ローズミンタラ

スキルアップ研修


豆福と 「 北国のガーデニング・スキルアップ研修 」 に

行って来ました。

今回は 「 バラ&ハーブの寄せ植え 」 の実習。

札幌商工会議所主催で、 I 造園での研修でした。

寄せ植えの講義、実習、質疑応答、〆て90分。



花材、鉢、鉢底石、用土、元肥もぜーんぶ用意されていて、

NHKの 「 今日の料理教室 」 みたい!


使った花材は、

ミニバラ、 ローズマリー、 ワイルドストロベリー、 アップルミント、
 
サントリナ、 チャイブの6種類

なんと、サントリナ以外は、ウチにあるものばかりじゃ。




寄せ植え教室

講義の受け売りをしますと・・・、

『 植え方は、 a 背の高さを出す植物、

b 足元を埋める植物、 c 鉢の縁から垂れ下がる植物を見極めて、



①壁際に置くときは、鉢の奥の中央にa、 両横にb、 前側にbとcをバランスよく植える。

②360度、どこからでも見られるようにするときは、

 鉢のセンターにa、 周囲にb、 さらにその縁にcを植える。 』

と言うことでありました。




寄せ植え完成

ローズミンタラコンビは、壁際に置くことを想定して

寄せ植えをつくってみました。

まだ、弱々しいけれど、あと、1月も経ったら、見栄えがするようになるはず。

手が かかるけれど、 また、楽しみが一つ増えました。



PageTop

ホップの実

午前中は晴れていたかと思ったら、午後から雨。

と、思っていたら、次はカンカン照りに変わり、

むせ返るような湿気となり、

夕方には、雷を伴ったスコール。



しかも、日暮れには雲の合間から夕陽が見えると言う一日でした。

何とも目まぐるしい。

お天気のフルコースでした。






ホップが実をつけました。

ホップ鈴なり

鈴なり。

ホップの実

風が吹くと揺れる姿がかわいい。

ホップ鈴なり②

今夕は、結構目まぐるしかった。

「 ゆう 」 で、パソコンサークル 「 えびす 」 。

イラストレーターを習った ( ハズな ) のですが、帰って来てから

もう一度やってみると・・・・・うまくできない。

どうも、記憶のタガがハズれてしまったようです。

イラストレーター

駄じゃれの種も尽きたし、

あきらめて、コンビニで、 「 えびす 」 を一本、買ってこよーっと。 

♪ あとのことなど・・・ケセラセラ。

オヤスミー 。




PageTop

タッチ



今日のローズミンタラのエントランスです。

7/29のエントランス

バラは一番花 ( 春 ) から、二番花 ( 夏 ) へ移行の時季。

咲いているバラの数は少ないけれど、

バトンタッチで、入り乱れ状態。



Qエリザベス ゲームオーバー

クイーンエリザベス : 一番花が終わって、夏休み状態



ツボミをつけたカリネラ

カリネラ : 二番花の蕾をつけ始めました。



・遅くなってから咲いた一番花の株。

・一番花が終わって、一時、休んでいる株。

・二番花の蕾をつけた株。

・もう、二番花が咲いている株。

これらが、入り乱れ状態なのです。





二番花 右下の八重ペチュニアは別です

二番花を咲かせている株です。左上から時計回りに かぐや姫 ( 黄 )、  ジュリアスローズ、

右下は、八重咲きのペチュニア、 スーパースター。

真ん中のオレンジは名前が分からないのですが、二番花を咲かせました。





バラは、きっと、自分が一番輝く時季を知っているのです。

秋のゴールを目指して、

・スタートを遅くした株。

・夏休みを取っている株。

・コンスタントに咲く練習をしている株。

・どんどん先に進んでいく株。




この暑い夏をどう乗り切って、秋に輝くのか。

それぞれが思案を巡らしているのです。





PageTop

シャドー・ガーデン


植物によっては、半日陰を好むものがあります。

半日陰と言っても、程度があるようで、ヒューケラ・ライムリッキーは、

日陰が過ぎて、縮小してしまいました。

ヒューケラ・ライムリッキー




ギボウシ ( 最近は、ホスタと呼ばれることが多い ) は、丈夫で、陣地を拡大中。

斑入りホスタ

半日陰で、花らしく咲くのは、クリスマスローズ、インパチェンスなどですが、

バラに負けない豪華な花をつけるものもあります。

それが球根ベコニア。 これは、豆福の担当です。


シャードーGARDEN?

飛行機にバースディ割引があったときのことですが、

割引で、牡丹で有名な大根島へ行ったことがあります。

その時、初めて出会ったのが、「 球根ベコニア 」 でした。

大型温室に天井から吊り下げられ、点滴で栄養補給。あふれんばかりの花、々、華。

その温室が、山の上まで何棟もある。

あまりのみごとさに、あまりのすごさに、唖然として、口が開いたまま。

きっと、アホみたいな顔をして、見惚れていたと思います。




シャドーの球根ベコニア

数年前に、「 すながわカントリーロード 」 の片桐農園で扱っているのを知りました。

園主の光一さんに栽培と、冬越しの方法を教わって、

毎年1~2個づつ増えて、今や シャドー・ガーデンの花形です。

これも球根ベコニア

ps.

これからまだ、まだ、大きく、豪華になりま・・・いや・・・なるはずです。






PageTop

雨の日はアジサイが良く似合う


「 雨の日はアジサイが良く似合う 」

きっと、そうなのでしょう。

本州方面では、梅雨時に咲き誇るのが、この花。

花首の柔らかい花は、首をうなだれてしまいますが、

この花は、雨の中でも上を向いているのが多い。

こちらでは、今どきが盛りになりました。




ミンタラの紫陽花

アジサイは、酸性が強いと青くなり、アルカリ性が強くなると紅くなる と

いわれている。

一株に青っぽい花と赤っぽい花が咲いているんだけど、

こういうのは、どうなっているんじゃろか。




市役所の紫陽花

市役所の前庭のアジサイも見ごろを迎えていましたので、撮ってきました。




オアシスパーク(砂川観光協会より)

砂川の「アジサイの会」ではオアシスパーク(遊水地)にアジサイを植栽。

2000以上の株があるといいます。

きっと、そちらも見ごろを迎えていることでしょう。






PageTop

風の美術館


「 風の美術館と太郎吉蔵の夏の二日間 」 という催し物がありました。

20日と21日のことです。

デザインやアートに触れ、夏の空知を楽しむイベント

すながわのデザイナー遠藤真千子さんが関わっていたので、

豆福と応援に ( 邪魔しに、かな? ) 行って来ました。



行ったのは、「 かぜのび 」 でのワークショップ

新十津川町の旧吉野小学校の跡利用施設

かぜのび





風の美術館を省略して 「 風の美 ( かぜのび )」 と称しているのかな?

催し物は定員50名、遠くはロスからも参加者が・・・賑わっていました。

ワークショップの一部をご紹介します。

ワークショップ①



ワークショップ②



そらちの空気とおいしさとアートにふれた参加者に

五十嵐威暢 ( 彫刻家、デザイナー、多摩美術大学学長 ) さんや
 
真千子さんの思いは、きっと伝わったことでしょう。




「 かぜのび 」 の展示作品もちょこっとご紹介。

展示作品①




展示作品②




展示作品③




「 かぜのび 」 の広場には、

「 そらちのおいしい 」 を堪能した痕跡がはっきりと。

これに触発されて、

ミンタラでも、おいしいを堪能することにしました。

BBQの準備


酔ったせいか、月がやけに大きく見える。

スーパームーン?

これは、街灯と月をコンデジで撮ったものですが、

左上が月で、右が街灯です。

コンデジで撮っても、こんなに明るく大きい月。

まだ、スーパームーンなんだろうか。

スーパームーンを図示したものがネットに載っていました。

分かりやすかったので、ご紹介します。



super moon




PageTop

ダメ元


景気の話が、巷で取りざたされていますが、

ローズミンタラでは、その恩恵に浴していない。 残念!



景気ならぬケーキなら、何とかなりそう。


ケーキ・ド・ポテト

この写真、ケーキにスイートポテトをトッピングしたように

見えるのではないかと期待して写しました。

・・・・・

見えなかったら・・・あなたの目は、きっと、正常です。







実は、先日、買ってきたサツマイモに、芽が出かかっていたので、

カットして、水に浸していたものです。

下のケーキの台は、スポンジ。

一見すると、ケーキのように見えたので、

皿とフォークを添えて、それらしく飾ってみたのですが・・・。

見破られてしまいましたか!




スイートポテト親子

ケーキがダメなら、地面に植えて、秋には収穫を・・・と、

期待しているのですが、これから先、どうしたらよいのか分からない。

ネットで見ると、茎だけで植えることになっているのだけれど、

こんな短い茎では、根も生えて来ないのでは・・・

もう少し茎が長くなってから、植えるんじゃろか?

また、ダメ元で試すものが増えてしまいました。








PageTop

こんな花もあります


この時期、水道代を見て、 「 夏が来たなー 」 と実感します。

代金が例月の倍以上になるのです。

雨が降らない限り、鉢花には、毎朝水やり。

ときには、地植えの花木にも。

妙な夏の感じ方です。

今回は、いつもと違った花のご紹介です。





ジャガイモの花

バックヤードに咲いたジャガイモの花です。

越冬ジャガイモが、床下で芽を出して

本体が痩せはじめ、味も落ちてきたので、

春先、ダメもとで、植えておいたものです。

花が咲きました。

もしかしたら・・・秋には、イモ掘り、芋煮かな?




ホップの花

これは、ホップの花です。

ビールの苦みの素で、実は松ぼっくりの小型版のようなのですが、

花は、地味! 花には、違いないけれど・・・まるでヒゲみたいです。






アポロの日焼け?

これはミニバラのアポロ。

斑入りと言ったら良いのか、アザと言ったら良いのか、はた また 日焼けなのか。

よく分からないけれど、こういう風になる遺伝子があるんでしょうね。

バラには、ブルーの遺伝子が無いのだそうです。

最近は、遺伝子操作で青いバラをつくろうとしていますが、

まだ、紫っぽくて、スカイブルーになるには、まだ、時間がかかりそう。

朝顔のヘブンリーブルーのような色のバラができると、いいな。






PageTop

ポロロッカ


アマゾン川の大逆流は、ポロロッカ。

・ ・ ・ そんな大それたことではなくて ・ ・ ・ 今回は、日にちを遡るポロロッカ。



Facebookに次の記事が出ていた。

三連休の中日 ( なかび ) の14日に

浦臼町、新十津川町、砂川市、滝川市、芦別市で農業をしている

女性グループ「 花・菜・実~  ( は・な・み~ ) 」が

JA新すながわ農協の駐車場に青空市を出しまーす。


花・菜・実~

豆福と開店時間に行ってみると、アレッ!

① テントはあるけど看板がない。

② Oh! 大慌てで製作中! だれか寝坊したね。

③ 看板完成

④ 写真を撮っているのは、ボクだけじゃあなかった。

  もしかして、身内の方ですか?





商品は、さすがに新鮮! 

農産物をつくって、加工して、販売することを、

6次産業 ( 1次産業+2次産業+3次産業 ) と言うのだそうですが、

作って、販売することは、4次産業とでも言うのかな?


花・菜・実~ 商品

ズッキーニとキャベツと軟白ネギを買ってきました。

どれも、100円。 安い!

元気な女性グループ 「 花・菜・実~ 」 、これからも、がんばってください。





午後は、ミンタラにお客さんが来ました。

花新聞を見た隣町の女性。

OPEN GARDEN

翌日にNHKが取材に来ることになっていたので、

花の手入れにかまけて、ろくな説明もできず、失礼しました。

咲いた花は、順次、ブログにアップしていきますので。

勘弁してください。

秋には、色、香り、姿が、一段と冴えるバラになります。

機会があったら、また、お越しください。



PageTop

バトンタッチ


バラは、春は豪華に、夏は小さく、秋はシックに咲きます。

クイーンエリザベス ( ピンク ) 、ランドラ ( 黄 ) は一番花が終り、二番花はマダ咲いていない。
 
一番花終了 & 二番花全開

株を見ると、葉と茎だけの坊主状態。

フリージア ( 黄  )は、二番花の盛り。

いまどきは、春の一番花と、夏の二番花のバトンタッチの時期です。

ブッチが見守る庭

上の吊鉢は、ハッピィトレイルというミニバラ。

花は、ミニですが、地植えにすると、株はかなり大きくなります。

左下は、ラベンダーとミニバラのセレナ。

同じ名前の車がありますが、アレはミニバン。

右下は、素焼きのネコ。 今はもういないブッチに似ている?ので、

庭の見守りをお願いしています。

最近、ブッチの弟分のジローの体調が思わしくない。

大学病院で診てもらうことにしました。



いまどきの一番花

今、咲いている花です。

左上は、クリスチャンディオール。 二十数年の老木、大分弱っていたのですが、

今年、一本だけ 花をつけました。

右上は、コモフォーエバー。去年、ミンタラの仲間入りをしました。

名前のとおり、いつまでも散らない花です。

右下は、レッドクイーンの2番花。 背が高くなって、花を覗きこむことができません。

左下は、衣通姫(そどおりひめ)。 純白の花ですが、病気に弱い花なので、鉢植えにしました。



アンクルウォルター

去年、新苗で購入したアンクルウォーター(ツルバラ)。 

サクランボが寿命を迎えそうなので、その木を使ってツルバラを這わそうと計画したのですが、

冬の寒さに耐えることができるか否かが、問題。

バラの大敵は、病気、害虫、雑草と言われていますが、

北海道の場合は、雪と寒さという大敵が加わります。




PageTop

NHKの方から


NHKの方から・・・

受信料の徴収に・・・

いや、いや、受信料は、お支払いしています。

・・・そうではなくって、

・ ・ ・ ・ ・ ・

TV取材を受けました。 とても緊張しました。

「 趣味の園芸 」 ( NHK教育 ) の番組で、

個人の庭を紹介する 「 玉さん庭をゆく 」 と言うコーナーの取材です。

玉さん庭をゆく、取材




9時50分に取材開始。

ピーカン晴れで、じりじりと暑い!

取材を受けている冷や汗と、暑さの汗で、汗だらけ。

二階からミンタラを俯瞰

二階からミンタラを一望できるので、カメラクルーは二階からも取材

豆福と、 「 5分番組だもの、午前中で終わりだね 」と

言っていたのですが、玉崎先生とお別れしたのは、午後4時30分

いや~玉げました。

玉さん庭をゆく、冬越しの巻

番組をつくるのって、凄いエネルギーが必要なんですね。

スタッフの皆さん、お疲れ様でした!



この時期は、バラの一番花が途絶えて、二番花が出始める時期。

過渡期なので、花が途切れていなければいいなと思っていました。

どうやら、花は、がんばって、咲いていてくれました。

7月第1週の華やかさには及ばないけれど、それなりに綺麗!

よかった。



8月11日 ( 日 ) に放送されるのだそうです。

9月号のテキストにも載るのかもしれません。

どんな番組になるのか、楽しみなような、不安なような、

NHKさん、編集をよろしくお願いします。



ps

お土産に、 「 八重の桜・茶 」 をいただきました。

紅茶、緑茶、etc 飲むのが楽しみ。

八重の桜茶



お返しは、約束どおり 「 コラボカップ ねこ 」 です。

関東まで、旅立ちました。

コラボカップ ねこ

飼い猫として、いい働きをしてくれるはずです。






PageTop

やきもの市

豆福とえべつの 「 やきもの市 」 に何年かぶりで行ってきました。

やきもの市

今年で24回目になる。

もしかしたら、十ん年ぶりなのかもしれない。





えべつ市役所の駐車場と会場をシャトルバスで往復。

プロとアマの陶芸家、300店以上のテント村でした。

268番 「 I’m 」

気になる出店があったので、寄ってきました。

コマ№268、出店名 「 I’m 」 です。






若い陶芸家と若いデザイナーの 「 コラボカップ・ねこ 」 を

求めてきました。

コラボカップ ねこ

どの猫も、楽しそーだー。



三連休の最終日に5人のお客の予定があるので

バラを見ながら、コーヒーを飲んでいただいて、

そのまま飼い猫にしていただこうという趣向です。





「 I’m 」 のデザインもなかなかおしゃれ。

「 I’m 」 のロゴ

ついつい、裏表を写してしまいました。

えべつ 「 やきもの市 」 は14日 ( 日 ) 17:00までです。







PageTop

チョット、大仰ですが

チョット、大仰(おおぎょう)ですが、

「 ローズミンタラ 」 の看板をつくってもらいました。

看板

大々的な看板は、恥ずかしいのでシンプルなのを車庫に取り付け。

倅からは 「 ちょっと、チープだ 」 と不評ですが、

もう少し、ましな庭になったら、新しい看板を

「 風のアトリエ 」 のデザイナー、真千子さんにお願いすることにしましょう。





正面には、「 オープン ガーデン 」 の案内板も用意しました。

OPEN GARDEN

春の一番花は、少なくなり始めましたが、

新しく咲く花があったりするので、どれかは、咲いているハズ。

クレマチスのアーチから入って、ご覧いただけます。

クレマチスのアーチはこちら

遠くて、なかなか、お越しいただけない方は、ブログに載せていきますので、

駄じゃれと一緒に、お付き合いください。

スーパースター

スーパースター: スーパースターと言われるだけあって、多忙なのでしょう。

遅咲きのくせに、早く散るという 忙しいバラです。


ふれ太鼓

ふれ太鼓 ぼんぼり咲きの混色、京成バラ園ではポールに巻きつけて大きく咲かせていましたが、

ここではあまり大きくなりません。

木肌が弱いので、そのまま咲かせています。


クレマチス「白雪姫」

白雪姫: クレマチスの白雪姫ですが、とても丈夫で、次から次と花が咲きます。

と言うことは・・・次から次と、花が散る 

花びら拾いが忙しい と いうことでもあります。


アスチルベ

アスチルベ: 明日散るべ と言っても 明日になっても明後日になっても散りません。

比較的長持ち。

散るのは、後ろのカクテルの方でした。


ホップ

ホップ: ビールの苦みの素です。松ぼっくりの小さいような実がなります。

垂直に伸ばすと5~6m伸びるのだそうですが、ウチではちょっとムリ。

2mのオベリスクから横に紐を張ったのですが、横にそれるのは嫌いみたいで行きません。


アップルブロッサム

アップルブロッサム: 八重のインパチェンスでカリフォルニアローズとも呼ばれています。

形と色が、バラそっくりで、豆福、お気に入りの一鉢です。


リスのシッポ

リスのシッポ: 長沼のうどん屋さんの庭にありました。

種を探したのですが、種屋さんでは、扱っていませんでした。

すながわの S さんから種をもらって育てたものです。

風にそよいで、涼しげ。

でも、増える事、増えること、スゴイ繁殖力。

それで、種屋さんでは 扱っていないのかなー。


クレマチス「ダイアナ」

ダイアナ:悲劇のヒロイン、ダイアナ妃にちなんで名づけられたと言われるクレマチスです。

今春購入、やっと咲きましたが、思っていたよりちっちゃい!

ダイアナ妃って小柄だったっけ?


ロイヤル・ハイネス

ロイヤル・ハイネス: 切花コンテストの名花、色、形、惚れ惚れします。


ロイヤル・ボニカ

ロイヤル・ボニカ: ちょっと狭いけれど、プランターに植えてみました。

入れ物が小さいと、花も小さくなるかと思っていましたが・・・あまり変化なし。

来年は、植える地面を探さなければ・・・どこに植えようか? 来年までの宿題です。


右の紫色、左の薄ピンクは、色違いのラベンダーです。








PageTop

てんこ盛


今日は、えびすツアーの日でした。

楽しそう、面白そう、おいしそう、行きたかったのだけれど、

後日の準備があるので、ぐっと我慢!

朝から、庭の痛んだ道具を直していました。

暑くて、はかどらない。





お昼は、夜勤を終え帰って来た倅がパスタづくり。

本格的。

イタリアの「ディ・チェコ」と言うスパゲッティーをゆで、

自家菜園のバジル、松の実、チーズを使って、

「ジュノベーゼ」というパスタをつくりました。

ジュノベーゼ

昨夜のインスタント酢豚とは、雲泥の差。

くやしいけれど、旨い もんです。




夕方、えびすメンバーが、パジェコで来訪。

いやーよかった! バラの多くが咲いているうちに見てもらえて。

散り始めたので、これからは開花株が減って来るんです。

スーパースター

遅咲きのスーパースターも今日の暑さで、ドンと咲きました。





夕食は、倅の友人2人を交えて5人でBBQ

隣町の「神内ファーム」の赤毛和牛ならぬ「神内羊肉」と

Co-opの羊肉との食べ比べ。

co-op羊肉 vs 神内羊肉

値段は、4~5倍の差がある。

はたして、その価値、アリやナシや!




バーベキュー

Yさん自作の ( イカのコンフィ & パン & バジルソース ) が逸品でした。

かくして、旨い食事で、今日のてんこ盛りは、暮れたのであります。

※ ( ) 書きにしたのは、全部Yさんの自作と言う意味です。







ps.結論

神内羊肉

確かに旨い! 癖が無いし、 食べやすい。

・・・・・

でも、これは、ミンタラでは、贅沢品の部類でした。





PageTop

ときを忘れる庭


「 Rose Garden 」 のガイド板の後側には、時計の文字盤が掛けてあります。

「 針の無い時計 」 です。

ときを忘れる庭の表示板

ローズミンタラに浸っていると、ときを忘れる。

この時計で 「 ときを忘れる庭 」 を表現しているつもりなのですが・・・。






ときを忘れる

いつもは、庭にいると、 「 ご飯ができたよー 」 と呼ばれてから

家に入ればいいのだけれど、今夕は、違った。

豆福がボランティア愛ランドで、いないのでした。





とき忘れの庭

日が長いので、ついつい うっかりしていた。

腕時計を見たら、6時過ぎ!

Oh!大変! 今日はボクがおかずをつくる番でした。

倅が作ると、上手いのだけれど、夜勤なので、ボクが2人分作ります。

味は保証の限りでないけれど、使う品物はぜーんぶ食べ物だから、大丈夫!





豆福が用意していった 「 酢豚 」 の素を使って作ります。

なに、なに、

具を強火で3~4分炒める。

そのとき、玉ねぎ1個とピーマン2個を3~4㎝に乱切りしたのを加えると旨い?

それじゃあ、そうしましょう。

次に、ソースを加えて、強火で1分

全行程5分ではないですか。簡単、カ~ンタン!





その前に、みそ汁を用意して・・・。

豆福がこさえて行ったもう一品のおかずと、漬物を出して・・・。

ご飯を温めて・・・。

テーブルマットと、箸を出して・・・。

あれ?ピーマンを買ってきてと言われていたのを忘れていた!

近くのコンビニにひとっ走り。


酢豚

そんなこんなで、食事にありついたのは7時過ぎ。

職場では、 「 準備、段取り、確認 」 などと 「 エラソー 」 なことを言っていたのに、

日常生活では、いやはや、段取りの悪いこと!

他人様にはお見せできないクッキングでした。





ps

バラの虜(とりこ)

今宵は、こんな夢を見れるといいなー!





PageTop

クレマチス

あいにくの雨。

折角きれいに咲いたのに、痛めつけられている。

雨があがったら、手入れをしなくっちゃ。



バラにばかり目が行っていたけれど、

挿し木が根付いて、冬越ししたクレマチスを

地植えしたところ、花をつけました。


クレマチスの挿し木

右上の白いのが 「 白雪姫 」 の挿し木、

右下のピンクのが 「 ピンククレマチス 」 の挿し木です。

何年かすると、それぞれ左の親株のようになると期待しています。




のらクレマチス

そう言えば、ノラのクレマチスは、花が終わって

風車のような種をつけました。

ノラ花候補生のできあがり (?) です。

よそ様にご迷惑をおかけしないように、これも、手入れかな。





PageTop

しあわせな時間


見頃になりました。

春先、あんなに寒くて、桜の開花も遅れたのに、

バラは、いつもの時季に咲きました。

背丈は少し低めだけれど、花を見るのには、都合がいい。





毎朝、何が咲いているのか、期待に胸が膨らむ。

見回りをして、花柄を摘んで、

「きれいだ!」と声をかけて・・・。

日がな一日、バラの下僕。





百万言よりも、一見でした。

ローズミンタラの、今日をご覧ください。


クレマチスのアーチ

ウエルカムゲート




アスピリン&カクテル

カクテルのラティス前のアスピリンローズ




額縁

今年、新規作成した 額縁です。




白雪姫&ホスタ

クレマチス、名前は 「 白雪姫 」 といいます。




原種バラ

バックヤードで咲いた原種のバラ、一季咲きです。




クイーンエリザベスなど
エリザベスなど。




ガーデンパーティなど
ガーデンパーティなど。



ランドラなど

ランドラなど



亜麻など
亜麻など。




レッドクイーンなど
レッドクイーンなど。




ね、こんなバラたちに囲まれたら、時間が経つのを忘れてしまうのです。

しあわせな時間です。




PageTop

いわみざわだベアー


岩見沢で札響 ( さっきょう ) のコンサート。

開基130年、市制70周年を記念しての野外コンサート。

市民でなくても、整理券だけで入場OK。

札幌帰りの豆福と岩見沢駅で落ち合って行ってきました。

お天気が良いのはいいけれど、良すぎ!、日陰もない。

ヒトの天日干しができそう。

無料 ( ただ ) のコンサートは、忍耐力が必要でした。

野外コンサート

救いは、心地よい風が吹いて、森から蝉の声が届いてきたこと。

目を閉じていると、かき氷をイメージできましたよ。




コンサートを終えて、会場に隣接するバラ園に行ってみました。

今月、バラサミットが開かれる。

さぞ、手入れがされて・・・と思っていたのですが、

古いバラを総入れ替え中で、肩透かしに逢ってしまった。

バラ公園

かつてのバラ園を知っている一人としては、「残念」のひとこと。

2~3年たったら、きっと期待に応えるバラが咲いてくれることでしょう。



アレ!

広場で、オブジェらしきものを一人でつくっている人がいる。

近づいてみると、クマのオブジェ制作中

体躯はブドウなどのツル、口にはタワシ、足にはビニールポットの靴。

岩見沢だベアー

作っている人は・・・どこかでお会いしたような・・・

そうでした。砂川の子どもの国の花会議ボランティアでお会いした人でした。

bareのお母さん

タイトルを聞いてくるのを失念してしまったけれど、

道外からバラサミットにお越しの皆さんからは、

北海道らしさを見ることができて喜ばれることでしょう。

このクマは、勝手に 「 いわみざわだベアー 」 と命名しました。







PageTop