ローズミンタラ

マーマレード(豆福レシピ)

甘夏マーマレード

よく洗います
まずは、表面を洗剤をつけないで、ごしごしと洗い、
「外皮と内皮と果肉」に分ける作業からスタートします。

1.外皮
6分割します
①外皮を6等分し、剥ぎます。

外皮です

②剥いだ皮を3回ゆでこぼして苦みを抜きます。
  1回目は、沸騰後5分ゆで、水洗いし、1~2ミリの厚さにスライス。
ゆでた外皮を刻みます

ゆであがった外皮です

  2回目は、スライスした外皮を沸騰後5分ゆで、水洗いし、軽く絞る。

  3回目も5分ゆで、水洗いし、固く絞ります。
外皮を絞ります
 これで外皮はOK

2.ペクチンをつくります。
内皮と果実です
外皮を剥いだ果実は、種やワタを取り、内皮と果肉に分けます。

果実は砕いて絞ります
 ③果肉はミキサーなどで砕き、絞って、ジュースにします。

内皮がゆであがりました
 ④内皮は水洗いし、10分ゆで、水気を絞って細かく刻みます。
  ※苦みを抜く作業です。

果実液に内皮を加えて、煮溶かします
 ⑤③のジュースと④の内皮を鍋に入れ、内皮がとろけるまで煮ます。
  ※20~30分煮ると、不思議と内皮がトロトロになります。

ペクチンができました
 ⑥冷めたら、裏ごしします。これでペクチン、できあがり。

天才糖(?)です
3.外皮とペクチンを計量し、60%重量の砂糖を準備します。
  ※砂糖はグラニュー糖を使っています。

ペクチンに砂糖、外皮を加え5~10分煮ます
4.砂糖を鍋に入れ、ペクチンで溶き、外皮を加えて、10分間ことこと煮ます。

甘夏マーマレードが炊けました
5.テリが出始めたらOK
ジップロックに詰めて冷凍保存します
  あとは冷まして保存、

糖分や粘りは、お好みで加減してください。
色々なつくり方をしてきましたが、今のところ
最も短時間でできる方法です。

PageTop

マーマレードが炊けました

甘夏マーマレードが炊けました

甘夏が、伊豆のPハウスから届きました。
甘夏は地元でも買えるのですが、日が経つと外皮が薄く
なるので、新鮮なものを産地から直送。
これから2~3日はマーマレードづくりです。

川野&ニューセブン

主役はカミさん(豆福)です。
皮が厚い「川野」を4個使い、1.3㎏つくりました。

市販のマーマレードは、果実よりも糖分優先、
果実優先のモノは、種類少なく、価格が優先。
素性の分かっているものをおいしく食べようとすると、
手をかけることが多くなります。

毎年作って、味がふくよかになってきたのが嬉しい。
味にうるさい茨城や札幌のセレブにもご好評。
保存は、自家用なので、ジップロックに小分けして、
1年分冷凍保存します。

甘夏マーマレード

すぐに食べるのは、瓶詰で冷蔵庫。

豆福のマーマレードレシピは、次回に載せますので、
ぜひ、お試しください。
スプーン一杯で、頬がほころびます。

PageTop

山おとこ&山ガール

山おとこ&山ガールが帰ってきました。
今回の休みも冬キャンプ!
行先は道南。大雪注意報が出ていたところ。
「二人とも大人なんだから…」と思いつつ。
帰ってくるとホッと。

スノーシュー

冬キャンをする人は、結構いるようです。
昔のカンジキは今やスノーシューとなり、
藁(わら)ぼっこは、ソレルのカリブになりました。
冬用のテント、寝袋、エトセトラ
冬には夏とは違った魅力があるのでしょうが、
参加する勇気がありません。

誕生ケーキ

テントを雪から掘り出して無事帰還できたのと
○○才の誕生を祝って、
山ガールからケーキのプレゼントです。
お菓子をつくる山おとこですが、
さすがに自分の誕生ケーキはつくらないようです。

根室の毛ガニ

カミさんは根室S水産のWさん推薦のカニを
取り寄せていましたよ。

PageTop

光りの春

光りの春1

積雪1.5m、温度はマイナス、なのだけれども、
日差しは確実に強くなり、もうすぐ春だと告げている。
じきに、渡り鳥も来るはず。
「光りの春」の到来です。

光りの春2
氷が融け、木の芽が膨らみ、山が紅をさす。
重石をかけられていた枝が
はじけるように飛び起き、気持ちが、華やぐ。
英語圏でも春に対する思いは同じようで、
「バネ、跳ぶ、跳ねる、生ずる」を
表すことばが「春」。

カミさんと倅の誕生日が、相次いで到来します。
二人の誕生日が来ると、「もうすぐ春だ」というスイッチが入ります。

誕生ケーキ

その倅が、ケーキつくりました。
本人を目の前にすると、つい、心配ごとやひやかしが
先に出てしまう…加齢のせいですかね。
最近は、安心できるようになりました。美味。

PageTop

フリージア

誕生祝に「フリージア」を買ってきました。
カミさんがバラの次に好きな花です。
いろんな色があるけれど、この季節、
黄色い花は、春を呼ぶようで、元気が出ます。
香りがいい!

フリージア

最近、花屋さんの花は、香りが少なくなりました。
香りが敬遠されているのだそうです。
「香りのないバラは、笑わぬ美人のようだ…」と
書いていた人がいましたが、ボクもそう思います。

ウーマン

バラもたくさんありました。
「ソニア?」
「懐かしい名前だねェ。切りバラには、もう無いよ。」
「それ、名前、なに?」
「ウーマン。プリティウーマンのウーマンだよ」
1本、買ってきました。
サーモンピンクのやさしい色です。
くやしいことは、笑わぬ美人だったことです。

PageTop

ツルちゃんの窓辺

26日まで東京ドームで「世界らん展日本大賞」が
開かれています。
ちょっと遠いので、それはTVで我慢して、
ツルちゃんの窓辺のミニ胡蝶蘭を見てきました。
ツルちゃんの窓辺1
ツルちゃんは、おん年90歳
実家でオンちゃん家族と一緒に暮らしていて、
子、孫、ひ孫の4世代です。
いまどきでは珍しい家族風景となりました。
ツルちゃんの窓辺2
家族は、「バアチャン」とは呼びません。
子も孫もひ孫もが「ツルちゃん」と呼びます。
本人も名前で呼ばれるのが、気に入っているようです。
ツルちゃんの窓辺3
咲いているのは、赤平のらん展で入手したものです。
ツルちゃんの窓辺4
窓辺の日光と暖房と湿度が適しているのでしょう、毎年
咲きます。
ツルちゃんの窓辺5
ボクのところは「ポツッ、ポツッで…」
ツルちゃんにはかないません。
ツルちゃんの窓辺6

PageTop

R 1 でア~ル

「R1?」、某社の軽自動車かと思ったら、さにあらず。
ヨーグルトなんですと。NHKの「あさイチ」で知りました。

R1がインフルエンザに抑止力があると
言われたものだから、品切れ状態とか。
ネット通販でも売り切れ状態でした。

当地でもスーパーでは売り切れたりしているようですが、
コンビニにはありました。
「はやりの半纏」のようでシャクですが、
買ってきましたよ。

カスピ海ヨーグルトやブルガリアヨーグルトは
ヨーグルトメーカーで培養していたので、
今回はR1を培養することにしました。

ネットに作り方が載っていました。
何回か試して、安定して作れたのは、
R1ヨーグルトを大さじ 3~4杯
牛乳を1ℓ、これを熱湯消毒した容器に入れて、
温度39℃、保温時間12時間 にセットしました。
これがアップしたヨーグルトです。
39℃と言えば、インフルエンザの熱ですかね。

R-1ヨーグルト
でもね、インフルエンザに対して即効性を
期待するのは無理っぽいですよ。
ネット「あさイチ」1月23日を読むとR1を半年も摂っていました。
「継続は力なり」ですかねェ~。
「インフルエンザ予防効果も!?」と、わざわざ「!?」マークが
ついているんです。ご一読を!
http://www.nhk.or.jp/asaichi/2012/01/23/01.html
なお、ウィキペディアにもR1が記載されています。

PageTop

ねこのしっぽ

NHK、BSプレミアムに「ねこのしっぽ」という番組があります。
正しくは「猫のしっぽカエルの手」京都大原ベニシアの手づくり暮らし
という番組ですが、なかなか秀逸です。
気持ちがおだやかになるので、お勧めです。

ジローのしっぽ
ジローのシッポは見ていると、イソップ寓話の氷に穴をあけて、シッポで魚を釣ろうとして
氷に閉じ込められてしまうキツネの話を思い出します。
長く寝そべっているシッポの先をちょんと引っ張ると、釣竿のようなしなりを見せます。

ねこのしっぽ
ねこのしっぽの発根
お~っと、これらの話ではなく、植物の「ねこのしっぽ」の話でありました。
1月29日に「豪雪の合間のお天気」で、ご紹介した「ねこのしっぽ」です。
ねこのしっぽを整枝したものを水に入れておいたところ、根が出ました。

根に赤ちゃんが…
挿し木するつもりではなかったのですが、こうなると欲が出ます。
培養土に植えて、春になったら花を咲かせることができるかも…。
雪どけまでは、あと2~3月かかります。ムムムム…。
カミさんからは「とらぬ狸の…」と言われています。

「狸は、ブッチの方だろう」と言い返していますが…自信はありません。
デ・ブッチ?
※ブッチはカミさんの愛猫で、ジローの兄貴分の名前です。
 ショーキャットだったのですが、これもノビノビしちゃって、
11歳にして体重11Kg、メタボ、
あまりにも太いので「デブッチ」との別名を持っています。

PageTop

領空侵犯

カミさんとブログの話をしていました。
カミさんは、愛猫と料理
ボクは、バラ+α
と、話し合っていたのですが、
カミさんがブログを開始していないことをいいことに
領空侵犯することにしました。
…と、言っても、料理教室の話ではありません。
料理の領空侵犯は後日にして、今日は、「ジロー」の話です。

「ジロー」は若いほうのメインクーンです。
佐々木小次郎の刀のように長い尻尾を持っています。
頭の先から尻尾の先まで1mをオーバー!体重9Kg
見た目、リッパ、メインクーンの標準体型にピッタリ。
これで態度がよければキャットショーで好成績をとれたのですが、
肝っ玉が小さいので、鳴かず飛ばずにいました。
別名「肝っ玉小次郎」と冷やかされて。

一昨年、某教授宅で修業をして見事合格し、
キャットショーは卒業しました。
卒業したら、いたずらするわ、のびのびするわ。
my(米)bedです
今日も「マイ(米)ベッド」に飛び乗って寝るわ。

my(米)寝袋です
空になった玄米の袋:「マイ(米)寝袋」でくつろぐわ。

人をたぶらかすわ。もうてんやわんやです。

PageTop

ハウスの中で

ビニールハウス
豪雪の中ですが、ビニールハウスを訪ねてみました。
ハウスの中は、「♪芽が出て膨らんで、花が咲いたら…」
状態になっていましたよ。
外は雪なのにね~。
おくやま農園倉庫&ビニールハウス
オンちゃんのハウスでは、トマトの苗や花の苗が
蒔かれ、芽を出していましたよ。
トマトの苗
トマトいっぱいの真っ赤なゼリー
ここのトマトは、本州やモリモトのトマトゼリーに
出荷されるので、地元でも入手がなかなか難しい。
入手できたらラッキー。

ゼラニウム?の苗
カラーの苗
花は、ゼラニウム、カラーなどの芽が…。
野菜と花の赤ちゃんが、いっぱい!
保育器と揺り籠もいっぱい!
雪が融けたら、苗が販売されます。

早く春が来るといいのに。

PageTop

ホワイトアウト

s16-雪の結晶1
雪は、気まぐれに姿を変えます。
ときには、音もなく静やかに、
ときには、舞うように優美に
ときには、金剛石のように煌めいて、
白く、光り、優しく、美しい。
気持ちが穏やかに、和みます。こんなときもあるんです。

今回の雪は暴力でした。
吹きすさび、降り続き、降りやまず、
前から、横から、尽きることなく吹きつける。
舞い上がり、舞い落ちる。
目前で渦を巻き、天と地が識別できない。
SORAが吠える、ホワイトアウト

雪がやむと、雪の原と雲が一続きに見える。
足元の風紋も見ず、天地の識別ができない。
新雪一色で道の端も曲がり角も判然としない。
知っているはずの道が、見知らぬ道になる。
こんなときもあるんです。


わずかの晴れ間を狙って、一斉除排雪が
始まりました。
小さな町ですが、市内全域の一斉除雪をすると
1度に8000万円ほどかかるのだそうです。
この冬は1度で済みそうにありません。
春が来たら、この雪は融けて無くなってしまうのに!
もったいない気もしますが、除排雪がなければ、
立ち往生、孤立して生活が成り立ちません。
雪国の悩みです。

団地内の除排雪
写真は、除雪ロータリー車がダンプカーに雪を
飛ばしているところです。連なってダンプが来ます。

PageTop

花灯り(はなあかり)

St.バレンタインデーです。
何個もらったかって?
それは聞かぬが「華」、
言わぬが「花」でしょう。

花と言えば、
おとぎ話に「枯れ木に花を」咲かせたお爺さんがいました。
それならば、雪の中に花を咲かせることもできるかも…?
木の細枝まで真白になったとき、
「花が咲いた」というときがありますが、
今日は、間に合いそうにありません。

花灯り
豪雪のおかげ(?)で、ローズミンタラ入口に
雪の壁が…、「大きな白板」ができました。
そこを使って咲かせたのが、この「花あかり」です。

PageTop

美術展(その2)

美術展(その1)の続きです。
多芸多才の方が多いんですね。
今回の美術展は中央展が1月に札幌で開催され、
地方展が砂川駅隣接の「ゆう」で今回開催です。

写真特選「春の陽炎」
写真「春の陽炎」

写真特選「ポロ・ト・コタンの灯」
写真「ポロ・ト・コタンの灯」

写真特選「かるたとり」
写真「かるたとり」

立体特選「あゆみ」
立体「あゆみ」

おまけに
どこみてんのよ猫襖裏
neko1-どこみてんのよ・襖
これは「百まい襖展」の続きです。
同じ建物で「絵画展」と同時開催されています。
この猫は、前回アップした襖の「裏側」に住んでいました。
表と裏で、リバーシブル猫です。
黄と黒の大猫、
阪神タイガースファンでしょうか?

両展示会とも2月16日までです。

PageTop

美術展(その1)

美術展
カミさんが「ゆう」のボランティアに出かけました。
第42回北海道教職員美術展の地方移動展の受付でした。
車で送る足で、大ホールを覗いてみると、
入口にはインパクトのある絵が展示されていましたョ。

美術展入口
小学生が来たときには、「え~っ!」「おぉ~!」と
いう声が漏れていたそうです。
ナ~ンとなく分かるような気が…。
いつもとは違う先生の一面に触れたのかも。

絵画、書道、写真、立体のジャンルごとに特選と奨励賞が
展示されていました。
Fc-2 ブログでは写真枚数の制約があるので、
「特選」を2回に分けてアップします。

絵画特選「東京駅にて」
東京駅にて

書道特選「十勝野の冬」
十勝野の冬

書道特選「風神」
風神

引き続き「美術展(その2)」もご覧ください。

PageTop

「甘平」様がお越しになりました

俳優の間寛平さんのことではありません。
カミさんの親しい友人から送られた愛媛県自慢のミカンです。

「お越しになりました」と記したのには訳があります。
このミカン、ただ者ではありません。
ネットで調べてみると、
2007年の新品種で、色濃く、大果、扁平形で、味は濃厚
ただし、実が生っても果肉の成長に外皮がついていけず、
割れてしまうことが多いので、収穫量が極めて少ない。
大きな甘平に乾杯!
東京では1個1000円という驚異的な値がつくほど、とか。
紀伊国屋文左衛門の蜜柑の話を思い出しましたよ。
これが丁寧語を使った理由です。

327g!!
ためしに重さを量ってみると327g、これがミカン?
デコポンより重く、夏ミカンくらいありそうです。

甘平の果肉
食後のデザートにしました。
表皮は薄く、果肉が大きい。
プリプリで、はじけそうな果肉
果肉の一粒ひとつぶも大きく、つやつや。
甘い!
酸味も程よく、味が濃厚。
思わず幸せ顔になりましたよ。

PageTop

朝の食卓

昨日のブログ「パンが焼けました」に
予告編を出したので、今日は、その結果をアップします。


パンは一山を四つ切、トーストしてバター塗って、
イチゴジャムかマーマレードをのせます。
副食は炒り卵にカリフラワー、ハム、ミニトマトで、
ホットミルクにコーヒーをプラスして、
食後にヨーグルトをいただきます。
朝の食卓
イチゴジャムや甘夏マーマレドもカミさんの手作り
イチゴは地元産、てんさい糖を加えて
プレザーブスタイルで作ります。
甘夏は伊豆で無農薬栽培されたのを直送
皮がヤセないうちに作ります。

ヨーグルトは、最近流行の「R1ヨーグルト」を
ヨーグルトメーカーで培養したものです。
カスピ海ヨーグルトやブルガリアヨーグルトと
比較すると、酸味が強く感じます。

PageTop

パンが焼けました

fubuki
朝から雪が降り止まず、雪かきに没頭させられました。
列車も高速道路もストップしていた。
こんな日は、車での遠出は禁物。前がよく見えません。
某社のアイ・サイトは、こんな時でも見えるんだろうか?
ミリ波はどうなんだろう?気になるところです。

白神こだま酵母
そんなわけで(?)、カミさんはウチでパンを焼き始めました。
白神酵母がしまってあったのを思い出して、
先月からパン焼きを再開したのです。
酵母は丈夫なものですね。膨らみましたよ。
何度か焼いて、白神酵母が品切れになったので、
今日は、普通のドライイーストで…。
ドライイースト

自分で作ると市販のパンよりちょと重めですが、
酵母のいい香りがする。
2次発酵中
オーブンを開いて

ウ~ン、白神酵母の方が、香りは上かな?
このパンは、明朝の食卓に上る予定です。
焼きたて

PageTop

国際バラとガーデニングショウ

「お見せできる花はないけれど、
開店準備の段階から素人ガーデナーの七転八倒ぶりを
お知らせしよう思います」と始めたのだけれど、
なかなか花をアップできないでいるのはつらい。

そう思っていた矢先「国際バラとガーデニングショウ」の
開催メールが来ました。
今年も西武ドーム(埼玉県所沢市)で開催されます。
5月12日(土)から20日(日)までで、
16日(水)はメンテナンスのため休館になります。
暖かいところはうらやましいですね。
5月というと、こちらでは、芽がやっと動き始める頃ですよ。
参考のためホームページを載せておきますね。
国際バラとガーデニングショウ2012
国際バラとガーデニングショウHP http://bara21.jp

バラだけではありません、今の時期は、「らん展」が
活発に開催されています。
世界らん展日本大賞2012
世界らん展日本大賞 http://www.jgpweb.com/

沖縄国際洋蘭博覧会
沖縄国際洋蘭博覧会 http://oki-park.jp/

控え目に咲いたファレノプシス
当地では「らんフェスタ赤平」がメジャーになりました。
昨年は4月15日(金)から17日(日)でしたが、
今年は、いつでしょうね。まちどおしい。
「ウチのらん」は控え目に咲きました。

PageTop

百まい襖展

百まい襖展
カミさんと「百まい襖展」を見てきました。
百まいと銘うっていたけれど、なんと173点の出品。
油彩画、墨絵、貼り絵、キルト、革張り絵画、アルミ缶、エトセトラ
これらがミ~ンナ襖で表現されている。
古い襖がアートになるとは…。
そういえば、源氏物語絵巻では襖障子に大和絵が描かれていたはず。
古(いにしえ)より、襖とアートは付き物でしたか。
ゼ~ンブはご紹介できないので、抜粋でご紹介します。

猫が4匹いました。
neko1-どこみてんのよ・襖
neko2-猫
neko3-我輩は寝子である

「漢字」を「ひらがな」でつくった文字
「ひらかん」という書を見ました。
ひらがなの組み文字のようです。
いきるかお・美
「美」=「いきるかお」という平仮名の組み文字でした。

ありがとう・夢
「夢」=「おめでとう」という平仮名の組み文字でした。

百まい襖(ふすま)展は
「ゆう」で2月16日まで開催しています。

PageTop

「ゆう」開館5周年記念式

立春!
暦の上では春なのだけれど、寒い!
雪カキをしなくてもいいのが救いかな?

新聞記事
JR砂川駅に隣接する「砂川市地域交流センターゆう」
この開館5周年記念式典に行ってきました。
当日「百まい襖(ふすま)展」もあって、
一回で二度おいしいグリコ並みの催し。

「ゆう」記念式典プログラム
オープニングパフォーマンス
「絆・響・賑」
オープニングパフォーマンスで、書家の若山象風さんが
「ゆう」のキーワードとなる「絆、響、賑」を襖に揮毫
式典の後でこの襖も「襖展」の仲間入りをしました。

「ゆう」開館5周年記念式典新聞記事
「ゆう」は、先月アップした奈井江コンチェルトホール
と異なり多目的ホール
演劇にふさわしい大ホールから食品工房まで
大小15の部屋がある。
特筆すべきは二階に幼児のプレイルームがあって、
ボランティアが参加していることと、
駅へつながる幅広い交流スペースで展示会や
パフォーマンスができるということ。
交流スペースは札幌駅前地下広場をイメージさせます。

百まい襖(ふすま)展パンフレット
交流スペースで行われていた「百まい襖(ふすま)展」は、
次回、アップします。

PageTop

正調 「鬼払い!」

今日は節分
「節分」とは、季節の変わり目で、豆をまいて
邪気を払い、新たな春を迎える。
とのことですが、ウチでも豆まきをします。
子どものころは、母が大豆を炒って一升枡に入れ、
父が鬼払いをしました。

節分の新聞記事
そのときの口調はこうです。
「♪鬼は~ソト、鬼は~ソト (まだ、豆はまきません)
  福は~ウチ、福は~ウチ (まだです)
  天打ち、地打ち     (天井に1回、床に1回、豆をまきます)
四方打ち (前後左右にまきます)
鬼の目ん玉ぶっつぶせ~ (このとき、初めて外に向かって豆をまきます)
鬼の目ん玉ぶっつぶせ~ (繰り返し、豆をまきます)」

豆を拾い集めて、年の数だけ食べると、
無病息災になるとか。もちろん、食べましたよ。
でも、まいた豆の半分は、外の雪の中
行先不明になってしまいました。
あの頃の父は馬力があった…。
毎年この時期になると思い出します。

節分豆と鬼
今では、豆が殻つきの落花生に替わりました。
まいた落花生を見つけるのも楽勝です。
今年も父の真似をして、同じ口調で豆をまきます。
♪…。

PageTop

パソコンサークル「えびす」

ブログを始めようと思い始めたのは昨年のことでした。
倅がアウトドア系のブログを書いている。
のぞいてみると、
友人知人、先輩後輩、ご同輩のコメントやら、
ブログ同士の連携が面白い。

ワークショップ・ポスター
昨年11月のこと、後輩のマエさんから
パソコンサークル「えびす」が
ワークショップを開催するという話を聞きました。
マエさんは、年こそ後輩だけれど、
パソコンの知識では大先輩!
このサークルのサポーターをしているとのこと。

当日は、覗き見気分で参加
「アレ~ッ?スポーティな美人の先生じゃないの!」
「マエさんもスミにおけないな」などと
不謹慎なことを思いながら受講

ここでブログの予備知識を得て、
12月のえびす夜間セミナーにも参加
ここでは、先生をはじめ、溌剌とした女性サポーターと
おじさんサポーターがマンツーマンで教えてくれる。
いまさら聞けない初歩の初歩まで聞くことができ、
感謝、感謝の3日間でした。

女性のサポーターがそばに来るとドギマギし、
男性のサポーターが来ると…。
気持ちだけは「若僧」でいるのが分かりました。

えびすたいむず№21
「自分の得意な分野に絞った方がいいですよ」との
アドバイス。
年が明けてしばらくすると、
「ブログはどうした」とばかりに
「えびすたいむず」が送られて来た。
これで踏ん切りがつきました。

ガーデニングマイスター(ロゴ)
バラと遊び始めて三十数年も経ってしまった。
いつまでたっても素人の域を出ないけど、
「北海道ガーデニングマイスター」の肩書をもらった。
バラはまだ雪の中で眠りこけているので、
お見せできる花はないけれど、
開店準備の段階から素人ガーデナーの七転八倒ぶりを
お知らせしようと思います。

雪中のローズミンタラ
夏雪かづら
背中を押してくださった「えびす」の皆さん、
ありがとうございました。

PageTop