ローズミンタラ

わすれもの

コロポックルに逢いたくて、フキの下に置いたキャラメル・・・

大き目の靴下に入れたサンタへの手紙・・・

あのころを忘れていた。




北海道新聞サンタクロースの広告記事

引き出しに入れて、そのままになっていた忘れ物を

思い出させてくれた北海道新聞(略称:道新)の広告記事。




11月19日(月)の広告ページ

第 1 弾は、11月19日(月)

「 サンタ捜索チーム始動 」

聖夜の奇跡信じ正体解明へ全力



11月28日(水)広告ページ

第 2 弾は、11月29日(水)

「 サンタクロース、釧路視察!? 」


釧路湿原・釧路市内上空 目撃相次ぐ

発見された足跡、一昨年と一致




ツリーに最適!

ローズミンタラ近くのツリー。

雪が飾りです。




どうしん夢プロジェクト 」のサンタ捜索は、今年で3年目

トナカイレーダーや高性能集音マイクも用意したらしい。

12月は、童心に還って、サンタの捜索を心待ち!?

ちょっと遊んで、クリスマスツリーにしました。

ツリーの写真をpicasaでアレンジしてみました。

クリスマスツリーに見える?














PageTop

根雪到来

初雪が降ってから10日目。



降り止まない

初雪が融ける暇もなく、次々と雪が降り、降り止まない。



フジの枝に着雪

フジの細い枝にも着雪

電線に着雪

電線、電話線にも着雪

重い湿った雪

屋根は勿論、樹にも、電線にも張り付き

自分の重さに耐えられなくなって、崩れ落ちる。



勾配のある屋根の軒先では、1㎜、2㎜・・・1㎝、2㎝と伸び出し、

転げ、落下し、先に着地した仲間と合流。

三角の板が連なったように地面から生えてくる。


雪の日はライトを点けて走行

「大雪、風雪、着雪注意報」が発令された。

道南では、「暴風雪」で、風速39m、停電4万戸。

この雪で今年は根雪、来春までに雪に覆われます。

随分と乱暴な「根雪の到来」でした。


バラの綿帽子姿

ローズミンタラのバラは、綿帽子を被りました。

冬眠

夢の世界へお嫁入り支度です。















PageTop

安・近・短

三連休の初日に、市内イベントが集中

まずは、パソコンサークル 「 えびす 」 のワークショップ。

次いで、馬具メーカー「 ソメスサドル 」 のソメスフェアー。

三つ目に、砂川市主催の映画 「 ツレがうつになりまして 」( 略称:ツレうつ )。



お金がかからず、近いところで、短期間で楽しめる。

三拍子そろいすぎた(?)一日を、連れ立ってまわりました。




案内パンフ

9:30 パソコンサークル「 えびす 」



ワークショップ風景

ipadとプロジェクターを使ったデモンストレーションに参加。

Googleの多彩さを知ることができました。






フェア案内パンフ

11:00 ソメスフェアーへ移動



ソメスのバッグ

ポケット代わりのショルダーは持っているのですが、

ipadが入らない。




ファクトリー駐車場

「 それでは、入るバッグを探しに。 」





ファクトリー内の風景

会場で、人出にビ~ックリ!

お客が多くて商品が見えない。

・・・・・

フェア後に出直すことにしました。




ツレうつ

13:00 映画会場に移動

「 ツレうつ 」 は入場無料

会場は、泣き、笑い、悩み・・・考えさせられました。



17:00 帰宅

「 安・近・短 」 で疲れないと思っていたのですが、

二人とも、どうしたわけか、ド~ッと。

体は疲れていなくても、脳ミソと心に負荷がかかったようです。

お風呂で湯~っくりしてから、寝ることにします。














PageTop

初恋

「 まだあげ初めし前髪の 林檎のもとに見えしとき

前にさしたる花櫛の 花ある君と思ひけり 」


リンゴ

藤村の詩(うた)でしたか。

初恋は、淡雪のように融け、流れ、去る。




淡雪

18日から降り始めた雪が融けはじめました。



雪が融ける


思い出したのが、このポエム。

地温が高いので、初雪が融ける。





ふわっとして、かたちががあるようで、無いような・・・


「 初恋と初雪 」、似ている気がします。






今日は、語呂合わせで「 いい夫婦の日 」。

NHK 今日の料理 アップルパイ

(これは、TVの画像です。)

先日のNHK「 今日の料理 」をアレンジして、


大福流のアップルパイをつくりました。



途中経過はともかく、味で勝負!


・・・・・。



大福アップルパイ

と、気負ってはみたものの・・・

結果は、かろうじて「 合格 」というところ。

豆福曰く、「 まだ、修業が足らんデスナ。 」

「はい、 次回、頑張ります。」
























PageTop

ゆきの華

白い華が舞う。


ゆきが降る

ついに初雪。




11/18 午後

きのう、みぞれが本降りになって、




11/19 朝

今朝は、真っ白



雪の華 1

花は散ってしまったけれど、

これからは、「雪の華」が咲きます。




雪の華 2




雪の華 3

雪の華が咲くと、木の精が見えます。































PageTop

豆福レシピ(タルトタタン)

紅玉が手に入りました。



紅玉

かつては、たしか「 六号 」とかいう名前。

スッパくて、すぐボケるので、子どものころは、苦手な果物

今じゃ、菓子づくりには欠かせない高級品種?





レシピ本

レシピ本を引っ張り出して、タルトタタンをつくります。

つくるのは豆福。

大福は、パイシートを延ばすのと、つまみ食いが主な役割




紅玉4つ割り X 3個

①紅玉の皮をむき、4つ割りにします。

 鍋に入れ、加熱しながらバターを加えます。




リンゴ完成

②砂糖を少しずつ加え、混ぜると水分が出るので

 クッキングペーパーの落し蓋をして弱火で10分

③ここでラム酒とシナモンを加えて焦がさないように

 弱火で10~15分

 飴状のとろみがついたら、OK




パイ皿に移し替え

④パイ皿にリンゴを並べ、煮汁も残らず入れる。




パイシートを被せて

⑤パイシートを被せ、250℃のオーブンで15分程度焼きます。



オーブンから出したところ


できあがり~っ!

⑥焼きあがったら、粗熱をとって、ひっくり返してパイ皮を下、

 リンゴを上に盛り付けて⇒出来上がり!





紅茶をおともに

酸味と甘み、香りのバランスが絶妙

シナモンの香りがふくよかで、紅茶でいただくひとときは

ワインのひとときとは、また違った趣(おもむき)があります。





【 材料 】

紅玉 3個( 600~700g )

バター 25g

砂糖 120g

ラム酒 大さじ 1

シナモンパウダー 小さじ1~2

パイシート(冷凍) 1枚



















PageTop

カントリーロード(15)

久々に 「 カントリーロード 」召集の連絡。

それぞれに、収穫作業も一段落したので、「 風露 」 に集合



風露とオブジェ

話題は、今年の実績報告と「 そらち演劇フェスティバル 」 の

「 地産地消コーナー 」 に出店することなど。



懇談中

「 ローズミンタラでは、フェスティバルで売るような商品は無いけど・・・」

「 それでは、ミンタラの写真をフォトフレームで流すので、メールに添付してください。」


風露の窓から


カントリーロードの問合せや取材などを受け、パンフレットも2000枚追加したそうな。

の~んびり花とかまけている間に色々と進んでいたらしい。



ポプリ

これは、豆福の作品( 左からラベンダーバンドルズ、ポプリ、香り袋 )

来年は、これを商品にしましょうか?

( つくるのは、豆福なのですが・・・まだ、話をしていない・・・。)



PS

第3回 「 そらち演劇フェスティバル 」 は、地域の市民劇団が

演劇で交流をするもので、入場料は、2日間通し券500円。



そらち演劇フェスティバル

会場は深川市文化交流センター「み・らい」

12月9日(土)は、16:30~美唄市、18:00~砂川市が演じ、

12月10日(日)は、15:00~滝川市、16:30~富良野市、18:00~深川市が演じます


オブジェ
















PageTop

空振り? イヤ、空降り!

刺すような、冷気。

雪を覚悟して出勤。



除雪用品

除雪用品は準備済み。




除雪目印の紅白ポール

道路除雪の目印、紅白ポールも設置済み。





あれ? 終日、良い天気。

予報は空振り?




豊沼小学校とピンネシリ(山)

豊沼小学校とピンネシリ(山)の風景


ピンネシリ山頂

いや、ピンネシリの山頂は白髪。

平地では「空降り!」

こんな空振りなら大歓迎です。

オアシスパーク(遊水地)から見たピンネシリ

オアシスパーク(遊水地)から見たピンネシリ。

さざ波が立っていました。   さ・む・い。

水鳥は、カモ(鴨)?

カモン!(COME ON !)と呼んでみると、

シリを向けられてしまいました。

「知りません」 ですとさ!













PageTop

も~いいかい?

冬囲い完了! タイヤ交換完了! 冬眠準備完了?

ローズミンタラの越冬準備ができました。


ローズガーデンプレート

バードテーブルを兼ねた「Rose Garden 」プレート・・・「閉園」

「Rose Garden 」プレートの裏は時計の文字盤です。



天気予報によると、15日には雪が来るとのこと。

スベリコミで間に合いました。



関西では夏仕様にするときに「大ごと」らしいのですが、

こちらでは、越冬仕様にするのが「大ごと」なのです。



ナツユキの冬囲い

2階のベランダまで伸びていたナツユキも70㎝にカット。  来年、また、大暴れします。




先週から、夕刊配達のおじさんとの会話



「今年は雪が遅いね。もう、いつ雪降ってもいいのにね。」

「だめ! まだ、冬囲いができていない。」




冬囲い1


翌日、

「も~いいかい。」

「ま~だ、だよ。」

・・・・・



冬囲い2


「も~いいかい。」

「ま~だ、だよ。」

・・・・・

・・・・・




冬囲い3


やっと、「もういいよ」と言えるようになりました。









何とはなしに、庭にいるときが、結構あります。

何をするわけでもなく、ボーっとしている。

「時間を忘れる庭」です。



とき忘れの庭


針の無い時計の文字盤を飾って、「とき忘れの庭」と命名していました。

冬の間は、「夢の中の・」に改名かな?


















PageTop

収穫祭

遅れていた冬囲いをするには、もってこいの休日

風は寒いけれど、日が当たるところは、温い。

太陽の偉大さを実感

豆福と朝から晩まで、庭にいたんだけれど

まだ、終わらない。



風除室


決して広いわけではない。

さぼっていたわけでもない、ということは、

・・・・・

体力が、低下してきたということか?





花瓶


冬囲い、ぎりぎりまで庭においてあったバラを

ぜ~んぶ収穫

ローズミンタラで、今年最後のバラ。

あちこちに飾って、2~3日は、楽しめます。



収穫祭に一献

ローズミンタラの最終収穫祭を祝して、まずは一献



アレンジメント




ハッピートレイル







ローズヒップ

一季咲きの原種バラに実ったローズヒップ。

よ~く乾燥してから、紅茶にブレンドしてみるつもりです。















PageTop

後遺症

昨日は、雨


ネットから借用した「ユキムシ」の写真です
(うまく写真が撮れないので、ネットから借用しました)


あのひ弱そうなユキムシは、叩き落されて、

いなくなったに違いない。

・・・・・

甘かった!


ボンネット上のユキムシ


車のボンネットは、ユキムシの残骸で油模様になってしまった。

久しぶりに洗車。

ユキムシの数は少なくなったけれど、

大量発生したので、残党が結構に居る。



モフモフを脱いだユキムシ


今朝は、白いモフモフの綿毛を脱いで、

スリムになったユキムシが飛来。

歩きや自転車の人は、マスクが欲しくなった模様。


ユキムシの新聞記事


Facebookには、この大量発生で美唄で列車が一時停止したという投稿があった。

新聞を見るとこの現象は全道的。

道南の森駅でも、視界を遮られて列車が立ち往生。

ひ弱そうに見えるけれど、人騒がせなユキムシでした。







今日もユキムシが飛来



ps

いつものウィキペディアをアレンジしました。


雪虫(ゆきむし)とは、白腺物質を分泌して綿で包まれたようになるアブラムシ。

体長5mm前後のトドノネオオワタムシやリンゴワタムシなどが代表種。


秋になって羽を持つ成虫が生まれ、交尾をして越冬の卵を産む。

この時の羽を持つ成虫が、蝋物質を身にまとって飛ぶ姿が雪を思わせる。


ムシの飛ぶ力は弱く、風になびいて流れるので、雪を思わせる。

北海道では初雪の降る少し前に出現したりする(と感じられることが多い)ことから、

冬の訪れを告げる風物詩ともなっている。


雄には口が無く(???)、寿命は一週間ほど。雌も卵を産むと死んでしまう。

熱に弱く、人間の体温でも弱る。


注:(???)は、大福が加筆しました。

  なんで、口が無いんだろう?

  「男は、黙って、●●●」の世界か~?
















PageTop

あっ、雪虫

雨が続いて、冬囲いが遅れている。

・・・・・

と、いうのは言い訳で、

遊び呆けていたせいかもしれない。


冬支度前のカクテル

今日は、朝から豆福と庭の冬支度

大物のカクテルのラティスをはずし、

残り花、残り葉をむしりとって、暴れ枝を束ねて

冬眠させる準備

カクテルは結束、アスピリンは雪囲い脚立の中




今年は、なかなか雪虫を見ないな~。

と思っていたら、午後に飛び始めた。


あっ! 雪虫

「雪虫が来ると、雪が来る」と信じられている。

隣の家の壁が黒っぽいので、良く見える。



雪虫だらけ

風の無い穏やかな曇りの日に、フワフワと出てくる。

お~っと、今日は、ちょっと、多すぎるかな。

無防備に口をあけていると、吸い込んでしまいそう。





午後の3時過ぎ、ふと空を見ると、曇り空に

ドット模様が・・・びっしり。

雪虫???

白い綿毛が無い!


雲霞?

これ、ナニ虫?


風除室に緊急避難!




雲霞4

150メートルほど前方を見ると、雲霞(ウンカ)のように漂っている。




雲霞3

世界中で一番多い動物は昆虫と言われているけれど・・・納得!





夜、facebookを開くと、Mさんの書き込みがあった。



「ゆきむしこわいゆきむしこわいゆきむしこわい!!!

電車止まったってホント?」



しばらくして、Mさんのダンナからの書き込み。



「スーパーカムイが美唄で一時停止、

運転席の窓の掃除のためと10分ほど止まってました。」



いや~スゴイ経験でした。

私もコメントを入れておきました。

「熊や鹿にぶつかって列車が止まった話は聞くけれど、

“ゆきむし”でとまるとは・・・・。

ムシできない!」













PageTop

佐賀日和

目覚まし時計をセットしておいたら、ベルが鳴る前に目が覚めてしまった。

まるで、遠足の朝。



午前6時、ホテルのロビーに19名が集合して、

佐賀駅から「バルーン佐賀駅」へ電車で移動。



「バルーン佐賀駅」は嘉瀬川の河川敷に設けられた臨時の駅

ここで、インターナショナルバルーンフェスタが開催されたのです。


バルーンフェスタ案内冊子


Tさんのご配慮で、佐賀のバルーンフェスタに合わせて

J大学校のフロアー会が佐賀市で開催され、

熱気球の出発を見ようと、河川敷へ。


準備

飛び立つ準備



「佐賀」発進します

バルーン「SAGA」、発進します。



発進

続々と,発進!



大空の「佐賀」

大空へ飛び上がった「SAGA」




102基の熱気球が飛び立つさまは、圧巻

朝日に向かって飛ぶので、逆光になるけれど、

それは、それで、ファンタジック。

シャボン玉

まるで、シャボン玉のよう。



ポイントにマークを投下

競技のポイントにマーカーを投下するために下りてきました。



おだやかな日差し、ゆったりとした風の流れ、

バルーンが飛ぶのには、最適の気象条件。

豆福ともども幸せな気分。

「佐賀日和」と名付けることにしました。




「お天気に恵まれて、ホントによかった~!」

Tさんの奥さんの安堵した声が、とても印象的。

Tさん、奥さん、お心遣い、ありがとうございました。

お天気に恵まれ、友人に恵まれ、楽しい旅行をすることができました。

次回は、兵庫でお会いしましょう!
















PageTop