ローズミンタラ

プレ爺

23日のブログ、 「 迷い道 ゆら ゆら 」は、

Prezi ( プレジー⇒プレ爺 ) でつくったのに

静止画のコマ切れで、動きを伝えられなかった。

残念。

これが全体画面です。右往左往の足跡だらけ!


昨晩、

パソコンサークル 「 えびす 」 でブログへの埋め込み方法を

ならってきました。 さっそく試してみます。

まん中の矢印のところに手のマークが出ますので、クリックしてみてください。

画面、下側の右矢印をクリックするたびに画面が移動します。

レッサーパンダのところでは、パンダの画面をクリックしてください。

レッサーパンダが右往左往して悩んでいる動画です。

次にまた、下側の右矢印をクリックしておしまいとなります




ね、パワポより アクティブだったでしょ?






ps

埋め込み方法を間違えて、再指導。

完成したのが、先ほどの プレ爺です。

えびすはリモート実地指導?なので、ありがたいです。


間違い作は、リンク先へ飛ぶものです。

リンクにした方が、手間が多い。

下のリンクをクリックすると、Preziに移行して、

「 迷い道 ゆら ゆら 」 が出てきます。

後の操作は、先ほどの矢印操作と同じです。

このブログに戻るときは、左上の戻る矢印(左矢印)をクリックすると、戻れます。



迷い道 ゆら ゆら


これは、先の画面より、めんどっちいね。 反省!





PageTop

虹の橋と名医

ブッチとお別れをしてきました。

砂川の斎場

煙となって煙突から空へ舞上って行くのだと思っていました。

ところが、斎場には煙突が無い。

あるのは、無煙・無臭装置。

どうやって空へ行くんだろうか?

・・・・・

外に出ると、背の高い鉄塔が見えた。

きっと、あれで、星座に行くんだな。

あのふくよかな、ゴージャスな、華やかなブッチとは、

もう会えなくなってしまった。




豆福は、寂しくて 心ここにあらず だけれど、

コンサートと演劇に一緒に行ってきました。

少しでも気分転換になれば、いい。







音の玉手箱プログラム

26日 ( 土 ) は、コンサート 「 音の玉手箱 」

会場は奈井江のコンチェルトホールです。

地元出身で、バイオリニストとして東京で活躍中の 

SUENAGA CHIKOさんが、スペシャルゲストとして出演

旧知の人が 「 ちこちゃ~ん 」 と声援を贈る。

豆福もCHIKOちゃんの子どもの頃を知っているので

懐かしそう。すっかり大人になって、聞き惚れる演奏。

琴との合奏で 「 春の海 」、ソロで 「 無伴奏ソナタ2 」、

そしてピアノとの合奏。ゆったりとした時間が過ぎて行った。





チケット

後半、ロンドカプリチオーソを奏でているとき、

豆福が急に体を震わせて涙を流し始めた。

バイオリンの一瞬の音程が、ブッチの叫び声を思い起こさせたらしい。

ウ~ン ブッチは手強い。








27日 ( 日 ) は演劇 「 月の虹 」

月の虹パンフレット

出演する sea ちゃんから facebook にメッセージが届いた。

「 ぽっかり空いてしまった心の穴…

『月の虹』でチョットでも埋まればいいなぁって、思いを込めて歌います。 」

ありがたいことです。








音楽劇でした。



メインテーマ「月の虹」

テーマ曲 「 月の虹 」 を聴きながら 「虹の橋」 のことを思っていました。

この散文詩の概略は、

「 この世を去ったペットたちが、天国の手前の草原に行きます。

老いや病気から回復して元気な体で仲間と楽しく遊び回る。

まるで過ぎ去った日のように。

しかし、たった一つ気がかりなのが、残してきた大好きな飼い主のこと。

ある日、草原に向かってくる人影が映る。

懐かしいその姿、ペットは喜びにうち震え、

その人の腕の中に飛び込んでいく。

そして、離れることは、もう二度とないのです。

飼い主がこの世を離れた日、ペットと再会し、

一緒に虹の橋を渡っていく。 」 というものです。



豆福、ブッチを忘れるなんて できやしない。

ウチでなら、泣いてもいいよ。

きっと、いつの日か、また、会えるよ。

それまでの辛抱だ。

それまで、ゆっくり、心やすらかに行こうよ。









ps

O仙人も一緒に泣いてくれた一人です。

昨年、愛犬を亡くされ、当方の心情を察してくれたのです。

「 何とか 忘却 出来かかっている 状態です。

時間という 名医に お願いするより 他に方法は ありません。 」


仙人でさえ時間がかかる。まして、・・・・

名医が治してくれるのを じっと待つのみです。

今年の冬は ことのほか寒い。 春が遠い、待ち遠しい。





Tさんもペットを亡くされて1年間は平常心を保てなかった

のだそうです。

忙しいのに、励ましをありがとうございました。



多くの方から、励ましをいただきました。

何物にも代えがたい良薬をいただきました。

あらためて、お礼申し上げます。

どうもありがとうございました。

なんとか、気持ちを切り替えて、

楽しい話題を載せていきたいと思っています。

春が来ると、また、バラのお話をできるのですが・・・

早く、雪解けが来るといいですね。
















PageTop

思ひ出

ブッチ君のご冥福をお祈り申し上げます

ブッチの旅立ちに際して、元の飼い主から花束が届けられました。

白無垢のリボンと空に舞い上がる羽根になりそうなオンシジューム。

いつも、気にかけていただいていることに感謝。

旅立ちに嬉しい贈りものでした。





ひめだるまの表紙を飾ったブッチ

ブッチがうちの子になったのは2001年の12月。

「 ひめだるま 」 のホームページの看板猫だったのを譲り受けたのです。

ブッチはANAの動物お子様便でフライト

千歳へ着くまでの間もブリーダーさんは

心配で何度も携帯電話をくれたのが、つい、昨日のようです。




ジローが来たばかりの頃

ジローがウチに来たのが2005年の4月。

ブッチは、着かず離れず、面倒を見ていた。

特段、仲がいいとは言えないが、悪くもない。

互いに自立しているんだと思っていました。





ふて寝?

ところが、ブッチが居なくなってから、様相が一変した。

あの食欲の権化のブッチがいないと、食べ方が、がた減り。

チョッカイを出す回数も減って、長椅子でふて寝?

相棒がいないと、こんなにも態度が違うものか!

依存し合っていたとは、驚きでした。






これは デブッチ です

これはブッチが最盛期の姿です。

すっかり、オヤジ寝姿ですが、ほのぼのして、

幸せな夢を見ているような姿で、好きです。

こんな姿を衆目にさらして・・・ブッチは怒っているかな?





お風呂場ブッチ

お風呂場も好きで、手桶から、おいしそうにお湯を飲みました。

一段落すると、手桶をひっくり返し、そこに顔を突っ込んで、また飲むのです。

このときのあだ名は、お湯呑みブッチです。

お茶目な姿の一コマです。






このカゴが好きでした

ハンモックとこのカゴが好きでした。

ジローと競い合うように、この中で寝ていたのです。

それで、病院から、ブッチ最後の報せが来たときに

このカゴで迎えに行ったのでした。

つらい別れでした。

倅も、自分のブログで別れを悲しんでいた。

ブッチは、もう、すっかり家族の一員だったのです。

豆福の嘆きは、悲痛。

もっと、ブッチのためにできることがあったはずだと、

苦しんでいる。

ペットロス症候群という言葉だけでは片付けられないものがある。

何とか紛らわそうとしている姿が痛々しい。

豆福がこんなに苦しんでいるのに、ボクは何にもできない。

無力で情けない。

気にしてくれて友人からメールや電話をいただきました。

どうもありがとう。

時間はかかるかもしれないけれど、何とか、復帰するはずです。

ブッチとは、明日、斎場でお別れしてきます。



















PageTop

レクイエム

寂しい話題で恐縮です。

豆福の愛猫ブッチが 「 冬の星座 」 に行ってしまいました。





あれが、欲しいな

お正月には、ブッチとジローが並んでバードテーブルを見ていたのに・・・

あの食いしん坊が、自力では、食事も水もとれなくなり、点滴で補液

呼吸が苦しく、寝たきり状態となってしまった。

腎臓・肝臓が機能しなくなり、多臓器不全。

月曜から入院していたのだけれど、今朝未明に

旅立ってしまいました。






カゴの中で熟睡中

「 まだ、逝くには、早い 」 と思いながらも

白バラを用意して、車で病院へ。

身体はきれいに拭かれていて、いい匂いもする。

今にも起きて歩きだしそうな寝顔。

大事に看病されていたんだね。

「 お手数をおかけしました。どうもありがとうございました。」






白い桜並木?

ブッチ愛用のカゴに入って帰還。

帰り道、川沿いの木々の梢についた霧氷で

まるで、白い櫻が咲いたように見える。

澄んだ青空に白い桜並木

ブッチは、大空へ旅立ってしまった。





我慢していた豆福に嗚咽が走る。

どうやって慰めたらいいのか・・・

こちらも鼻の奥がツーンとする。

生き物に 「 生老病死 」 は付き物だと分かってはいても

気持ちが、伴わないのだろう。

「 おだやかな寝顔だったのだから、

苦しませずに送ることができたと、思うことにしようよ。」






兄ちゃん、お帰り!

お帰り! 待ってたよ。





弔辞

13歳を目前にして SORAへ舞い上ってしまったブッチ

お前が 我が家に来てから11年 

豆福に甘え 籠絡し 心をわしづかみにして 主従逆転を成し遂げた

元の飼い主からも可愛がられ キャットショーでも知り合いが多く 人気者でした

北海道の風土が気に入って のびのびと育ち 

相棒のジローとはまるで 「 トムとジェリー 」 の様相 

「 仲良く喧嘩 」 していたときが 思い出されます

朝は 相棒と一緒になって 豆福を起こしに行き 

台所では ご馳走が降ってくるのを期待するかのように豆福の足元で待っている

大きな白いおなかを天に向けての昼寝は 見ているだけで しあわせでしたよ

お風呂場に一緒に入り 手桶から お湯を飲み お湯が無いと 催促する

豆福の布団に飛び乗って 足元で高いびき

そのどれもが もう 無い

豆福の心にぽっかりと空洞ができてしまった

どうしてやることもできない 切ないだろうな 

ブッチ 帰ってきてやれよ

相棒のジローもお前がいないと なんか変だよ

あまり食べない ウロウロとして昼寝もしない やっぱり帰ってこいよ

帰れないと分かっているのに つい口に出る

ブッチ  ブッチ  おーい ブッチー

・・・・・

ブッちゃん今までどうもありがとう お前がいてくれて 楽しかったよ 

星座に着いたら 太郎や親族 仲間たちが迎えてくれるはず 仲良くな



          平成25年1月24日

                           笑門庭大福





兄ちゃん、まだ、起きないの?


追記

感傷的な話題にしてしまい、すみません。

親バカと言いますか、飼い主バカの戯言だと、笑い飛ばしてください。

ここまで、お付き合いいただきましたこと、感謝申し上げます。

どうもありがとうございました。















PageTop

迷い道 ゆら ゆら

プロジェクター画面
prezi (プレ爺)の発表会でした。






えびすの教室

手前のPCはK夫妻が操作しているところ。

向かいの空席が、大福席。

当日は楽しい発表会になりましたが、

とりあえず・・・

ボクの作品を見ていただきます。



プロポーズしようとしている若者が、

彼女に何を持っていこうかと迷っている

心の内を表したつもりです。






①彼女へのプレゼントは何がいい?








赤いバラにしようか?









それともピンク?









それとも黄色いバラ?









迷っちゃう~ (右往左往する動画なんだけど・・・)

これは、レッサーパンダが、行ったり来たり、ウロウロしている動画なのです。

ブログに動画をアップする方法が分からず、

やむを得ず静止画のアップになってしまいました。

ブログの知識と技術が追いつかず、当方もウロウロ、苦戦中。









花よりダンゴ、コレで決まりだ! 

これに決めました。









これが全体画面です。右往左往の足跡だらけ!

全体を見渡すと、このような動きなのです。

プレ爺では、この足跡の動きに合わせて、画面が動き回ります。

パワポよりもアクティブ。







おしまい。 ご笑覧いただき、ありがとうございました。















PageTop

雪のいたずら

雪が降っていて、外には、出たくない。

そんなときでも、

運が良ければ、家の中から

楽しい造形に出会えるときがあります。




屋根

お向かいの屋根。

普段はこんな風なのに、






心電図?

或るときは、①心電図のデータのようになり、






ゴジラの親子

或るときは、②ゴジラの親子のようになります。

周りを見ると、いろんな形が。






シャチホコになりたい

③「シャチホコ」になろうとしているのがあったり、





パンチパーマのお兄さん

④ヘルメットのお兄さんがいたり、




スヌーピー

⑤スヌーピーまで、いるではありませんか。




降る雪にも、大人と子どもがいるのかも。

これらをつくったのは、まだ、こども。

イタズラ盛りのわんぱく坊主。





ps

豆福からは、 「 そんな風には見えないかも・・・ 」 と注意。

①~⑤のように見えなかったら、なにとぞ、ご容赦ください。

















PageTop

冷気急降下

おだやかな風、朝陽に塵雪が舞い、煌く。

見ている分にはきれいだけれど、頬がビリビリと痛い。

瞬きをすると睫毛がくっつきそうになる。

寒い!



「雪の降らない夜は、放射冷却で翌朝は寒くなり、

雪が降る日は、そんなに寒くない」はず。

けれど、最近は、「寒くて、なおかつ雪が降り続ける」




降った雪が融けずに、どんどん高くなり、ついに排雪が入った。






ロータリー車が来た


「♪ 融けて流れりゃ 皆おなじ・・・」なんだけれど

溶けない。






排雪中

団地内の通路を確保 

積もっていた雪は、見た目よりも固くて、重い。






雪捨て場にトラック出発

トラックに積み込んだ雪は、雪捨て場へ出発





積み込み中 前方から

ロータリーの前方からも一枚。




ps

珍しく、東京都心に雪が降った。

ベチャベチャ、ツルツル、てかてかになり、

人を転倒させ、交通が滞った。

言葉遊びをすると

「都(と)の道(みち)が凍った」=「都途凍った(滞った)」

状況になった模様。

雪は、水に戻ったらしいけれど、

こちらでは、除排雪をしないと、家に軟禁状態になってしまう。




排雪された翌朝、スッキリ

排雪後の翌朝は、道路も広くなって、スッキリ。














PageTop

「えびす」で prezi

パソコンサークル 「 えびす 」 の新春セミナーは、

プレゼンソフト 「  prezi  」 の講習会。

「 prezi 」 は、プレジーと発音するらしい。





1.会場は「ゆう」

会場は、いつもどおり「 ゆう 」

プレゼンソフトなら、「 パワーポイント 」 が、あるじゃない。

何で、「 prezi ( プレ爺 )」 ソフトなんじゃ?





2.変な翻訳

プレゼンソフトの爺( じじい )版、略してプレジーか?

オイオイ、このソフト、「 英語 」 だよ。

あれ? 日本語に翻訳された。・・・でも、変な日本語!




3.セミナー受講中

プレゼンを見せられて分かったことは、

展開する流れがパワポよりもアクティブだということ。

見ていて飽きない。

これは、大事なことかもしれない。





2.セミナー受講中2

早くも宿題が出された。

先生の顔はニッコリだけれど、言うことは厳しいわ。

「 来週まで、動画を含めて5点程度の画像で作品をつくって

来ること。 」

ウ~ン、なんぼ爺 ( じじい ) 用のソフトでも、

ワシの頭じゃ、一度では覚えきれないぞ。






prezi 画面

曲がりなりにも、一つ できました。

タイトルは「迷い道 ゆら ゆら」

正月気分が抜けないのか、頭の中は、まだ、酩酊状態。
























PageTop

ニューイヤー・コンサート

ニューイヤーコンサートポスター


豆福と 「 ニューイヤー・コンサート 」 に行ってきました。

ウィーン・フィルハーモニーのニューイヤー・コンサートは、元旦。

ワルツやポルカなどが演奏される。

でも、ボクには、チョット縁遠いかな?




ゆうの入口

地域交流センター 「 ゆう 」 のニューイヤーに行ってきたんです。

ウィーン・フィルハーモニーに倣って

オペラ「こうもり」序曲で始まり、ポルカ、カンツォーネ、

オペラ、オペレッタと続き、アンコールは、生手拍子でラデッキー行進曲







コンサート舞台

「 ゆう 」 の舞台は、演劇用なので、

オーケストラが演奏するには、ちょっとつらい。

30人の団員が反響板を使って演奏しても

コンサートホールと比較すると、かわいそう。







コンサートプログラム表紙

そうそう、このオーケストラの名前は

「 HARUKA 」 といいます。

ソプラノの亀谷さんと、テノールの岡崎さんの声量には圧倒されました。

体にビリビリと振動が伝わってくる。

小規模といえどもオーケストラの生演奏を身近で聞ける

ということは幸せなことです。




グラスワイン200円

しかも、休憩時間は、ワインバーまで登場。

ニューイヤーならではの、お楽しみでもあります。

















PageTop

たくらんけ

「 たくらんけ 」 とは、北海道の方言で 「 愚か者 」をさすのだそうです。

「 馬鹿、アホ 」の類。

最近は聞かれない言葉です。

そういえば、子どものころ、悪さをして、

大ばあさんから 「 この、たくらんけが! 」 と怒鳴られた覚えがあります。

その時は、怒られたことは分かったのですが、意味は分かっていませんでした。





裏磐梯

今朝のNHK「 さわやか自然百景 」 では、福島県裏磐梯の

雄国沼の四季が放送されました。

季節の移ろいと、野鳥の紹介。





カッコウがオオヨシキリの巣を乗っ取り

その中で、カッコウ( 郭公 ) がオオヨシキリの巣に卵を産みつけ、

オオヨシキリに卵の世話をさせる 「 托卵 」 の話がありました。





自分より大きいカッコウに餌を与えるオオヨシキリ ウィキペディアから引用

「 カッコウの雛は短期間(10-12日程度)で孵化し、巣の持ち主の雛より早く生まれることが多い。

孵化したカッコウの雛は巣の持ち主の卵や雛を巣の外に押し出してしまい、

仮親の育雛本能に依存して餌をもらい、成長して巣立っていく 」 というものです。




カッコウのヒナに餌をやるオオヨシキリ

この 「 たくらん 」 ということばで 「 たくらんけ 」 を連想したのです。

騙されたオオヨシキリが 「 ばか 」 なのか、

子育てをできないカッコウが 「 あほ 」なのか分かりませんが、

この 「 たくらん 」 行為と 「 たくらんけ 」 とは

発音も意味の深読みも似ていると思いませんか。

モシカシテ 「 托卵 」 が 「 たくらんけ 」 の語源であったりして・・・
















PageTop

不思議だね

花を活けると、頻繁に水を替えるか、

延命剤を入れておかなければ、長持ちしない。

水が、ダメになるから。




そんなものだ と 思ていました。

ところが、枝を水に挿して根が出ると、

1 か月以上たっても 水は腐らないんです。


不思議だ根①

葉がきれいなので 初冬に挿したアイビーです。





不思議だ根②

根は、「 水分や養分を吸い上げる 」 機能だけだと思っていました。

でも、一昨年に水差しした 「 アメリカンブルー 」 や 「 ねこのシッポ 」の

水もあきれるほど長持ちでした。






根は吸うだけではなく

水を延命させる物質を出しているようなのです。

ウ~ン、これは、「 不思議だ根~ 」







不思議だ根③


確かめるには?・・・検査機器もないことだし、同種類の花を

① 「 花 」 だけ水に挿したものと、

② 根が出ている 「 アイビー 」 と 「 花 」 を一緒にしたものの

2種類を用意して、

水を取替えないで、どちらかの花がしおれるまでおく。

差が出るか、出ないかで、延命効果が分かりそうな気がするのですが・・・。





不思議だ根④


確かめるのは・・・後日?















PageTop

ずんぐりムックリ

午前9時になっても外気温は、マイナス13℃





外気温 マイナス13度

年が明けてからプラスになったことが無い。

寒さが溜まっていくような気がしてならない。




ムクドリ飛来

野鳥食堂を開業していることが、知られたのか

薄暗いうちから、かすめ飛んできます。

相当強引な鳥です。





ずんぐりムックリ

ずんぐりムックリで、足もくちばしもオレンジ色。

しっぽが短い。





図鑑 「北海道の野鳥」

「ずんぐりムックリ」は、ムクドリでした。

これも越冬するのが増えているんですと。

30年以上前に買った「北海道の野鳥」図鑑が、今頃、大活躍。





いつものメンバー

上品な「バードケーキのレストラン」は、閉店しました。

食べやすいので、すぐ、食べ物が売り切れてしまう。

代わって、7日から、「団子の食堂」を開店しています。

コレだと、2~3日は、もつんです。















PageTop

富くじ

年末ジャンボ宝くじ

そりゃ~期待しましたよ。

「 あんなもの買ったら 買っただけ 損するだけだよ 」 と言われながら、

「 買わなきゃ 当たることは ないじゃない 」 と言って 買いましたよ。





富くじ

豆福が連番で10枚、ボクはバラで10枚。

それが両方とも 当たったんです。

ダブル当選。 5等賞と6等賞。






富くじ売場

配当金は、5等賞3000円、6等賞300円。

な~んだ! 投資額+300円じゃないの。

そうなのですが・・・ワガ家では、珍事。





糖コントロール食

当籤金は、糖尿病ブッチの「糖コントロール」食と

パソコンの光コントロール用品に投資?





メガネ+カバー

度つきのパソコン用メガネは、2~3万円。

このクリップ型のカバーだと、その十分の一。

効果が同じなら、カバーでOK。





メガネonクリップ

ちょうどいい大きさのが無くて、大き目のを購入。

さっそく、コレをかけて、このブログをつくりました。

快調、快調。 

( 本当は、まだ、慣れていないので、強がりです。 )


跳ねあげてもOK




「 当籤(金)、身につかず 」 と言いますが? それは、本当。

当籤金+α の出資となりました。















PageTop

新年会


「 砂川市の新年交礼会 」 と 「 えびすの新年会 」 が同日に開催。

開催時間にタイムラグがあったので、両方かけもち。






とりあえず、びーる


えびす新年会の会場は隣町のお店。

アラフォーのスタッフが大多数だけれど、

この分量、食べきれない。


なべ

にく

てり~ぬ

にくふらい

たら ふらい

あつかん

しめ うどん

ぱふぇ

豆福は豆福でコーラスの新年会

二人とも、まだ、いくつかの新年会がある。

腹も身の内とはよく言ったもの。

今月中は、七草粥を続けたほうがいいかもしれない。





ps

朝、メールをあけると、

えびす先生から「新年の抱負を絵馬で提出せよ」と新年早々の宿題。

勿論、PC上での絵馬なのですが、送信時間は夜中の1時51分

いつ寝ているんだろう?
















PageTop

判明しました

固定客が、よくおいでになる レストランになりました。

レストランは大盛況

スズメは常時、シジュウカラは、しじゅう来ます。

大盛況の割には、儲かりません。

食事料金は、モデル料と相殺のようです。



たまに、ヤマガラが来て、??が来て、

オオモズらしき野鳥も来るのですが、

すばやくてモデルになってくれない。

オオモズだったら、この辺では、貴重(貴鳥)らしい。





ここから写真を撮るんです

外から猫が丸見えの状態で待っていても、警戒されてダメかな?





粘度を高くしたバード団子も、なんのその、パクパク食べる

大食漢が判明しました。

団子を網で巻いて、食べるスピードを制御し、

リンゴをサービスしたら、長居してくれました。




ヒヨドリ 2羽!

よく、よく見ると、ヒヨドリでした。しかも2羽。

分かってみれば「ナ~ンダ!」というものですが、

ヒヨドリは、冬は本州へ渡っていくことで知られている。

最近は、留鳥も増えているんですと。




アカゲラも常連客になりました

アカゲラもレストランの常連客になりました。





あかげら、ひよどり、すずめ、三者会談?

アカゲラ、ヒヨドリ、スズメの三者会談が行われた模様。

どんな盟約が結ばれたのかは、おいおい判明するかと思われます。















PageTop

年賀状

ウチの年賀状のお題は、「 笑門来福 」



「 笑う門(かど)には福来たる 」

これをもじって、ブログ名管理人を 「 笑門庭大福 」としました。

皆で笑えて、福を感じられるといいなと

思っています。



笑いは、免疫力をアップさせるのだそうで、「 笑い療法士 」 なる

JOBもあるとか。

きっと、落語や漫才の人は、「 笑い療法・有段者 」 でありましょう。



1月3日の道新に四コマ漫画で 「 お題 」 が載っていましたので

ウチの年賀状と併せてご紹介します。

笑門来福







いただいた年賀状も、すこし、ご紹介します。

これは、名付けて、「 楽し巳 (たのしみ) 」

楽し巳







これは、「 巳で鯛な 」 です。

巳で鯛な!




年賀状の版画の花に負けないよう

雪が融けたら、「 巳ンタラ 」 のバラづくりにいそしみます。


















PageTop

大食漢

始終(しじゅう)来る シジュウカラ

雀と四十雀がしょっちゅう来ている。

「 始終(しじゅう)来るからシジュウカラ? 」

珍しく、豆福がダ洒落で、ボクのお株を奪った。



お天気もいいし、ブッチの調子が持ち直したので

豆福の気分も回復したんだろう。

ブッチは尿検査の結果、糖尿病と判明。

これからは、食事療法でコントロール







庭のバードケーキは、加速度的に消費され、

今朝は、ほとんどない。






野鳥のエサ 団子

それでは、と、ご飯を混ぜ込んで、少し粘度を高くして、

バード団子をつくってみた。








大食いの?(ハテナ)鳥+スズメ

雀や四十雀より大型で、しっぽが長めの鳥が来た。

暗いので、色がよく分からない。

何なんだろう?





ウチの大食漢は 「 ブッチ 」 と思っていたが、

この鳥も相当な大食漢。

朝の団子を、突くというよりは、パクパクと食べる。

そんなに食べたら、お前も、糖尿病になるぞ!
















PageTop

快調? いや快腸?

ブッチのかかりつけ医は、「 なんぽろ動物病院 」

ここから50kmほど南



遠いけれど、高速道路を経由すれば、1時間以内に着ける。

お天気は、まあまあ。 ブッチを連れてドライブしますか。



ブッチが 「 行きたくない 」、「 行くな 」と祈ったのか、

なんと、高速道路が通行止め!

南へ行くほど、お天気が悪くなって、吹雪。




ここ、苦手なんだよな~
( 体重11.05㎏  昨年9月は12kg )

所要時間は約2時間! いつもの倍以上かかって病院に到着





腸のレントゲン写真 ウネウネと・・・

問診の後は、レントゲン

巳年にちなんで、うねった腸が写っている。

12歳7か月ともなると大型猫は腸の蠕動が鈍い。





チョット血液もらうよ・・・・・ヤダ!

血液検査の結果は、

腎臓が弱っており、糖尿の気もあるもよう。





ブッチの血液検査





点滴中

便秘の処置をして、補液をしてもらった。

いやがるけれど、おとなしい猫なので、

スタッフの方に頭をなでられて完了




「 さあ、終わった、早く、帰ろ、帰ろ! 」

帰り道も・・・猛吹雪・・・渋滞




岩見沢市内・・・渋滞で動けない

岩見沢は、昨冬に続いて大雪、国道が渋滞で、進まない。




岩見沢郊外

岩見沢郊外でも渋滞。大雪で中央分離帯の雪が高くて対向車線が見えない。






美唄郊外

美唄を過ぎると青空!?

ちょっと走っただけで、劇的に変化するお天気

帰り道も2時間オーバー





おウチに着いた!

帰ると、ネコ語で 「 おウチについた~! 」



やっぱり、おウチでご飯が、一番だ~!

「 ヤッパリ、おウチがいいね。 ごはんがおいしい! 」



補液と便の処置をしてもらったせいか、食欲が復帰。

一緒に行った豆福の顔色も良くなりました。



腸の調子も整えないとね。

快腸になるように、ビオフェルミンを飲ませることにしますか?













PageTop

ジャリンバ初詣

砂川神社の初詣には、すでに行って来たけれど、

砂川神社




今日は、ジャリンバ初詣。

大雪山の麓(ふもと)から石狩川の流れにのって、

砂川にたどり着いた神様、「 ジャリンバ 」 が

街の中にお越しになった。



大雪山のカムイミンタラ ( 神々の遊ぶ庭 ) は、

「 ローズミンタラ 」 の語源でもある。 

これは、初詣に行かなくっちゃ。



この神様は、なかなかのご利益。

お賽銭は、砂川市図書館に蔵書として寄付されるので

“一度で二度おいしい” カミサマです。





ジャリンバ 氏子? 参拝者 取材の新聞記者

金砂利をちりばめた赤いジャリンバと

銀砂利をちりばめた青いジャリンバが、

金色のスコップを木槌で打ち鳴らし、

「 そなたの望みをかなえるジャリー 」 と唱える。




御神体? 賽銭箱

豆福の愛猫「ブッチ」の調子が良くないので、

「 ブッチに元気を! 」

「ブッチが元気になるように 」 とお願いした。






お守り 願いが叶うジャリ 「元気にな~れ」

帰ってきてから、お守りをブッチの傍に・・・





お守りの「V」サイン

明日は、獣医さんの御用始

連れて行くから、元気になるんだよ!

快癒を祈願して、お守りでVサイン。
















PageTop

初夢、初仕事

“ 一 富士、 二 タカ、 三 なすび ”が、初夢の縁起物。

が・・・今朝、起きてみたら、夢を思い出せない。

ウィキペディアによると、初夢は「 元日( 1月1日 )から2日の夜、

または、2 日から 3 日の夜に見る夢とされることが多い 」そうなので、

今晩の夢は覚えておくようにしよ~っと。




ゆき布団

外は、昨日と打って変って、いい天気

ミンタラのバラは、雪の布団で眠りの中。

彼女たちは、何を夢見ていることやら。

できることなら、ご一緒したい。




特製 バードケーキ

今年の初仕事は、「 バードケーキ 」作り。

エサ場として認知され始めたのか、

どんどん食べにくるようになった。





アカゲラ 参上

アカゲラなんぞ、毎朝。

( バードテーブルの左側にとまりました )





ふくらスズメ?

スズメが団体で来ると、鳥見台?のブッチとジローのシッポが左右に 「 ゆっさ・ゆさ 」





ほしい、ほしい、とって、とって!

「 ケーキ 」 が無くなるのが早いので、置きエサにも網を付けようとすると、

豆福曰く 「 網が邪魔して食べれないのがいるから、つけない方がいいよ 」

ウ~ン、相手は無銭飲食の輩 ( やから ) だけれど、モノは考えようか。

“こいつは、春から、 「 景気 」 がいいや”と思うことにして、

セッセと作らせていただきます。ハイ。
















PageTop

迎春

あけましておめでとうございます

今年が 佳き年でありますよう ご祈念申し上げます



巳年の土鈴

今年も 拙ログ(つたないブログ)を続けてまいります 

おちょくり歓迎!

お付き合いのほど どうぞ よろしく お願い申し上げます。





さっそく、拙宅にご案内を申し上げます。

お正月には、門松???

砂川市の門松

チープに見えますが、これぞ「エコの先駆け」?

まちの広報誌に入ってきます。

子どものころからこの門松で新年をお出迎え。





玄関ドアには、お正月のリースを。

お正月リース







新年を迎える花は、豆福の作品

お正月の花

ダイオウショウ、千両、黄色のバラ、フリージア

外は、吹雪。モノトーンの世界ですが、

赤、黄、緑の彩りでお出迎えします。





賀正飾り

賀正オーナメント

オーナメントは、チャコさんの作品です。




ps

ゆうげには「おでん」が登場する予定です。

昆布・鰹だしに、大根、里芋、コンニャク、油揚げで包んだお餅

タマゴ、蒲鉾、キンチャク、フキ、ワラビ、笹の子などを煮込んで

お神酒を熱燗にしていただくのです。

ほろ酔いで、熱いおでんをつまみながら、ゆったり、のんびり。

お正月のぜいたくな時間。


まだ、時間が早いので、写真は × ( まだ、ありません )






psのps

おでんが出来上がりました。

雪と風がひどい元旦、閉じこもりの一日。

おでんでき上がりました

ちくわ、はんぺん、蒲鉾などが、ポコポコに膨れました。

これ、3人で食べます。  食べすぎかな~?


おでん

まず一皿



旨煮

KAZUKOさんの旨煮、極旨!

吹雪の中を豆福の弟夫婦が 「 旨煮 」 を届けてくれた。 ありがとう。

これがおいしいんです。 この味には、豆福も脱帽。



玄関の壁にチャコさんのお正月飾りを追加しました。

「おめでた飾り」 作:チャコさん


あらためて、祈念します。


「 今年が 皆様にとって佳き年でありますように! 」




















PageTop