ローズミンタラ

北海道ガーデン街道(4)

十勝ヒルズから、ちょっと道草をして、向かったのは、紫竹ガーデン。

紫竹ガーデン出入口


ふくろう&ネコ

オーナーの「紫竹昭葉さん」は、60代になってからこの土地で

18,000坪のガーデンを開園したそうな。

紫竹昭葉さん

お洒落な「名物おばあちゃん」です。おん年、80ん歳

折よく、おばあちゃんに遭遇、スナップも気軽に撮影ポイントへスタスタと先導。

う~ん。パワフル、元気いっぱい。

エゾ●●●●

敷地に約2500種類の花、花、花でした。



十勝千年の森は、ガーデンアカデミーの時間の都合でよく見ていなかったので、再挑戦。

ハンギングパスケット

広いけれど、ウッドチップの道が程よいクッションで歩き易い。

これは、日本古来の庭ではない。

広場

西洋の幾何学庭園からは、ほど遠い。

大きな麦飯石がゴロゴロ

イングリッシュガーデンとも違う。

麦飯石の小道

やはり「十勝●●の森」というのが妥当なのでしょう。

ウバユリ

カッパ橋?


帰りの運転は、豆福に交代。

途中で代わるつもりが、気づいたときは、もう砂川。今回は、往復632kmの行程でした。



Ps
やっとブログ更新にこぎつけました。

パソコンスクール「えびす」から出された宿題は、

5分程度のムービーをつくって提出。

大福のお題は「北海道ガーデン街道」。

これなら楽勝、と思っていたが、画像と音楽のドッキングで不具合が生じ

ムービーを再生して2分程度経過すると、音楽がシャックリを始める。

音楽を取り換えても、ダメ。

画像を取り換えても、ダメ。

念のためパソコンを取り換えても、やっぱりダメ。

頭の上に雲が覆いかぶさったようで、ブログ更新にたどり着けない。

提出2時間半前になって、作り直ししたところ、あ~ら不思議

シャックリは、止まりました。

人もパソコンもシャックリが止まるには、時間が必要なんですね。

本日、無事、宿題を提出することができ、ブログ更新にたどり着いたという次第。











PageTop

北海道ガーデン街道(3)


帯広の北海道ホテルから向かったのは「真鍋庭園」

真鍋庭園入口

洋風の樹木庭園でした。

真鍋庭園 1

園内は見通しが効かず、矢印が無ければ道に迷いそう。

広いので、体力に合わせて、30分、45分、60分の3コースが選べる。

真鍋庭園 2

体力にはからっきし自信がないので最短コースを選択

ブランコ

途中、大きな樹にブランコがあって、その下には芝生のベンチがあった。

芝生ベンチ

これは、きっと、樹の妖精の遊具に違いありません。




真鍋庭園の次に向かったのは「十勝(とかち)ヒルズ」

十勝・フクロウ 1

あれっ? ここにもフクロウの彫像がある。しかも2か所に。

十勝フクロウ 2

十勝とフクロウの関係はナニ?

十勝・球根ベコニア

十勝は「豆」が有名。

十勝・豆物語

フクロの中には、きっとマメがあります。

「まんまんと ちからたたえ ひたぶるに うえをむき

やわき香おどる まめものがたり」・・・ヒルズ古民家の外壁に貼られていました。


















PageTop

ザ・ズッキーニ2012

活のいいズッキーニが飛び込んできました。

ヒゲさんのズッキーニ

昨日、パソコンサークルの「まつり」さんから1本、

これは、バナナと見まちがう色と形。




ズッキーニを広げたところ


今日は、「ヒゲのT」さんから13本。

UFOのようで、色と形がユニーク。



ヒゲさんはイタリア野菜の種子を取り寄せてつくっている。

彼は野菜ソムリエで、北海道フードマイスターでもあります。

ヒゲさんは鉄人レースに参加するほどタフ。

野菜は土づくりから始め、ボカシ肥料を使う こだわりの有機農法。

燻製もビールも自作するという多芸多才の哲人。

ホップの実


ミンタラでは、ホップの実がたわわに実った。

地ビールに使ってもらおうか?


彼のパンフレット(ザ・ズッキーニ2012)によると

ズッキーニだけでも24種類つくっている。

趣味の農園は、第1農園では食べるものを、

第2農園は観賞用のものをつくっているとのこと。

これは楽しそう! ぜひ、見に行かなくっちゃ。




参考までに、ズッキーニは

ウリ科 カボチャ属 の一年生の果菜

素揚げを酢醤油で

まずは、ズッキーのピカタにして、酢醤油で“いただきま~す”。

※ ピカタ:小麦粉をまぶし、とき卵をつけてソテーしたもの(イタリア料理)







PageTop

北海道ガーデン街道(2)

帯広では老舗の北海道ホテル

帯広美術館や帯広公園に近く、部屋の内外ともに静か。

食事は地元の食材、モール温泉付きで、ゆったり。

北海道ホテル煉瓦壁(中庭)

ホテル中庭のレンガ壁に“森の賢者”フクロウの像を発見!


日光東照宮 三猿

近づいてみると、日光東照宮の三猿のポーズ

「三ふくろう」・・・語呂がよろしくないけれど、

なんとお呼びしたらよろしいのか・・・?



見ないフクロウ
目隠し梟



言わんフクロウ
口つぐみ梟



聞かんフクロウ
耳栓梟


なぜ、こんなポーズのフクロウを?

聞いてくるのを失念していた。残念!



ps

今年は、雨天が少なかったからか、共生植物の効果なのか分からないけれど

アブラムシが付かず、黒点病も少なくて喜んでいた。

ガーデンアカデミーで「コンパニオンプランツもあまり大きくなると日当たりを阻害する」と言って

いたので、競争植物になっていたチャイブを地上10㎝でカット。


チャイブのサマーカット

サマーカットが増えてきました。











PageTop

北海道ガーデン街道(1)

北海道の7つのガーデンが連なる旭川~富良野~十勝を結ぶ全長約200kmの街道。

7つのうち、風のガーデン、上野ファアーム、六花の森は既に行ったので残るは4つ。

十勝千年の森、真鍋庭園、十勝ヒルズ、紫竹ガーデン。

21日に十勝千年の森でガーデンアカデミーが開催される。

アカデミーポスター


“ロザリアンが教える強くて美しいバラの庭づくり“というふれこみ。

魅力的なタイトル。

タイトルに惹かれて、アカデミーに参加しました。


清水町の会場までは、約3時間、豆福と交代で運転。

この奥にアカデミーの会場が・・・
(会場はこの木道の奥です)

ミンタラには無いイングリッシュローズの話でした。

講師は、イギリス人のお二人、通訳はD社大阪のヒラオカマコト氏

講師&通訳&司会

Q&Aの時間もあり、いくつか新たな知見を得たけれど、ビギナーの質問に

「黒点病やうどんこ病の対策は強い品種を選ぶこと」の回答は、期待外れ。

マイケル・マリオット氏


これは「いろんな色、香りなどの楽しみは我慢しなさい」と同義に聞こえた。

ダン・ピアソン氏



ガーデンアカデミー参加証

千年の森では「北海道ガーデンショー」も開催されていて、コンペテーションガーデンでは、

デザイナーによる13の庭を展示していたけれど、広大な敷地と時間の制約で周りきれない。

帯広のホテルに予約をしているので、本日はこれで退散。











PageTop

夏のミンタラ

3連休は、遊び呆けてしまったので、

今週は、ミンタラの手入れ。

雑草を抜き、枯葉を拾い、枝をサマーカット。

花柄を摘み、さっと消毒して、液肥をやる。

手を入れると、どのバラも「ご機嫌」になるから不思議。

ラベンダーもサマーカット

ラベンダー カット
左上は咲いている花、右下がサマーカット




ガクアジサイが咲き始めた。

アジサイもバラにご縁があります。


ガクアジサイ 青

バラ目、アジサイ科、アジサイ属、ガクアジサイ

というご縁。


ガクアジサイ 白

数年前、鉢植をいただいた。

地植えしたところ、見る間に大株になって・・・。

そろそろ間引きしながら育てる時期かな?


ps
姪が農園野菜を持って来てくれた。

トマト、ナス、インゲン、キャベツ、ピーマン、シシトウ、etc

旨そぉー!

あとは肉とビールを用意すれば、BBQ

野菜の face book?


顔につけるとヒゲみたいなナスがあったので、チョッとお遊び

・・・・・ナス、トマト、インゲンでパチリ!









PageTop

ローズガーデンちっぷべつ

いわみざわ公園のHPによると、今年、バラ園の改修をしており、

来年リニューアルオープンするとのこと。

来年を期待することにします。

一昨日がっかりしたのを取り返そうと、今日は、「ちっぷべつ」へ

入口

岩見沢よりは、はるかに手入れがよい。

ところどころに、病気の花や切り遅れの花も・・・。

豆福 「鋏を貸してくれれば剪定してあげるのに…。」

園内

秩父別は、スタンダードローズが多いのが特徴。

丘の上から流れる流水路の両脇に植えられたスタンダードローズ

丘の上から水路が・・・・・両脇にはスタンダードローズ

1.5mほどの台木に接ぎ木された園芸種

大きい。

「こんな大きい株の冬越しはどうやってするんだろうか?」

ひと様のバラを見て、剪定や冬越しの心配をするなんぞ

困った大福&豆福です。

流水路の上からのながめ

流水路の上からは、園内と高速道路が見えます。遠くの山は、暑寒別岳かな?



ps

丘に登る途中にグミの実を見つけました。

グミの実

一つ失敬! 甘いけれど、ちょっと渋くて、懐かしい味・・・・・。












PageTop

亜麻まつり

三連休の中日(なかび)も各地でイベント

今日は、当別の「亜麻まつり」

亜麻まつり

午前7時から午後1時30分まで・・・・・なんで?

随分と早くから始まって、早く終わる・・・・・なんで?

不思議に思いつつ豆福と会場へ。

亜麻の繊維
(♪「 亜麻色の髪の乙女」の亜麻色とは・・・こんな色だったんですね)


展示物を一巡して、亜麻の苗を仕入れてから、亜麻畑で写真をパシャリ。

亜麻畑

まつりのスタッフに開催時間の不思議を聞くと

亜麻は午前5時ころから開花して、午後には散ってしまう。

亜麻をパシャリ

それで、開花している時間帯に合わせてイベントの時間を

決めているそうな。

なるほどね。疑問解消です。



ps
帰り道「新篠津道の駅」で見つけた乗り物です。

水陸両用車?

ナンバーがない。

オフロードの乗り物のよう。

バギー車にしてはタイヤが多い。

もしかして水陸両用車?

乗ってみたい!









PageTop

イベントてんこ盛り

今日の砂川はイベントの集中日! どれも10時スタート。

手始めは、砂川高校学校祭の「仮装行列」

砂高祭・仮装行列

行列は、全部で12クラス。

往年のクラス数を知っている者は、ちょっとさみしい。


次はソメスで馬との触れ合い。

ソメスの馬車

乗馬、馬車、どちらも敷地内の芝生広場を周遊

馬車の中からの風景
(正面の建物が、ソメスサドル砂川ファクトリーです。)

革製品を販売するファクトリーはごった返していたけれど、

乗馬している人も

芝生広場はゆったり、のんびり。



3番目のすながわジャリボリーへ向かったところ

駐車場スペースが満杯で、市道沿線の遠くに駐車しなければならない。

歩くのが苦手な大福はジャリボリーを断念

浦臼町の神内ファームのラベンダー見物に予定を変更

ラベンダーの前に浦臼ワイン直売所に寄り道

アイスワイン
アイスワイン

貴腐ワイン
貴腐ワイン

雪摘みケルナー
雪積みケルナー

旨そうなワインが勢ぞろい。



いよいよ、「ラベンダー」へ・・・・

進んでいくと「マンゴー直売所」ののぼりが見える。

マンゴー直売所(個人)

ここでも寄り道。

生のマンゴーは、スライスしたものを味見。

マンゴー直売所(神内ファーム)

これは、ぜいたく。



ラベンダー畑は、広い。

ラベンダー畑

中富良野の富田ラベンダーファームにはかなわないけれど、

ラベンダー以外の見どころもあって、秀逸。


帰り道では、赤毛和牛が寝そべっているところに遭遇。

赤毛和牛

活のいい生牛です。

ワインを仕入れたことでもあるし、今夜は赤毛のステーキを・・・。

直売所は、冷凍肉のみ。 ???。

冷凍なら、いつでも買える。今回は、パス。


そういえば、「岩見沢ばらまつり」が今日から始まる。

来年は、ばらサミット(名称不詳)が開かれることになっているはず。

欲張って、そこも見に行くことに・・・。

ところが、行ってびっくり、見てがっかり。

エーッ! あんなにきれいなバラ公園だったのに!

バラサミット記念広場

無残!

来年のリニューアルのため、ブッシュ以外は花をつけないようにしているとの

立て看板があったけれど、それにしても、手入れがひどい。

管理者が代わったのか、予算が削られて人手が足りないのか、はたまた、他に理由があるのかもしれないけれど、

ひどい!

かわいそうで、写真にならない! 見に来なければ良かった。

悔やまれる遠出でした。



ウチへ帰って、“ホッ”

そどおり姫

小さいミンタラだけれど、ウチが落ち着く。

ウチの食事が、一番旨い。

・・・・・こんな風に感じるのは ???









PageTop

バラのサマーカット

雨の合間の貴重な曇天でした。

雨を受けきれなくなって、花が散り、

雨の重さに花首をうなだれる。

カクテルの花をカットすることにしました。

カクテルのサマーカット

今が見ごろの花とつぼみは温存

豆福らしいサマーカットです。

クイーンエリザベス(ピンク)、ランドラ(黄)、

カリネラ(ピンク)なども次々に…カット。



今から咲き始めるのは、ハッピートレイル。

ハッピートレイル

小振りのピンクなのにトゲがやたらに鋭い。

これを整枝するときは、革の作業手袋が必要です。



今の時期は、ラベンダーがお勧め。

香りが、良い。

ラベンダー&ミニバラ

セレナ

中富良野の富田ラベンダーファームが大規模で有名

でも、となりまちにもきれいなところがあるので、

雨があがったら、見に行くことに・・・・。

白雪姫

「白雪姫」といいます。花付きがよく、蕾もある元気なクレマチスです。

サムライ

サムライという名の黒バラです。

リンカーンと似ていますが、こちらは香りが薄い。

プロミネント

プロミネント




春の賑わいは、一段落。

夏休みに入ります。

夏休みといっても、冬籠りとは違って、花は無くなりません。

暑さに耐えながら、小振りに、咲いて、

“秋の「しっとり咲き」モード”に備えます。

ミンタラの四季咲きバラは、

「春は豪華に、夏は耐えて小振りに、秋はしっとりと大人の色で咲きます。」

冬は・・・・・冬眠……夢の中で咲きます。








PageTop

倍雨前線

梅雨前線

西日本の梅雨前線が大暴れ。

気象庁は「かつて経験したことのない大雨」と表現。

雨量が半端じゃない。

地面も、水を飲みこめきれずに、アップ、アップ。

「梅雨前線×2=倍雨前線」か?


雨の前日写真をアップすることにしました。

アスチルベ

アスチルベです。

「明日散るべ」と言われても、なかなかしぶとくて散りません。

散るのはカクテルの方でした。


鉢植えのスーパースター

鉢植えにした「スーパースター」です。大きめの鉢に植えたら機嫌よさそうです。


ボーダーガーデンの予定

ボーダーガーデンにしたいと思案中の場所。 


s95-7蜂

そのラベンダーに、ハチが蜜を集めに・・・動きが早くて、カメラがついていけない。

こんな時は、やっぱり「一眼」かな。


ホルデューム(リスのシッポ)

ホルデューム(和名:リスのしっぽ)です。

風になびく姿が涼しげで、気に入っています。

ガーデニングの先輩から種をもらって3年目の姿






ps

前回の続きです。

ハーフ源平咲き?

10日にアップした「紅色と桃色」が混ざった花弁は「さつき咲」と呼ぶことにしました。


皐月

豆福がポツリと「皐月みたいだね」

そうでした! よく似た咲き方です。

「さつき咲」は、ミンタラの方言。














PageTop

源平咲き?

久しぶりの雨でした。

雨の後は、花や葉の色がまるで違う。

毎日のように水やりをしていても、雨にはかなわない。

でも、この後が厄介

ウドンコ病と黒点病、それに害虫も勢いづいて出てくる。

消毒しなくっちゃ!






にぎやかに咲くので「お祭り」と命名したピンクのバラがあります。

お祭り

この花の一枝に紅色の花が咲きました。

珍しかったので、挿し木してみると、紅花が固定したので、

紅祭り

こちらは「紅祭り」と命名。



今年は、「お祭り」の花弁が「紅色と桃色」に分かれて咲きました。

ハーフ源平咲き?

何ともユニークなバラです。

紅白で咲く花は源平咲きとかいうのですが、「紅色と桃色」は

何咲と言ったらよいのでしょう。





豆福が一カ月前に植えこんだハンギングバスケットの見頃が近づいてきました。

ハンギングバスケットその1

バスケットの中には10本以上の苗が入っているんです。


ハンギングバスケットその2

こちらはちょっとシックに・・・まだ大きくなります。

水やりは、大福のお仕事・・・。





PageTop

ハスカップ狩り

カクテルやクイーンエリザベスなどは、盛りを過ぎ、チリチリパッパーが始まった。

チリチリパッパー
園路に散ったカクテルの花びらです。

そのそばで、遅咲きのハッピィトレイルは、じっと咲く時期を待っている。

もうすぐ、咲く。



朝、ミンタラの水やりを終えてから、ハスカップ狩りに
ハスカップ狩りマップ

美唄(びばい)の峰延地区まで

のぼり

「ハスカップ狩り」のノボリが目印


ハスカップの木
ハスカップの木です。背丈150~180cm

今年は、熟するのが早くて、もう、終りに近い。

ハスカップの実
ハスカップの実です。

ブドウのデラウェアの粒より小さいので、とるのが大変

ハスカップの実を採取中
豆福、健闘中


あきらめきれずに、豆福と1時間ほど粘ってやっと1Kg

ハスカップの実

これで、ジャムとソースをつくる予定

渋谷神宮前の ル ゴロワ(le gaulois )で、シカ肉のステーキをハスカップソースで食べたことが

あります。

シカ肉の調理が絶妙、、シカをストレスなくし止めると、おいしい肉になるのだそうです。

そう言われてみると、追われていては、恐怖と乳酸がたまる。

草を食んでいるときの方がイメージとしても旨そうです。

ル ゴロワでシカ肉のおいしさ再発見

エゾシカが増えすぎて困っているけれど、食品としてのシカ肉の入手は、なかなか難しい。

とりあえずソースをつくって、機会を待つことにしましょう。


ジャムの下ごしらえ


来年は、もっと早くハスカップ狩りに来なくっちゃ!





ps

ひばりがホバリングしながら盛んにさえずっていました。

ハスカップの木の中に鳥の巣を発見…。

もしかしてひばりの巣???

ひばりの巣?

巣の中は、カラッポでした。

これでは、ひばりの巣ではなく、カラス(空巣)?







PageTop

BBQ

七夕、

北海道では一月遅れの8月7日が七夕

でも、今月今夜に七夕をするところもちらほらと…。

お向かいのT宅でもお孫さんと七夕飾。

何をお願いしたのでしょうか。


s92-1BBQの用意

拙宅では、豆福とBBQ

ビールにしようか? ワインもあるね!


s92-2準備できたよ

とりあえずビールでスタート

ワインで仕上げをすることにしました。

s92-3天狗の鼻、でべそ、それとも

焼きナスです。

チョット出べそ…それとも…。

s92-4夫婦人の晩餐

豆福と2人なら、これくらいで十分

s92-5ホタテの汁に!

ホタテを焼いて、食べてしまった。

残り汁に、醤油、ゆず胡椒

これに焼肉をつけて一口、旨い! お勧めです。

s92-6野菜もとらなくっちゃ

野菜もとらなくちゃね。

s92-7街灯が付き始めた

いつの間にか、街灯がついて…。

s92-8夜8時、明るい

チョット呑み過ぎです。 頭の上はクラウドが…。










PageTop

ちびっこ天使、来訪

豆福の友達と、その友達と、そのお孫さんが留萌から来訪

ご近所の風景

ミンタラのご近所は、こんな風景

ミンタラ入口

ミンタラのゲートをくぐった恥ずかしがり屋の天使。

ちびっこ天使

ミンタラを一周してから、ガーデンパラソルの日陰で一休み。

ガーデンパラソルの日陰で


小さな天使の来訪に、ミンタラのバラも大喜び。

カクテルの三態

カクテルは、「つぼみ、咲き始め、酔っ払い」と、1か所にそろい踏み

スーパースター

遅咲きの、スーパースターも、大急ぎで、咲いてお出迎え。

花嫁のブーケに「ファビュラス」

ブーケに丁度よい形のファビュラスです。

レッドクイーン

レッドクイーン、香りは無いけれど、ビロード状の深紅の花が魅力的

原種のバラ

原種バラの一つ。一期咲きで、秋にはローズヒップがとれます。

バラ以外のものも、咲きはじめました。

亜麻

当別で栽培されている亜麻。 これは、去年の挿木苗、

一昨年入手した亜麻が、去年、大株になったので、今年はもっと大きくなるぞと思っていたら、

枯れてしまった。

亜麻は、2~3年でダメになるので、種から育てるものらしい。

いたずらでした、挿木があって、よかった。


クレマチス&ラベンダー

ピンクのクレマチスとラベンダー

アップルブロッサム

アップルブロッサムと呼ばれるカリフォルニアローズです。

この作品は、毎年、豆福が担当、ミニバラのような形と淡い色合いがお気に入り。




Ps
遅ればせながら、カクテルの今年と去年を比較してみました。

どちらも7月1日です

まずは、今年のカクテル

今年のカクテル(7月1日)

雪害、凍害で小振りになったけれど、右前方のアスピリンや

左前方のファビュラスを見ると、咲き方は、去年より早いかも。

次は、去年のカクテル

カクテル2011.07.01

去年の方が、左側だけでなく、背丈も大きかったですね。

また、復帰できるかな~?














PageTop