超えました。

s-781-2ゴミ箱除雪



車庫の屋根も綺麗にしたはずなのに、もう、この有り様。

s-781-1屋根の雪

ところが、この雪は、地域限定らしいのです。

集中豪雨ならぬ、「 集中豪雪 」 というところです。

「 西南西の風 」 が吹くと、雪雲がこちらに向かうようなのです。

西南西の風は鬼門かな。

s-781-4オンコの木

あっちを見ても、こっちを見ても雪の山。

s-781-3マシュマロorはんぺん

写真を見ると、マシュマロかはんぺんのようなのですが ・ ・ ・ 食えないヤツです。



新聞によると、札幌では、雪不足。

s-781-5新聞記事

確か、北風は、札幌方面に雪を運ぶはず。

風神様、雷神様、雪神様、

どうぞ、あなたを必要としているところでご活躍ください。










PageTop

やっぱり冬か!


正月早々、「 春だ、春だ! 」 と浮かれていたのが禍したのか

三が日を過ぎると雪が連続。

昨年の積雪にプラスして、みるみるうち高くなりました。

昨日は、「 小寒 」

この日から 「 立春 」 まではいわゆる 「 寒中 」 だもんね。

寒くても雪が降っても当たり前か。



車庫の屋根の雪は、50 ~ 60cm。

気象庁のホームページによると

『 降った直後の雪は比重が小さいため ( 0.1〜0.05 程度 )、

降水量の10〜20倍程度の降雪に相当しますが、( 中略 )

長期的に積もった雪の比重は、0.2〜0.4 程度となります 』


気象庁

ということは ・ ・ ・ 屋根の雪の重さは ・ ・ ・

屋根の面積 ☓ 積雪の高さ ☓ 雪の比重 ということですかね?

最小値で計算すると、27㎡ ☓ 0.5m ☓ 0.23ton

最大値で計算すると、27㎡ ☓ 0.6m ☓ 0.46ton

ワオ~! 屋根の上に大型車が2~3台載っていることになります。

倅や、そろそろ おろし頃ですぞ。

s-780-1雪おろし

おろした雪は、家庭用除雪機で庭に飛ばしたので、

庭の雪布団は、分厚く、重くなりました。


どんなに降っても 積もっても 春になれば、

ノ~エ節 ( 農兵節 )  『 ♪ とけて流れて ノ~エ 』 なのに ・ ・ ・

除雪をしても 道幅は狭くなり、交差点では雪山で左右の見通しが悪くなります。

排雪が待ち遠しい。

s-780-2バードテーブル

雪は厄介者!

・ ・ ・ ・ ・

お~っと失礼!

スキー場や雪まつりでは、無くてはならないモノでした!

札幌の雪まつりでは、雪が足りないそうな。

s-780-3新聞記事

どうぞ、必要としているところだけで 降っていただきますよう、お願い申し上げます。



ps1.

雪はときどきこんな絵も描きます

s-780-3おかっぱ

お向かいの高橋さん宅の屋根にできた雪絵柄

おかっぱさん。



ps2.

『 ノーエ節 ( 農兵節 ) 』

♪ 富士の白雪ゃノーエ  富士の白雪ゃノーエ

   富士のサイサイ  白雪ゃ朝日でとける

   とけて流れてノーエ  とけて流れてノーエ

   とけてサイサイ  流れて三島にそそぐ

   ・ ・ ・ ・ ・








PageTop

ジャリンバ初詣


お正月様は、山から里に降りられたのですが、

ジャリンバ様は、石狩川から上陸されました。

もともとは、カムイミンタラ ( 大雪山 ) の大きな岩。

そこを源流とする石狩川を下って、砂川のジャリ場にお越しになったのです。

s-779-1賽銭箱

カムイミンタラからお越しになった神 ( カミ )

これが、ジャリンバ様。

年に数回、砂川のイベントをご覧に見えられるのですが、

今回は、一人ひとりの願いをかなえるためにお越しになりました。

ジャリンバ初詣 です。



ジャリンバ様は、太っ腹で、お賽銭は、子どもの図書にして

図書館や地域交流センターゆうに寄贈されます

s-779-2ジャリンバ文庫ブログ
( この画像は、和泉教育次長のブログから拝借しました。 昨年2月の様子 )

初詣の願いは、かなうし、

お賽銭は、子どもたちの図書になるし、

初詣を主催する有志にも喜んでもらえる。

一挙三得!



これは行かねばなるまい。

豆福と出かけてきました。

ちょうど、車椅子の人がご家族と帰るところでした。

何を祈願したのでしょう。 かなうといいね。

ボクたちは、ささやかに、つつがない日常を祈願しました。

s-779-3ジャリンバ初詣

♪ そなたの願いを かなえるジャリ~!

  ジャリ ジャリ ジャリンバ~!



善岡市長、井上教育長、飯沢議長の姿も 見えました。

今年の砂川は、きっといいことがあるに違いありません。




このブログをご覧いただいている方のために

特別に、ジャリンバ様に、パフォーマンスをしていただきました。

s-779-4ジャリンバ

デジタル・ジャリンバ初詣です。

よろしければ、 この画像を表示して

目を閉じて、願いごとを思い浮かべて、30秒。

心静かに ご着席ください。



♪ そなたの願いをかなえるジャリ~!

  ジャリ ジャリ ジャリンバ~!



ps

s-779-5ジャリンバカード

このカードに願いごとを書くのです。








PageTop

お正月様



あけましておめでとうございます

s-778-1賀正飾り

つつがない新年でありますようご祈念申し上げます。


受け売りで恐縮なのですが、一月は、

お正月様 ( 歳神様 ) をお迎えする月なのだそうです。

s-778-2お正月様

お正月様は新年に山から里に降り、

健康などを見守るとされています。

しかも、お正月様は松の木に乗ってお越しになって、

鏡餅に宿って過ごし、15日にはお帰りになる。



すると、門松は、お正月様専用の空飛ぶジュウタン。

鏡餅とは、専用座布団だったのですね。

これから察するところ、お正月様は小柄な神様です。

きっと、コロポックルと近似値。

全国津々浦々各戸にお越しになり、15日間とどまるのですから

一人では、回りきれません。

孫悟空よろしく 分身の術を使わないと間に合いません。

奇しくも今年は申年。 分身の術は使い放題。

すでに鏡餅に鎮座しているかもしれません。



豆福と午前中に初詣に行こうと外に出てみると、

珍しいものを見ました。

バードテーブルにレース状の氷ができていたのです。

s-778-3.jpg

自然に、しかも垂直に、氷のレース編みができるなんて、珍しい!



拡大してみるとこんなふう。

s-778-4雪氷の芸術

これはお正月様のお年玉ですね。



もう一つお年玉がありました。

初詣を終えて帰ってくると、鳥のさえずりが聞こえるのです。

穏やかな日差しに誘われたのか、

3羽が松の木やら、電線やら、ご近所の屋根の上を

ひっきりなしに さえずりながら 飛び回っているのです。

ラブソングのように聞こえます。

3羽ですから、恋の鞘当てなのかもしれません。

よく見ると、ヒヨドリ。

へえ~、あのきかない鳥でもラブソングのときは、綺麗な声になるんだ!

s-778-5正月飾り

周り一面、雪の世界なのに、 一足先に春の気分を味わいました。









PageTop