ローズミンタラ

カントリーロード(9)

昨日のニューフェイスは
キンポウゲ(金鳳花) というのだそうです。

ニューフェイス

カントリーロード世話人の「風露」マスターが教えてくれました。
花言葉は、「楽しみ到来 」とか…期待しましょう。


風露の入り口
(なんと、石釜の背中の煉瓦が玄関横にありました)

その「風露」が開店1周年を記念して「風露祭」を開催
6月1日から開催で、メインは3日(日)

祝・開店一周年

お祝いなので、紅白花の盛鉢をつくりました。
花材は、「おくやま農園』提供、植込みは「ローズミンタラ」

紅白お祝い花の鉢
(ちょっと少なく見えますが、1カ月後にはグッと盛り上がって見栄えがします)

3日は、「片桐農園」のハンギングバスケットのワークショップも
行われる予定。

テラスで石窯ピザをほおばってからワークショップに参加しようかな。
風露のオープンは午前11時



風露のアートガーデンには、へんてこな(失礼!)オブジェがいっぱい。

そこに「金缶鳥」が泊まっていました。

とり・あ・え・ず

そこで、また、駄洒落です。

とりあえず、開店一周年」とブログで紹介してもいいですか?

すかさず OK の返事。駄洒落が分かってもらえる人で、よかった!


Ps

クリスマスローズの種?

花新聞に クリスマスローズの手入れの記事がありました。
「タネを採る花だけを残し他は花茎ごと切り取ってしまおう…」

早速実施せねば…。





PageTop

ニューフェイス

春先に、ラティスの前に見慣れない植物が生えてきた。

風で種子が飛ばされてきたのかも。

草かな? 花かな? 様子を見ることにしました。


5月、黄色の花が咲きました。

ニューフェイス
(新入りです。名前は分からないけれど、どうも花のようです。)


ご近所の庭を見ても同じものはない。

どこから来たのやら。今年の新入りです。



クリスマスローズの種?
(クリスマスローズの種?)

白い花が緑に変化し始め、花の中心が風船のように膨らんできた。

これは……種ですか?


陽気に誘われて、ご近所を散策

ご近所のカイドウ
(カイドウ)

 桜が散り、八重桜も終わった。 海棠が青空に映えている。



ご近所の藤の花
(藤の花)

ベルギーのフジは、ミステリアスだったけれど、

日本のフジは、「藤」という文字がよく似合う。

今年は、海棠も藤も「裏咲く」なのだそうです。

ミカンのなり方に「表作」、「裏作」があるように、

花木にも「表咲く」、「裏咲く」があるのかもしれません。



Ps
5/30 のカクテルの様子です。 花は、まだ、まだ。
5/30のカクテル



PageTop

サマースタイル

6月1日は衣替え
涼しい北海道でもクールビズ。

ローズミンタラも衣替えをしなければ…。

ちょっと気が早いけれど、
手始めに、アメリカンブルーのマルガリータを!

5月5日のアメリカンブルー
(端午の節句のアメリカンブルーです)




花後のアメリカンブルー
(花が終わったアメリカンブルー)




サマーカット
(思い切って、サマーカット




鉢の中は根が満杯
(鉢の中は根がギューギュー)




根もサマーカット
(根をハーフカット、縦にも切れ目を入れて、発根を促す算段)




植え替えて、サマースタイル完了
(植替え完了、サマースタイル出来上がり)




これで、夏には花盛り……かな?
念のため、カットした枝は挿木しました。


PageTop

人間国宝 芹沢銈介展

おんちゃんちの孫、小学校で初の運動会だというのに、
あいにくの雨、しかも午前中に止んだ。

雨天順延、いじわる!

運動会用の赤飯の差し入れで、腹ごしらえができたところで、
道立旭川美術館開館30周年記念の「芹沢銈介展」を見に行くことに…。

パンフレット(表)

豆福の友人、旭川のCさんからもらったパンフを見ると、
開催期間は明日まで……二人で飛び出した。

パンフレット(裏)

芹沢は型絵染の人間国宝
沖縄の紅型(びんがた)に影響を受け、染色、染織、絵画等に多くの作品を残している。


春夏秋冬

「春夏秋冬」、「いろはにほへと…」などの飾り文字は
どこかで見たことが、あるはず。

いろはにほへと


作品を堪能…ご紹介したいけれど、撮影禁止
入口、外庭のオブジェは、OK

芹沢銈介展入口
(芹沢銈介展入口、 会場内もちらりと…)

入口のオブジェ
(入口のオブジェ)

観覧者に着物姿のご婦人が数名、
「着物割引」が用意されていた。
なるほど、会場の雰囲気とベストマッチ。

屋外のオブジェ
(半円の上には人、ヒト、ひと……このオブジェ、どうやって安定させてるの?)

見ごたえがあったよ。Cさん。
お礼のご挨拶は、後日、改めて…。



PageTop

花新聞 vol.292

花新聞のオープンガーデンにOur Gardenが掲載されました。

花新聞vol292

昨年、関東のMさんと函館のNさんに
庭をちょっと褒められたのがきっかけでトライアル。

おだてに乗ってしまいました。

花新聞オープンガーデン紹介

北海道を南北に分け、今回は、南方面の紹介
34ガーデンがトライアル。
次号では、北方面が紹介されるハズ。

でも、ちょっと困った。
今どき、掲載されても、バラは咲いてないよ。

花どきは、6月の下旬から7月の上旬ころかな?

それと、この冬の大雪で、カクテルが痛めつけられ、
6畳大には、なれそうにない。

大イタチ?

これじゃあ、誇大広告、大イタチになってしまう。

何とか、せねば…とは思うものの、いい方法が見つからない。

精一杯の手入れをしますので、
四畳半?で咲いたら、「佳し」としてください。


夏の景色
(これは、去年の7月1日のカクテルです)


ps
「大イタチ」の解説

マンガ本に出ていた江戸の話です。

興行師が呼び込みをしています。

「さあさあ、寄ってらっしゃい、見てらっしゃい!
日本一の大イタチだよ。めったに見れない大イタチ。」

中に入ると、大きな檻はあれども、イタチはおらず、
幅(はば)3尺、丈(たけ)6尺の板の上に血痕が…。

客が怒って出てくると、興行師が言うことにゃ。
「日本一の“大・板・血”」というわけ。





PageTop

ブロッサム

陽気に誘われて、咲き始めました。
イープルの公園では、ツルニチニチソウ(蔓日々草)が咲いていましたが、
ローズミンタラでも咲き始めました。

ツル日々草
公園のは一重、ウチのは八重かな。


ラミウム
(通路に咲いてしまったラミウム)

通路のカーブに埋めたワイン瓶の間からちゃっかりと…。
誰かが、「欲しいものは消える。いらないものは増える」と言っていたけれど、同感です!


ホップ
(ホップ)

ビールの苦みの元です。春はこの程度なのですが、秋には背高ノッポに…。
実は、松ぼっくりのような形


夏ゆきカズラ
(夏ゆきカズラの幼木)

冬枯れで、カラカラ。地ぎわから芽が出てきた。
おとなしそうな顔をしているけど、これが大暴れするんですよ。


房前チューリップ
(房咲きチューリップ)

庭のチューリップは3種類、原種1、原種2、房咲き、少しずつ時期がずれて咲きます。


白?
(白が…?)
今年、お隣との境目に「白」が一本咲きました。白は植えた覚えがないのに「????」


八重ヤマブキ
(八重のヤマブキ)

物々交換で、お向かいのM宅から分家してきた花です。
この花を見ると、小学校の通学路を思い出すのです。何年前になるんですかね~。


Ps
***************************
※ 念のため、表示します。
このブログは、無料なので自動的にスポンサーやトラックバックが
つきます。当方で選ぶことができないので、「???」の、ものも。
むやみにクリックしないように、お願いします。
****************************



PageTop

ベルギー旅行こぼれ話

Cat’s carnival ticket
(フェスティバルのチケット)

ベルギーツアーは28名
体力的には、シンドかったけど、楽しい人たちとご一緒できてよかったー。

特筆は、「kカメラチームの8名」
ツアーと合流したり、離れたり。

古都ゲントでは、撮影のために別行動で一泊
パワフルな行動派です。

ムッシュは、ニコンとキャノンの一眼レフ
マダムはコンデジ

チーフのkさんは、ハンチングがよく似合う。
今回でベルギー8回目とか。魅惑的な国です。
kさんの作品に触発されて今回参加した人も。

物知り博士のムーミンパパは、モト海外商社マン?
魔女狩りの時代から生を受けていたかのように、時代を超え、空間を超えた話が尽きない。

その話を面白くコントロールするのが、モト半導体技術者のO仙人。
そこに大福と豆福の”愛の手”が入るものだから、バスの中は笑劇場

カテドラルは重厚。街中は電柱がない。広場が楽しい。郊外の景色はゆったり。
勿論、キャットカーニバルは、見所いっぱい。
けれど、帰ってきてから思い出すのは笑劇場、

ハンドルネーム「Lio」さん、目が宮崎美子の若い時に似ている。
あれっ!似ている人がもう一人。????。

あとで聞くと、ご姉妹。
きらきら輝く、クリクリめん目が、印象的でした。

以下の写真は、O仙人からメールで送ってもらったものです。

窓際のオブジェ
(窓際のオブジェ)

ビアサイクル
(ビールを燃料に走る自転車?…体内で燃焼して走る…酩酊・迷走中)

ps
ゲント(玄都=「玄冬」)で、「ぼくは後期高齢者ではなく、末期高齢者だよ。」と言っていたのは、O仙人でした。
O仙人は、髪こそ「白秋」でしたが、行動は「青春」、ハートは「朱夏」。
とってもパワフルな方で、
良い機会に良い先輩の事例を見せていただきました。
ボクにとって「好機・好例」、
ありがとうございました。



PageTop

待ってたよ~

15日、夕刻に帰宅
出迎えは、デブッチと小次郎
まとわりついて、「GOHA~N!」

パクパク

豆福がベッドに入るや否や、2+1で、押しくら饅頭
9日間も不在だと「唯我独尊で家につく」猫でも
寂しかったらしい。



翌日、庭では、原種チューリップ(その2)が咲き、匂い水仙が咲き、
ムスカリが咲き、クリスマスローズが大きくなっていた。

原種チューリップその2


クリスマスローズ


「俺たちの手入れはどうした?」と
地植えのバラと鉢植え候補生たちも待っていた御様子。

ガーデンパーティー

昨年、この時期、手入れは終わっていた。
ちょっと遊びすぎたかな~。

「はい、はい、これから頑張りマウス。」




PageTop

イーペルの猫まつり

これは大部分が、受け売りです。

第1次世界大戦で、イーペルは戦場となり、焦土と化し、多くの血が流された。
戦後復興策の一つがこのお祭り。

約400年前、魔女狩りの時代に、魔女を処刑し、黒猫を殺した歴史がある。

猫がいなくなって、ネズミが増えて、ペストが流行った。
また、イーペルは、毛織物産業が盛ん。その毛織物にネズミの被害が…。

そこで、「ねずみ」から守るために猫を…。
まるで「風が吹けば桶屋が儲かる」式の落語話が、お祭りの由来…?

イーペルはベルギーの古都ブルージュの南西70Km 
当日は、人々が猫に変身、どこかしこも猫、ネコ、ねこ…キャーッと猫だらけ。

お祭りは主にパレードで、パレードは約3時間続く!
今年のお祭りは13日(日)、3年に1度の開催! 今年で43回目、
当初は毎年開催だったのだそうです。

パレードの観客席
(パレードの観客席 大福、豆福はD3-3006&3007seet)

逆立ちで歩く子ども
(逆立ちして歩く子ども)

火を噴く男
(火を噴く男)

カニ猫?
(カニ猫ですか?)

キャッツ
(キャッツ…劇団四季ではありませんが…)

キャーッツー
(キャッツー = catx2)

猫化粧
(猫化粧の女の子)

猫がいなくなって鼠がお祝い
(猫がいなけりゃネズミの天下!)

酔っ払いおじさん、ウイーッ
(酔っ払いおじさん、ウイーッ)

傘はケシの花
(戦死者を悼むケシの花、傘はケシの花)

主役の王様シーペル君
(今日の主役、王様のシーペル君)

女王のミネケちゃん
(シーペル君のお嫁さん、女王のミネケちゃん)




Ps
***************************
※ 旅行でお会いした方にブログのお話をしましたので、
念のため、表示します。
このブログは、無料なので自動的にスポンサーがつきます。
大福が選ぶことができないので、「???」も出ます。
そちらを、むやみにクリックしないように、お願いします。
****************************




PageTop

ミステリア&クレマチス


豆福が、街中でプライベートパーキングと書かれた中庭を見つけてきました。

中庭には、藤(ウィステリア)とクレマチスが一面に…。

折良く、オーナーがフランスから、車で着いたところへ遭遇
オーナーご自慢の庭ですが、今年の冬の寒さで、だいぶ痛めつけられたご様子
ガーデニングのために2ヶ月間、ここに滞在するのだそうです。

羨ましいと言ったらいいのか、
オタクと言ったらいいのか…。
でも、彼が言った言葉で了解しました。

 「My hobby ! 
「イエス  アイ  スインク  ソー」



iPadから送信

PageTop

ところ変われば


所変われば品変わる。
ことばは変わるし、時間も変わる。

時間は、日本時間マイナス7時間がこちらの時間
地球儀で考えると、360°÷ 24時間x7時間=105°
105°だけ経度が移動したことになるハズ。
間違っていたらハズレですね。


交通ルールでは、車が右側通行
右折より左折のときに気を使う。

日本では、「水と空気と安全はタダ?」だけど
某ホテルでは、飲料水とビールの値段があまり変わらない。
ダカラと言って、水の代わりにビールばかり飲むわけにもいかないし…。

まだまだ、違いが……あるんですよ。






iPadから

PageTop

マロニエ・ハーフ



豆福が公園で楽しい花を見つけてきました。

マロニエのハーフ

白い花の中心が緋色 、(白花+紅花)÷2 です。


w


iPadから送信

PageTop

画像がオーバーフロー


モブログでアップできる写真は、1枚だけ
それなら、回数で…!

そう思ってアップし始めたのだけれど、写真のサイズがうまくいかない。
縮小しているはずなのに、所定の幅をオーバーフロー、ご容赦あれ。

これは、ホテル近くの公園で見つけた。
ツルニチニチソウ
その上側には、自生し始めたマロニエの幼木が…。







iPadから送信

PageTop

聖堂&紅花マロニエ


ベルギーの都市を巡っていると、「大聖堂&広場&◯◯の像」が三点セット

ブリュッセル、アントワープ、ブルージュ、ゲント、イーペルと辿ってきたのだけれど、「大聖堂&広場&◯◯の像」は、頭の中でごった煮状態、分離不能

イーペルのホテルの両横は、あまり大きくない聖堂と学校が…。
聖堂の広場もミニ

そこへ子ども達が6人乗り自転車でやってきて、大きなマロニエの下でモクタンク?を…。






iPadから送信

PageTop

紅花マロニエ


西洋トチの木(マロニエ)は、白い花が多いのだけれど、聖堂前はピンク





iPadから送信

PageTop

モクタンク?

聖堂前の広場で…ペタンクのような遊びを…。

遊具が木製なので、モクタンクと命名

6人乗り自転車の子ども達



iPadから送信

PageTop

6人乗り自転車X3台


聖堂前の広場、カメラの後ろに聖堂が……。





iPadから送信

PageTop

FreeWiFi



倅からメールが来た。

写真付きで留守宅の状況を知らせるものと、
モブログで送れる写真は1枚だけだというもの。
なるほど、こういうとき、i-padがあると便利

5月11日、イーペルに到着
ホテルで目に飛びこんできたのが、「Free Wi Fi」の文字

これだと、ルーターを持ち歩かなくても良い。
これから、こんなホテルが増えるのかも。






iPadから送信

PageTop

ゼロ階


ベルギーでは、建物の階数の数え方が、日本と違った。

日本の1階は、ベルギーではゼロ(0)階と言う。

同様に2階は1階、3階は2階……と数え、
地下1階は、マイナス(-)1階……と数える。

どちらの数え方が合理的かは兎も角、エレベーターで、感覚が狂う。
日本の建築では、「ゼロの発見」は、これからなのかも。





iPadから送信

PageTop

ポール&指出しグローブ








iPadから送信

PageTop

220Vのコンセント


i-padからブログを更新するのは、ゆるくない。

3枚の画像を送ったつもりだったのに……。

着いていたのは1枚だけ。

悔しいので、再送信

これは、220Vのコンセント&変換アダプター&モバイルルーターです。





iPadから送信

PageTop

トホホッ、ホッ、ホッ、ホッ、ホ


イヤー、歩くこと、歩くこと、歩くこと。
昨日といい、今日といい……。

石畳みは、見た目きれいで、雰囲気も素晴らしい。
でも、大福の足には、きつい。

ノルディックウォーキングポールを持ってきて正解
予定のコースを歩き切り、自由行動へ。

ランチ&休息の後、大福はバスタブへ、豆福は散歩。
この体力差、「徒歩、歩、歩、歩、歩、歩」





部屋のガラス越しの風景



220V のコンセントと変換アダプター&モバイルルーター



ポール&指出しグローブ


iPadから送信

PageTop

世界三大ガッカリ



ベルギー2日目

1日目は、成田からの移動だけ。

今日は、ブリュッセル、アントワープ、ブルージュを訪問

ブルージュは、世界遺産となった旧市街地で2連泊の予定

添乗員が言うには、小便小僧、人魚姫、マーライオンは、

世界三大ガッカリなのだとか、

その小便小僧を見ました。

チビの衣装持ち。

通りの角の、あまり広くないところで立ちション

スリも多いので要注意となれば、ヤッパリ「ガッカリ」なのかも。





iPadから送信

PageTop

wifiルーター


成田空港で、ベルギー用のwifiルーターを借りた。

取り扱い窓口のため、説明書を渡されて、バイバイ。

設定したけど、ベルギーでないと繋がらない?

ちょっと不安。

この記事は、成田のホテルで、ゲストwifiを使ってアップしています。





iPadから送信

PageTop

あっ、痛てー!


バラのとげの逆襲! 指に刺さって、痛い、痛い!
と、いうお話?

実は、豆福とベルギーに行ってくるというお話です。

豆福は生き物を飼っているので、留守宅が気になるらしい。
倅のアドバイスは、「スマホで連絡をとれば心配ないよ。」

倅には、その環境があるけれど、こちらにはその環境がない。

ガラケーでは、通話料だけで大変とか。
(※ごく普通の携帯電話は世界標準ではないので、
ガラパゴス携帯、略してガラケーと呼ばれるのだそうです…、省略語の多いこと)

それではと、急遽、某スマホ・ストアへ。

アドバイスは、「希望の商品は今年の後半に取り扱うことになるかもしれないので、今回は、手持ちのノートパソコンで、メールとスカイプで連絡を取っては?」

なるほど、でも、重いよ~。

迷った挙句に、気になっていたi-padのwifiタイプを購入しました。


i-pad&アダプター

でも、その後が、大変。

どういうわけか、自宅でwifiの設定がうまくできない。
3回やっても、アウト!

ところが、ところが、豆福がやり直すとOK!
悔しいじゃありませんか。

成田で、ポケットタイプのwifiを借りるんだけれど、
設定は豆福に頼むことにしよう。

アップルストアでメールとFace timeは設定済み。

倅とパートナーさんに、Safariとカメラとメール送信の特訓を受け、
留守宅との連絡は万全?

ただ、画面タッチのキーボードには、閉口
触れたつもりはないのに、満員電車の痴漢扱い。

すぐ、画面が変わる。
こちらは顔色が変わる。

i-pad&参考書

ブログの更新は、パソコンのようにはいかない。
モブログとメールで更新するらしい。

テスト送信は何とかアップできたようだけれど…。

パソコンスクール「えびす」のセミナーでi-padの説明があった。
あのとき、もう少し真面目に聴いていればよかった(アトの祭りです)。

更新がうまくいかなかったら、ブログは昼寝。
珍道中、弥次喜多道中になりそうな予感が。

ホナ、行ってきます。See you again .



ps
「使いこなせば、便利なIT、中高年には、あっ、痛てー!」
「愛-pad」になるよう、頑張ります。





PageTop

ヒヤシンスの香り(TEST送信)



開いてきたヒヤシンス、とてもいい香りが…。

急遽仕入れた i-pad 、文字の入力に四苦八苦。

画像の処理も ままならない。




iPadから送信

PageTop

ツルちゃんの櫻


2日に札幌と旭川で桜の便り、あっという間に満開

砂川にも桜前線が到達、こちらの櫻は、山櫻

ツルちゃんは、櫻が咲くのを楽しみにしている。
目と足が不自由になったけれど、きれいな彩りは、好き。

車で主な櫻見物に。
吉野園をスタートして上砂川町経由で奈井江町へ

吉野園のサクラ

このルートで、櫻とこぶしの同時開花を見る予定。

桜田橋?

ところが、ところが、過剰融雪の土砂崩れで通行止め。

ヤムナク市内ルートに変更。

北光公園に櫻が多いのですが、石狩川に近く、
川風が冷たいせいか3分咲き、5分咲きでした。

砂川中学校のサクラ

それ以外は、7~8分咲きで、お天気とも相まってさくら日和。

お昼は、ローズミンタラでツルちゃんの好きな♪“お寿司~”

原種チューリップ
♪ ならんだ ならんだ ちゅーりっぷの はなが


原種チューリップ、その2
ビオラ近くの細長い葉も原種チューリップの一種です。
黄色と朱赤の花弁になるのですが、今年は不在の間に咲いてしまいそうです。



なんと、昼過ぎに、小雨がぱらつきだして…夕方には雷が。

変わりやすいのは「秋の空」だけではないんですね。

午前中に周っておいて、よかった。







PageTop

おかめ草大福

端午の節句、子どもの天下。

おんちゃんちに4世代、4家族、総勢13人が集合
餅をついて、節句の祝いをしました。


やんちゃ坊主&おしゃまっ娘


新春のヨモギを練りこんだ、草餅です。
そこに餡とイチゴを詰め込んで、くるりと巻いて、でき上がり。

草大福手作り中



皿に並べる前に、一つご相伴…。
いちご草大福

やわらかで、あたたかで、甘酸っぱくて、ウーン、うまい!
形は、凸凹でも、腹に入れば皆同じ。




ブログネーム「チョコ」が、一人で何やら怪しいことを。
「できた!」

おかめ草大福

「……これは、何じゃ?」

「おかめ大福と名づけることにします」

子どもたちからは、「これはお母さんだ~」と言われ、赤面していましたよ。

イチゴと草大福
餅に入れたイチゴです。そのまま食べてもおいしい。



雑煮と納豆もち
お雑煮と納豆もちもつくりました。

出来立ては、やわらかで、こしがあって、おいしい。

おんちゃんと大福で、何杯食べたことか。

それなのに、まだ、食べれそう。底抜けの腹です。

おんちゃんちには、おんぶにだっこの端午の節句でした。感謝!感謝!




PageTop

雪のない季節?

春は、にわかにやってきました。
今日の気温は東京より暑いのだとか。

札幌の桜の開花は昨日、今日はもう満開
旭川は、今日が開花で今日が満開とTVが言っている。

こんなの初めてなのでは?

豆福の友人が、味なことを言っていました。
「北海道は、雪のある季節とない季節の2つの季節しかない」と。

半年が雪がある季節で、後の半年に「春、夏、秋」を詰め込むのですから、
春も、大急ぎなのですね。

ローズミンタラにも春が跳んできました。

ヒアシンス
地植えのヒヤシンス、乱れ咲きの花になってしまったけれど、
それは、それで、やんちゃな娘みたいで可愛い。


原種のチューリップ(1)
原種のチューリップの一種、背丈は普通のチューリップの1/2、葉に茶色の斑(ふ)が入ります。


福寿草の花と種
福寿草の坊主、種がつきはじめました。

カクテルのラティス
カクテルのラティス、昨年は、タタミ6畳の大きさになったのだけれど、今年は?
豪雪と寒気に痛めつけられて…剪定するのがつらい。

このカクテルと付き合い始めて25年以上になる。
もう限界に近い。根元からシュートの出が悪くなっている。


カクテルの根元
カクテルの根元、これで一株。
豪雪にはかなわないけれど、悔しいな…、悔しいな…。
根元からカット。





PageTop