ローズミンタラ

春よ恋



ツボミ ばかりだった フリージア が ほころびました。

ほのか に香りが漂って、豆福はご満悦。

s-628-1フリージア

黄色は、春の色。

水仙、レンギョウ、福寿草、etc。





桃、ウメ、桜の前は、黄色が主役。

雪解けが早くて、気温も高目。

気持ちは一気に春待ち人

♪ は~るよ 恋 は~やく 恋

s-628-2赤いバラ

庭をいじりたい、でも、まだ、できない。

アー、風神、雷神、天神様!

早目にバラの準備をしたいのです。

雪がとけるのは、いつ?









PageTop

フリージアと赤いバラ


久しぶりに 豆福と花屋さんに行きました。

お目当ては、豆福の好きな フリージア。

この花は、香りがいいんです。

本日入荷の フリージア がありました。



でも、ほとんどが ツボミ。

右から左へすぐ売れるわけではないのだから当然といえば、当然。

順次咲いてくるので、なが~く 楽しむには、これでいいのですが

写真を撮るにはちょっと寂しい。



ついでにと言っては、語弊があるのですが、

赤いバラも求めることにしました。

s-627-1赤いバラとフリージア

赤いバラは、元気のしるし。

初めは、赤いバラを楽しんで、フリージアは

ゆっくりと楽しむことにしましょう。



おんちゃんちの ビニールハウス では、野菜、花を育苗中

まだ、生まれたて。

これから

野菜は 「 83 手間 」 かけて、

花は 「 87 手間 」 かけて 嫁入り支度です。

s-627-2トマト、ペチュニア、ベゴニア
(上はトマト  左下はベゴニア  右下はペチュニアの赤ちゃんです)

ビニールハウスの中は 「 春 」

早く、本当の春が来ないかな~。 待ち遠しい!





PageTop

落氷注意!


今月は、何度、同じことをつぶやいたことでしょう。

「 まるで 3 月 」

日差しが力強くて、日中は暖房が不要



2 月は、雪かきらしい雪かきをした記憶がありません。

もっとも、忘却力が充実しているので、アテにはなりませんが。

新聞によると、空知地方に大雪をもたらす 「 西北西の風 」 が

少なかったので、雪が少ないらしい。

s-626-1新聞記事

降雪は風まかせ。

しかも、明日の夕方からは、雨になるらしい。

一体どうなるんじゃろか?



一体どうなるんじゃろかと心配しているものがもう一つ。

それは、車庫の屋根の雪

雪というべきか、氷というべきか、悩むシロモノです。

これが、最近の気温上昇で、軒からせり出してきている。

s-626-2雪庇

雪がせり出したのを 「 雪庇 ( せっぴ ) 」 というのですが、

氷の場合は?

「 氷庇 ( ひょうひ ) 」 かな?

国語辞典には載っていないけれど、造語ならOKでしょう!



2 階から車庫の屋根を見ると、雪氷が滑って移動している。

s-626-3屋根の雪

明日の雨で溶けてしまえばいいのだけれど、

滑り落ちる心配が出てきました。

軒下注意の看板を出そうかな?

本当は、「 落氷注意! 」 にしたかったのですが、

ホームセンターにあったのは 「 落雪注意 」 と「 駐車禁止 」 のコーンだけ。

s-626-4落雪注意

取り急ぎ 「 落雪注意 」 のコーンを購入。 

万が一の注意喚起。

新聞配達さん、宅配さん、いわた書店のソデやん達は

コーンを横目で見ながら、きっと、笑って配達してくれることでしょう。







PageTop

タトゥーシール


定期購読誌は 「 いわた書店 」 のソデやんが配達。

ちょっとマイナーな本でも、メールで注文。 これもソデやんが配達。

月末の集金は、これまたソデやん。

お世話になっている 「 いわた書店 」 さんに

プレゼントを用意することにしました。



今回の 「 えびす 」 は、転写するワザの講習でした。

この機会を使って、五郎さん特製の木製バインダーに イラストを転写して

贈ろうとする企画。  社長の徹さんに届けました。

s-625-1徹さん

喜んでくれましたよ。 

えびすメンバーの皆さん、ご協力、ありがとうございました。

結果は、大成功でした。



今回のバインダーづくりは、「 えびす 」 メンバーがフル活動。

手とり、足取り、揚げ足取り ( あっ、言い過ぎでした ) の

協力です。

s-625-2ebs部活



ご協力いただいたお陰で、満足のバインダーが完成しました。

s-625-3バインダー

転写シールを使っての講習は、バインダーばかりではなく

タトゥーシールとして、身体や木片、プラスチックに使えるので

用途は広そうです。



3月14日に滝川のスキルアップセンター空知で

「 匠の技とふれあう日 」があるのですが、

そこでも、えびす先生がパソコンでデザインした文字や

イラストなどを転写して印刷する技の体験会を企画中です。

現在、教材を試作中とのこと。

s-625-4五郎バインダー

もしかしたら、無料で知識と教材をいただけるかもしれませんよ。

楽しみ、楽しみ。








PageTop

忘れ物



前回のblogにリンクを貼るのを忘れていました。

s-623-5みっちい

スーパーレディの blog をご覧ください。

コチラからどうぞ。

アメニモマケズ、カゼニモマケズ
http://stone.circle-ebs.com/





エゾリス博士のピンさんの作品は、こちらです。
s-624-ピンさん

ピンさんのリス blog はこちらからどうぞ。

北国の空から
http://urausu.at.webry.info/


リスは、くるみを埋めたところを忘れてしまうそうですが、

困ったことに、ボクもだんだんリスに近づいてきたようです。






PageTop

えびすで万年カレンダー


毎週火曜日は 「 えびすの日 」

錆びついた頭に活を入れる日です。

パソコン・サークルのメンバーは、

小学生未満から還暦オーバーまで年齢の幅が広~いんです。

s-623-1えびす
( 大御所がウン名、写っていませんが、左後方に参加しています )

サークルはパソコンのスキルアップだけではありません。

パーティがあり、 部活があり、 ミニ旅行もあります。

でも、「 ゆる~い繋がり 」

拘束が少なくて、気兼ねがない。

極めて希なサークルです。



今月は、万年カレンダーを作成しようという 「 お題 」 でした。

エクセルシートに日付の表示形式を選択してから

WEEKDAY 関数、DATE 関数、MATCH の3関数

を使ってつくるのです。

出来上がったカレンダーの年と月を入れ替えると、あ~ら不思議

その年その月の 日と曜日に 並び替わるではありませんか。

万年カレンダーと言われるゆえんです。

今回出来上がった作品は、コチラ。

s-623-2カレンダー作品




折角ですから、味な作品を3点、ご紹介します。

これは まつりさん の作品。

s-623-3まつり

季節にマッチしたランプシェードに格子をアレンジ。

日付は、見やすくシンプル。 

見飽きない、落ち着く作品です。



これは、小2の けいご君 の作品。

s-623-4圭瑚

日付のところまで色を付け、スキなくまとめてます。

完成度が高くて、唸るしかありません。



彼のすごさは、前にもご紹介しましたが、

今回は、エクセルだよ。  関数だよ。  オイオイ、これが分かるんかい?

もう、脱帽するしかありません。

メンバーの mae さんに言わせると

「 彼と自分を比較すること自体 間違っている! 」

このレベルの差、認めざるをえません。





これはストーンさんの作品。

s-623-5みっちい

パソコンのインストラクターかと思えば、あるときは山ガール、

あるときは陶芸士、最近は、釣魚ガールになったり、木工芸に目覚めたり、

多様なスイッチの持ち主です。

そう、そう、自分のやる気だけでなく、他人のやる気も引き出す

得意技の持ち主でもあります。

今回は、キャンドルポットと書体で遊んでいました。


ボクも早く 「 味な作品 」 をつくれるようになりたいなぁ。








PageTop

頭かくして尻かくさず


マラソンにハマっているご夫婦がいます。

数年前から、走りこんでいたのですが、

マラソン大会へ参加するペースが早くなってきたような気がします。

1月25日、夫は、茨城県の勝田全国マラソンを完走、 

同日、妻は大阪国際女子マラソンを完走。

s-622-1マラソン大会

すごいなーと思っていたら、

今月8日、夫婦揃って愛媛マラソンに参加していました。

勿論完走です。

どれも好タイムで完走し、タイムを縮めてきている。

二人とも確か50代のはずなのですが、老化に逆行している。

アンチエイジングの見本みたいな人たちです。

この勢いだと、毎月、大会に参加することになりそうです。

くれぐれも身体に気をつけて、楽しんでください。



完走お祝いを贈らなくっちゃ! と豆福と相談していた矢先

逆にお土産を頂いちゃいました。

愛媛特産の 「 甘平 ! 」

最近、コチラでも見かけるようになりましたが、まだまだ少数派

大きくて 平べったい柑橘

外皮、内皮ともに薄くて、果肉がプリップリ 。





箱を開けて ? 

あれっ ? 

ネットに入っている姿は、こんな風だっけ?

s-622-3甘平①

見慣れた姿と逆になっている。

「 頭かくして、尻隠さず 」のポーズ。

店先で見慣れた姿は、こちら。

s-622-4甘平③

店先の姿で送ると、枝の切り口で傷つけあうので、

逆さまにしたに違いありません。

輸送のときと、店頭のときと、

ネットへの入れ方一つとっても、工夫とノウハウがあるようです。



お礼を言う前に、つい、パクリ。

s-622-5甘平②

はちきれそうな果肉にプチプチ食感

美味しい! 

お礼を言うとのが、遅れてしまいましたが、

美味しかったです。 ごちそうさまでした。












PageTop

あまける


先日から雪が降っていません。  これで、何日になるのでしょう。

立春は、めちゃくちゃ寒かったのですが、今日はプラスの気温。

雪が溶け出して、まるで、3 月。

玄関先の地面も顔を出し始めました。

s-621 (2)

道路には、水たまり。

このまま溶けてくれるのなら、嬉しいのですが、

今日は、まだ2月8日。

そんなにうまく問屋は卸してくれないに違いありません。



あまけた後は、ろくな天気にならないのは、

いつものことなんです。

経験上では、雨気た後は、荒れる。

いいイメージがありません。



雪の中で熟成? させておいた 「 砂川彗星 」 も

雪が溶かされ、顔を出してしまいました。

s-621.jpg

折角、飲んで欲しいと顔を出したのですから、

少し、いただいて、さっさと寝ることにしましょう。










PageTop

北菓楼ライブ


まちこさんからお誘いが来ました。

澤田かおりの LIVE です。

s-620-1Live.jpg

メッセージ には、

「 Misia や井上陽水と ツアー を一緒にまわっていて、

AI や Superfly にも楽曲を提供している シンガーソングライター です 」

「 奥様とぜひ・・・ 」  とありました。

お誘いに従って豆福と二人で行ってきました。


s-620-2北菓楼

北菓楼 砂川本店 のレストランに70名のお客

いちごのショートケーキ と ドリンク付き。




話題からは外れるのですが、

ドリンクの注文を確認するウエイターさんの

ことば遣いが秀逸でしたので、ご紹介します。

ボク達のテーブルは4人でした。

注文を受けた後の言葉は

「 コーヒーのホットが お2つと、紅茶のお熱いのが お2つですね 」

ナルホドね。

コーヒー ( 英語 ) には、ホット ( 英語 )

紅茶 ( 日本語 ) には、お熱い ( 日本語 ) と 使い分けをしたのですね。

勉強になりました。



ピアノの弾き語りで90分

気に入ったのは、「 ねこ 」

吾輩は猫であるの楽曲バージョン ?

ねこの気持ちを妄想して創ったのだそうです。

♪ 冬は寒いから キライ

  でも 本当は あなたにくっつけるから スキ

  夜は長いから キライ

  本当は あなたに甘えられる絶好の チャンス

  ・・・



ハスキーな声かと思えば、高音までをこなす声域。

声量のあるシンガーソングライターでした。



彼女の Official Website はコチラからどうぞ。
澤田かおり
http://kaorisawada.com/



エンディングは 新曲 「 幸せの種 」



帰り際、まちこさんから 「 幸せの種 」と

彼女が作成したカレンダーを受け取りました。


s-620-3幸せの種

幸せの種のイラストは、音符と種の発芽をミックスしたもの。

楽しい発想です。

このイラストは、彼女の作品に違いありません。


s-620-4カレンダー

カレンダーも楽しい。

201 年のところを よく見ると

201GO! となっているではありませんか。

彼女は、

こんな楽しい発想を作品にするデザイナーさんです。

彼女の SORACHI  DESIGN  OFFICE はコチラからどうぞ

風のアトリエ
http://www.kazenoatelier.com/





豆福ともども楽しんできました。

お誘い、 どうもありがとうございました。







PageTop

立春


「 春とはいえど まだ寒い 」

言い古された慣用句ですが、ほんとうに寒い日でした。

この冬一番の寒さ!



昨日のブログに

「 節分は、大寒の最後の日であるため、寒さはこの日がピークである 」

ということは・・・・・これから暖かくなる一方・・・・・?

と書いたのですが、翌日には、くつがえされてしまいました。



s-619-1終日氷点下

朝 ( -21℃ ) 、 昼 ( -15℃ ) 、 晩 ( -16℃ ) 、 終日氷点下。

「 真冬日 」 でした。



s-619-2フロントガラス

車のフロントガラスには、霜の花が咲いていました。

それでも、今日は、茶摘み歌 「 八十八夜 」 の初日なのです。!

♪ 夏も近づく八十八夜

野にも山にも若葉が茂る

・・・・・

そう考えると、 ちょっと ほっこり。



s-619-3ピンネ2

あのピンネシリ ( 山 ) の雪が無くなるのは、いつになるのかな~?










PageTop

節分


今日は、節分。

今年も 「 正調 豆撒き 」 を実施しました。

いつもは、殻付き落花生で豆撒きをするのですが、

豆福の体調を気遣って ? 大豆にしました。

s-618-1節分

「 だいず ( 大事 ) にする 」 と言うメッセージ。

あっ、 いつもの オジン ● ● ● です。

しかも、今回の豆袋には、昆布も入っているのです。

豆撒きをして、全快したら、「 よろこんぶ 」 と言うメッセージでもあるのです。



豆撒きソングを一部手直ししての豆撒きでした。

♪ 鬼は外 鬼は外

  福は内 福は内

  天うち 地うち 四方うち

  鬼の目ん玉 ぶっ潰せー ぶっ潰せー



  この「 鬼の目ん玉 」 を 「 癌の根っこ 」 に変え、

  大声をあげ、豆を思いっきり外に向かって投げつけました。

  
 さあ、これで、思いっきり福が入ってくるとイイな!


s-s-618-2キクリンのフクロウ

福といえば、こんな画像がありました。

とても福々とした画像です。

パソコンサークルえびすの先輩で、

blog 「ぜんまい仕掛け」 の作品。



Blogはコチラから
ぜんまい仕掛け
http://pakeokame.exblog.jp/22775910/





ps.

ところで、江戸時代以前は、四季の変わり目ごとに

節分があったということを知っていました?

ボクは、今日、初めて知りました。



ものの本によると

「 節分とは、季節を分けることをも意味しており、

各季節の始まりの日( 立春・立夏・立秋・立冬 )の前日のこと。

江戸時代以降は特に立春の前日を指す場合が多い。

立春の前日の節分は、大寒の最後の日であるため、寒さはこの日がピークである 」

ということは・・・・・これから暖かくなる一方・・・・・







PageTop

気まぐれ天気


「 気まぐれランチ 」 の次は 「 気まぐれ天気 」です。

道東は、低気圧で大荒れだったのですが、

コチラは、青空。


s-617青空

豆福の友人がコチラのお天気を心配してくれました。

地域版の天気予報を見て、送ってくれたメールは、

「 天気予報では、荒れ模様の北海道なのに、砂川は穏やか。

・・・・・ 北海道は広い 」

あまりのお天気の違いに、地元に住んでいる者も 「 広いな~ 」と、

思っています。



いいお天気だと言って喜んでばかり いられません。

買い物に出かけて、驚きました。

連日のお天気に、昼には雪が溶け、夜には凍る。

この繰り返しで、圧雪が残った道路が滑る。

駐車場は、ピッカピカ の つーるつる。


s-617ツルツル

お店から出てきたお父さんが、荷物を積もうとして、車の横で転倒!

こんなのを見てしまうと、足がすくみます。

買い物は、豆福に一任。

今日は、「 アッシー君 」 に徹しますので、あしからず!









PageTop