ローズミンタラ

♪ 猫踏んじゃった


今年も、年越しそば、年越しうどんを打つ日がやって来ました。

ところが、

そば打ち名人の水島さんが体調を崩し、そば粉を挽いてもらえません。

おんちゃんに

「 今年は、水島さんのそば粉がないので、ソバは市販品にして、

うどんだけ打つことにしようか? 」

「 うん、そうだね 」

・ ・ ・ ・ ・

数日後、

「 JA で砂川産のそば粉を分けてもらったので、これを使って! 」

おんちゃんから そば粉が届きました。

s-777-1そば粉
( そば粉 2kg + 強力粉 500g )

今年のそば打ちは手抜きができるわい と ほくそ笑んでいたのですが ( 笑 )、

ソバ好きのツルちゃんとソバ好きの孫がいる。

期待されている ( ? ) 大福としては、打たねばなるまい。

届いたそば粉は全粒粉でした。 

ん~! これは、手ごわそう。

JA 直営店のように十割そば ( とわりそば ) は、打てないけど

明日、いつものように 二八 で、頑張ってみましょう。



年越しうどんの準備は 今日から。

s-777-2うどん粉
( 中力粉 2kg )

豆福が そばアレルギー なので、ソバの代わりに うどん を打ち始めたのですが、

ソバ好きの孫達は、うどん にも目がない。

評判が良くて ( ? ) 豆福一人分だけでは足りなくて、

今回は、できあがり量で 3kg

これだけあれば、食べ盛りの孫が四人でも大丈夫じゃろう

今日の準備は、こねて、畳んで、踏込んで、丸めるところまで。

厚手のビニール袋に種を入れて、足踏み。

s-777-3猫踏んじゃった

ビニール袋の上に載せたのがこのバスタオル。

ちょうどいい!

猫の揉み込みのリズムに合わせて、足踏みです。



♪ ねこふんじゃった ねこふんじゃった

ねこふんづけちゃったら ひっかいた

ねこひっかいた ねこひっかいた

  ・ ・ ・ ・ ・

ねこカツブシやるから よっといで



延してはたたみ、たたんでは延す。

s-777-4畳んでは踏み、畳んでは踏み・・・

これだけ踏めばもういいじゃろう。

あとは、丸めておいて、明日、仕上げます。



明日の晩は、この饂飩と蕎麦で 年越しパーティ。

今年の年越しでは、どれだけ食べてもらえるか?

楽しみ半分、不安が半分。


ps

ちょっと早いのですが、年末のご挨拶を申し上げます。

つたないブログに おつきあいいただきましたことに 

お礼を申し上げます。 ありがとうございました。

拍手やコメントに励まされた一年でした。

楽しい笑いと福の神をお届けしたいと念じているのですが、

修行中の身ゆえ、なかなか満足なお届けができません。

どうぞ寛大なお気持ちで、お待ちください。

来たる年が、あなた様にとって 花開く年となりますように。

どうぞよいお年を!








PageTop

気まぐれ


クリスマス前までは、雪の量はさほどでもなかったのですが、

あれよ、あれよという間に降り積もり

雪ぶとんが厚くなりました。

s-776-1.jpg

「 今年は少な目だねー 」 と油断させておいて、ドカンと降る。

雪はねをする身に、これはキツイ。



年間の降雪量は 7 m 前後。

これを降雪期間の 120~150 日で除すと

一日あたり 5~6 cm

「 な~んだ! この程度なら、毎朝の除雪は、運動代わりになる 」

倍量降ったって 10 cm じゃないの!

s-776-2.jpg

ところが、そんな計算通りには降ってくれません。

雪の降り方は、とても気まぐれ。







PageTop

おもちつき



今日は、おんちゃんちで 「 お餅つき 」

お正月用のお餅です。

s-775-1お餅つき


子どものころは、12月末はバリバリにしばれて、

のし餅や鏡餅などは納屋に並べておくと自然冷凍になったのですが、

最近、しばれが、なかなかやって来ません。

s-775-2白い餅

冷凍庫に入れないと保存できません。





白い餅

豆餅

草餅

s-775-6餅バラエティ


豆餅でいちご大福をつくりました。

s-775-5意味深2

ん~、ちょっと、意味深な いろ、かたち。

考え過ぎかな?

最後は草餅をつきました。

食べるときは、きなこもち、納豆餅、餡かけ餅、大福。

つきたては、何をつけてもおいしい。



4世代、6家族が集って食べると、それはにぎやか。

つい、つい食べ過ぎてしまうのが、玉に瑕。

と言いながら、今年も食べ過ぎてしまいました。

ダイエットは ・ ・ ・ あしたから!







PageTop

クリスマス ウィーク


水曜日は、カラダラボ へ行きます。  鬼姫リハビリです!

運動ばかりでは、キツイ。

でも、そこは、考えられていて、鬼の目にも涙 ( ? )

じゃなくて、 ときどき、 気晴らしレク があります。

今週は、クリスマスウィーク

s-774-1壁ストリー

壁に飾り付けがされました。

タペストリー ならぬ 「 壁ストリー 」 です。



サンタクロースは、赤鬼

s-774-2サンタ2

サンタの優しさと、赤鬼の厳しさを兼ね備えた スタッフ です。



衣装に凝って、靴下もサンタ仕様。

赤いブーツは? きっと、シューズボックスの中です!

s-774-3サンタの靴下




クリスマスツリーのてっぺんのスターは鬼軍曹

控え目なので(?) 見えないかな?

s-774-4鬼軍曹ツリー2

ラボのチーフです。

名前に似せてか、みどりのモミの木のスターになりました。



本日のスペシャルメニューは?

s-774-5ドリンクメニュー

ん? ドリンクだけ?  ケーキはどうした?



自宅に ケーキ や ワイン が待っているでしょ?

食べ過ぎ、飲み過ぎは、ダメなんですよ!



はい、はい、わかりました。

健康管理を考慮した(?)  クリスマスス・ペシャル・ドリンク でした。



最後に、みんな揃って 「 はい、チーズ 」

s-774-6ラボのクリスマス

ラボのクリスマスウイークは、25日まで続きます。

サンタ & スタッフ の皆さん、お疲れ様です。



そういえば、道新のサンタ捜索チームはどうなった?

s-774-7サンタ捜索チーム



気になった方は、こちらをクリック

どうしんサンタ捜索チーム



サンタの予想進路を知りたい方はこちらをクリック

サンタ予想進路

プレゼントのお願い、かなうと いいね!







PageTop

さらば98 ( きゅう はち )


旧友とお別れすることにしました。

仕事でも、プライベートでも力強い味方でした。

どういうわけか、

忙しい時に限って、すねて、固まってしまうのが玉に瑕 ( きず )。

s-773-1dynabook13.jpg

旧友とは、Win 98 です。

8 年前に XP ノートが来るまでは、親友 (?) だったので、

愛着があって、別れられずにいました。



98 が XP に代わって、その後、7 ( セブン ) に代わり、

s-773-2左13,右15
( 左は 98 の13インチ 3kg  右は7 の 15 インチ 2.5kg )



データの互換が不自由となって、

性能の違いも顕著になっていたのですが、

こうなると殿堂入りの骨董品です。

ボクの歴史遺産として鎮座していました。



先日、新聞にパソコンのリサイクル広告が載っていました。

「 都市鉱山 」 の一部として資源を有効活用するという謳い文句も

お別れを後押ししました。

s-773-3新聞記事

「 これは、捨てるのではない。 再生なんだ 」

言い訳のような、 自己弁護のような、 自己暗示を唱えて

98 とグッバイ!

「 さらば98、今度は、Win10で会おう 」



Win10 マシンの選択では、迷っています。

迷っている時が、一番楽しい時でもあるのですが、

欲しいと思っている機能を満たした マシン が見つからない。

それとも、まだ、出ていないのかな?



欲しいのは、画面を縦長にセットして使えるPC。

A4文章を 見る、作る、検索するには、縦長が便利。


s-773-4A4縦
( A4の用紙を縦に置くと、こうなります )

ノートPCの画面は、横長ばかりだったのですが、

最近、「 2 in 1 (ツー in ワン) 」 という

「 画面 と キーボード 」 が セパレー トになった、 タブレット のような PC が出てきました。

画面横長のときは、キーボードと上手くセットできるようなのですが、

縦長のときは ・ ・ ・?  気になる。



12~13 インチの 2 in 1

性能は、ほどほど優秀で、office やネットが使えて、

軽くて、お値段は手頃 ・ ・ ・ etc。  

Oh! だんだん欲張りになってきました。

98 よ! 

10 になって戻って恋よ!







PageTop

冬至に湯治


今日は、冬至

s-772-1二十四節気 冬至 Wikipedia

二十四節気の第22

北半球では、太陽の南中高度が最も低く、

昼が最も短く夜が最も長い日なんですと。



しりとりでは、「 ん 」 がつくと ゲーム は 「 おしまい 」 ですが、

一年の 「 おしまい 」 に近い 「 冬至 」 ともなると

「 ん 」 のオンパレードでもOK。

s-772-2ウチのげんき予報1


新田朋子さんの夕刊漫画

「 ウチのげんき予報 」 で 「 ん 」 をご紹介します。


s-772-3ウチのげんき予報2

「 ん 」 のつく食べ物は多いんですね。

ウチでは南瓜 ( なんきん ) を食べて 「 運 」 を呼び込むことにしました。

s-772-4南瓜


豆福に所望したのは、白玉入りの冬至かぼちゃ。

s-772-5冬至かぼちゃ

これがおいしいです。

食後のデザートにもピッタリ。



大根の塩麹煮とろろかけは、針生姜ともあいまって

s-772-6大根の塩麹煮とろろかけ

食べると、身体の中からポカポカ。



あとは、ゆず湯に入って寝るだけ。

s-772-7ゆず湯

北海道で 柑橘系は育たないので、

お風呂にナマの「ゆず」は一つ。 あとは入浴剤にしましょう。

のんびり湯に浸かって、

冬至 に 湯治 」 と洒落こみましょうかね。









PageTop

色の力


色といっても イロ イロ あって、

色恋の色もあれば、色彩の色もあるのですが、

今回は、後者。



豆福が赤い花を買ってきました。

バラ と ガーベラ です。

s-771-赤いバラ

最近、士気が低下していたので、

花のパワーのおすそ分けを期待してのことです。

気分を高揚させたいときは、



♪ バラが咲いた バラが咲いた 真赤なバラが

淋しかった ぼくの庭に バラが咲いた

・ ・ ・ ・

♪ バラが咲いた
https://www.youtube.com/watch?v=hNHlyGgcpdM





バラ一本では、まだ寂しいので、ガーベラが仲間入り。

s-771-赤いガーベラ

ガーベラの花言葉は、「 希望 」 「 常に前進 」

その中でも赤いガーベラは、「 神秘 」 「 燃える神秘の愛 」

「 前向き 」 「 チャレンジ 」 という花言葉が並んでいます。

ん~、エネルギッシュ!

パワーのおすそ分けにあずかれそうです。



ps.

赤い色のパワーにあやかってか 来年の干支にちなんでか

「 申赤 ( さるあか ) 」 の下着が売れているそうな。

「 病をサル 」 という掛詞 と 炎の 「 赤 」 のイメージからでしょうか?



申赤商戦にのって 「 干支にちなんで、下着も赤にしようか? 」 と聞くと、

ひとことのもとに 「 却下!」

ん~、12年に一度しかないのに ・ ・ ・ 残念 (笑)








PageTop

CATS


先日、ねこ好きの豆福にお伴してミュージカルを観てきました。

劇団四季の 「 CATS 」 です。

ふた昔ほど前に仮設のテント劇場で演じていたときも

二人で観に来た記憶があるのですが、今回はれっきとした四季劇場です。

s-770-1CATSポスター

ジェリクルキャッツと呼ばれる「 特別な猫 」を選ぶミュージカル?

様々な猫が、「 自分こそジェリクルキャッツだ 」 と歌い踊ります。

長老がジェリクルキャッツを選び出して、昇天するのですが、

さて、選ばれるのは?  荒っぽく言うと こんなあらすじ。

s-770-4四季劇場

例えが適切で無いかもしれませんが、

星新一さんの ショートショート をいくつかまとめて表現したような、ミュージカル。




分からなかったのは、

あんなにが嫌われていた 老いさらばえた娼婦猫が、

選ばれた途端に、手のひらを返したように崇められるようになったこと。

s-770-3CATSメンバー

豆福は、シーンごとに 愉しんでいる様子。

「 死期を目前にした猫には 皆が寛大になるんじゃない? 」



なるほどね。

確かに歌と踊りと舞台展開だけでも十分楽しめます。

猫を模した動きも素晴らしい。

羽生結弦選手、浅田真央選手、内村航平選手などが

猫の衣装をつけて 踊りまわっているようなのです。



客席との一体感もいいな~!

久しぶりに ナマの ミュージカル。  

分からないところもあったけど、満足、満足。









PageTop

他界


一家の大黒柱を お見送りしてきました。

冬空には珍しく穏やかな陽射しとなり、

お人柄を偲ばせるような日和でした。

s-769-空

事業家で ボクよりも若くて 活躍していた人でした。

大切な人を失ったご親族のことを思うと せつない。



若いとき、十万億土は遠い世界でした。

豆福が がんの手術を受け、自分がポストポリオの宣告を受けると、

いつの間にか それは ごく 身近になっていました。

ときの流れは、不思議。 



しばし、「 園芸 + α 」 のメモをつけることにしました。

s-769-日記

メモをするのに都合良さそうだったのが、連用ダイアリー。

これだと、過去のガーデニング記録が一目瞭然 ( になるはず )

ボクは欲張って5年用、豆福は遠慮がちに3年用。

s-769-日記の中身

とりあえず、目標とする健康寿命の年数でもあります。

もちろん 「 更新あり 」 でおねがいします。

問題は、3日坊主を克服できるか? ということかな?

ps.

「 十万億土 」 の大きさを半藤一利さんの「老骨の悠々閑々」から引用すると

『 釈迦が説いた、宇宙構成の最小単位は 「 小世界 」 というもの。
中央に須弥山 ( しゅみせん ) があり、・ ・ ・
須弥山の高さは、八万由旬、キロに直すと 56万 km で、地球から月への距離の4倍。
こんな世界が10億集まって、「 三千大千世界 」 という・・・
それが10万億もあるのが 「 十万億仏土 」 という ・ ・ ・ 』

漱石 『 草枕 』 ことば散歩 というタイトルのところに載っているのですが、
半藤さんをして
「 いやァ、でっかい話で、実に気持ちがいい。でも、よく分からない 」
と言わしめている。
どうやら、想像を超える世界のようです。











PageTop

夜会(やかい)


昨夜のことです。

豆福とゆうの 「 夜会 ( やかい ) 」 に遊びに行きました。

和ろうそくの灯りの中で端唄 ( はうた )、 鬼舞 ( おにまい )、

薩摩琵琶 ( さつまびわ )、 落語 ( らくご )、

夜咄の茶事 ( よばなしのちゃじ ) などを満喫。

s-768-1和ろうそく

会場には、和ろうそくの香りが立ち込めました。

炎が脈打つように上下に揺れ、ときには、螺旋状に燃え上る。 

思っていたよりも、ずーっと明るいものです。

s-768-2目ロウソク

ふだん、あまり接したことのない催しなので、興味津々。

会場の中央、最前席に陣取りました。



解説されたのを忘れないうちに、ちょっと、おさらい。

端唄 ( はうた )  とは、

三味線の 「 ♪ 梅は咲いたか~ 桜はまだかいな~  ・ ・ ・ 」 という

例の短い唄の類。 長唄とは正反対ですね。

三味線と着物姿のお師匠さんの取り合わせは、

朝ドラの新次郎さんの ちょっと艶っぽくて 粋な世界を思い出させました。



夜咄 ( よばな し) とは、

冬の夕暮れ時から行われる茶事で、夜会とも言うのだそうです。

知らなんだ!

豆福は夜咄を知っていたのですが、

ボクはお茶席が進んでいくのを見ながら、

内心、「 いつ、何の話をするんだろう? 」 と期待していました。

無学を露呈し、赤面するばかり。

悔しいので、ネットで検索してみると、お茶席には

朝茶、 暁の茶事、 正午の茶事、 飯後の茶事、 夜咄 という区分がありました。

なるほど、お茶どきによって、名前が付いているんですね。



s-768-3薩摩琵琶
( 薩摩琵琶は、男琵琶と称されるのだそうです )

闇の世界は、嗅覚と聴覚が鋭敏になります。

いつもは気づかない音に耳が反応します。

「 闇 」 という文字が門構えに音という文字で構成されているのには、

意味がありそうです。





谷崎の 『 陰翳礼讃 』 ( いんえいらいさん ) では、

西洋は部屋を明るくし、陰翳を消す事に執着したが、

日本は、陰翳の中で芸術を作り上げたと言うのです。

今回は、2時間の間、甘酒をいただきながら、ゆったり、のんびり、

江戸の闇芸術?を体験。

今回の 「 夜会 」 は 「 夜快 」 でした。




ps1

ものの本によると、

『 和ろうそくは、ロウが植物性で、芯は和紙、イグサ、綿など。

芯が中空であるため、空気が絶えずろうそくのお尻から供給されるので炎が消えにくく、

風がなくても炎の形がたえず変化するのが特徴 』 とありました。

炎が燃え盛り、脈打ち、らせん状に燃え上る訳です。 




ps2

うわ~!

天気予報があたってしまった。

ゆうを一歩出たら雪が積もっている。

s-768-4ゆう




家に着いたら、こんな状態。

s-768-5雪

翌日は朝から雪かき。









PageTop

ウォンテッド!!


はじめに、きのうの 「 やっかいな話 」 の続きなのですが、

今朝の新聞に正しい日程がのりました。

s-767-1訂正記事

ふつう、訂正記事だけで終わるのに、

あらためて記事を載せる道新の姿勢に誠実を見ました。



この新聞、面白い 「 広告企画 」 も打ちます。

11月になると、サンタ捜索チーム ( 創作 チーム? ) が編成されるのです。

s-767-2三太の記事

三田育三本部長が捜索チームの最高責任者と紹介されているのですが、

この人の名は、 みたいくぞう と読むのではなく、

サンタ行くぞう と読むのではないでしょうか。


s-767-4.jpg

毎週のように捜索の足跡が記事になるのですが、

大人のファンタジーをくすぐる読み物です。

捜索は今年で6年目。 

今年こそ、本物のサンタを迎えることができるのか?

ファンタジー ( ファン多爺 ) が続きます。



ps

s-767-3サンタ捜索チーム

Doshin Santa Search ー どうしんサンタ捜索チーム の

リンク先を乗せておきますので、よろしければ、ご覧ください。

どうしんサンタ捜索チーム
https://www.facebook.com/santa.search.web/?fref=nf








PageTop

やっかいな話


12月4日 ( 金 ) に 「 ゆう 」 で 「 夜会 」 があります。

s-766-1夜会ポスター

その昔、多くの伝統芸能は、月の明かりや かがり火や 

ロウソクの灯りで演じられていました。

薪能 ( たきぎのう ) などはその最たるものですが、

今回は、ロウソクの灯りだけで 「 薩摩琵琶 & 落語 & 茶事 」

これは楽しみ。

豆福と行くことにしました

s-766-2チケット

ところが、

新聞記事には12月27日開催の記事

? ? ? ? ?

s-766-3新聞記事

翌日の朝刊にで訂正記事が載りましたが、

こんな間違いもあるんですね。



どこでどう間違ったのか知るよしもありませんが、

今回の 「 夜会 」 は 「やっかい」 と読むことになるのかも。

さて、当日は、どうなるんでしょう?

期待と、不安が、入り混じります。









PageTop

カレンダーの季節


ハヤッ!  もう師走! 

今年のカレンダーも 残すところ あと僅か。

s-765-1カレンダー

あれよ あれよ という間に12月。

今年を振り返る季節なのに、なぜか気ぜわしくて

落ち着きません。

12月って、変ですね。

そういえば、来年のカレンダーを用意せねば ・ ・ ・

6週表示のカレンダーって なかなか無いんです。





砂川カントリーロードの来年のカレンダーが届きました。

s-765-2カントリーロード

「 やの たかゆき 」 さんという 「さすらいの絵描きさん」 が

目にした 「 すながわカントリーロード 」 が画材

編集してくれたのは 「 八戸めぐみ 」 さん。

いつも面倒な役割を引き受けてくれて、ありがとうございます。

日付が下側に一列と控え目な表示なので、

今回の CALENDAR の絵は 矢野たかゆき画伯の独壇場。

そこで、思いついた台詞、

「 これ、誰んだ~? 」

s-765-3カントリーロード2

「 彼んだー! 」

※ 彼とは もちろん矢野画伯のことです。



CALENDAR ばかりでなく、手帳も切り替えの季節。

アナログ人は、紙の手帳でないと 落ち着きません。

しかも、背表紙に鉛筆を挿す、ことができて、

シャツのポケットに収まるタイプというのですから、

種類は限られます。

s-765-4手帳

豆福からは、

「 来年は手帳とも縁遠い生活になるんじゃなかった? 」

との声がかかりました。

それはそうなのではありますが、とりあえず3月までは ・ ・ ・

4月 から先は、真っ白かな?










PageTop