ローズミンタラ

走る


富良野グループの演劇、 「走る 」 を観に富良野演劇工場まで車でひとっ走り。
3月6日 (月) の夜のことでした。
豆福はテレビで 「 前進せずにその場で走る姿 (?) 」 に驚き、
ボクは走ることに 「あこがれ 」 があって、見に行くのを決めたのです。
s-936-1.jpg
ポスターの
「 人は何のために走るのか 何に向かって走るのか 」 の問題提起は、鮮烈でした。
ボクは走ることはムリなので、そんなことは考えたこともなかったのです。
悔しいことには、夢の中でも走ったことがありません。
「 夢の中でぐらい走らせてくれてもいいのに! 」

s-936-2.jpg

走ることはムリですが、車でなら人並みに走ることができます。
ボクにとって車は、便利なランニングシューズのようなもの。
舞台のランナーが 「 水とガソリン、どちらが大事ですか? 」 と 言いながら走っていましたが、ボクは 「 どっちも! 」 です。

s-936-3.jpg

パンフレットに、舞台の 「 あらすじ 」 が載っていました。
「 時のマラソン ・ ・ ・ 一年365日を昼も夜もなく走り通す奇妙で過酷なレース。
報酬も賞金もトロフィーさえも出ない、この徒労のレースに、毎年全国からランナーが集ってくる ・ ・ ・ 」

s-936-4.jpg

公演時間1時間40分。その間、30数名のランナーが走り、走り、走る。
3.11のトラウマに苦しむ者、 走りを極めたい者、 病を押して走る者、 自衛隊で駆けつけ警護の任を負わされた者、 桃尻ランナーの尻を追いかける者、 伴走者とともに走る者、 心身ともにボロボロになっても走る者、 様々なランナーが、春夏秋冬を、人生のドラマを、走り、走り、走る。
「 人は何のために走るのか
何に向かって走るのか ・ ・ ・ 」
この問いかけは、走りを知らないボクにはムリ。 熟年ランナー夫妻に訊いてみることにしよう。

1時間40分で答えを見つけることはできませんでしたが、舞台は体力勝負だということを見せつけられる公演でした。
ちなみに、ゼッケン3番の人は、疲労骨折で代役が出演していたのだそうです。

s-936-5.jpg

8時40分に舞台が終わってからの帰り道。
お天気はいいし、道路は舗装が出ていてカラカラ。
それなのに、国道38号はガラガラ。
片道1時間20~30分の道のりですが、ボクの車の前には車がいない。
後ろにも車がいない。まるで太平洋独りぼっち (いや違った、ふたりボッチでした)。


s-936-6.jpg

この国道はしばらくぶりだけれど、こんなに車が少ないのは初めて!
オリンピック特需で32兆円の経済効果とか言われていますが、田舎はそんな風とは無縁です。
高齢者の比率が増えて夜は出歩かず、遠出をする者がいなくなった。
経済活動が低調になり物流が減って、夜の9時台なのに国道に車はいない。
首都圏とは、大きな落差。
この実態を知ったうえで、お偉方は施策を講じているのでしょうか?

演劇 「 走る 」 での問題提起と、国道を車で 「 走る 」 ことで想起した疑問。
珍しく、小難しいことを考えてしまいました。







PageTop

匠の日


4日(土) は スキルアップセンターで 「 匠の日 」
正式には 「 匠の技とふれ合う日 」 なのですが、タイトルが長すぎるので、ショートカット。
s-935-1スキルアップセンター

s-935-2.jpg

隔年で開催されて、今年で10回目
一昨年は3月15日でした。
匠の技とふれあう日

今年のお目当ては、 「 木工 」
ボクの脳回路はミーハーで、すぐにヒトの影響を受ける性質(たち)。
今回は、萌樹工房さんの影響を受けたのかもしれません。
s-935-3積み木

s-935-4木工製品

一昨年は3Dプリンターに目が留まったのですが、
今回はレーザー加工機に食指が動きました。
s-935-5レーザー加工機

木のハンコ作成を無料実演していたので、ローズミンタラのハンコもお願いしました。
この加工機は自作の模様も焼き付けることができるのです。
名前のハンコだけではつまらない。
ローズミンタラのロゴマークを作成して、それをレーザー加工機で ・ ・ ・

夢は広がりましたが、残念なことに、ロゴマークは、構想途上。
しかも、加工機のお値段は200万円!
お値段を聞いた途端に、食指がピタッと止まってしまいました。

ここには、「 匠のたまご 」 の高校生も実演していて、煙を使った空気砲や圧縮空気を使った機関車などは子ども達に大人気。
「 ブラックウォール 」 という耳慣れないネーミングに惹かれて、子ども達と一緒に実演に参加してきました。
透明なアクリル筒の中間に壁 ( これがブラックウォール ) があって、物体は通過できない ・ ・ ・ はずなのですが ・ ・ ・ ドラえもんのように難なく通過してしまったのです!
s-935-6ブラックウォール
①ボーリング球にフェルトを貼ったものに透明なアクリルの筒をかぶせます。
②アクリル筒の中ほどに黒い壁があります。
③アクリルの上から掃除機で吸引すると負圧でボーリング球が持ち上がってきます。
 黒壁を超えることができるか!
④難なく超えてしまいました!
 「あの壁は、いったい、ナニ?」

SSH ( スーパーサイエンス・ハイスクール ) の生徒さんの説明を聞くとナ~ンダ!となるのですが、見た目は黒い壁があるのです。

説明書を貰って来たので載せておきますね。
s-935-7ブラックウオールをつくろう
偏光板のトリックでした。
見た目ベルリンの壁は、あっという間に突き抜けてしまったのです。
若い人に、教えられた匠の日でした。


ps.
今日のおやつは、これ!
s-935-8豆大福

自分たちの名前にちなんだ餡餅に つい、つい、手が伸びてしまったのです。







PageTop

1/2成人式


12日のことです。
「 ゆう 」 とかけて何と解く?
1/2 ( 二分の一 ) 成人式と解きます。
その ココロは?
はい、開館して10周年 になります。

これは、
ゆう開館10周年感謝祭のキッズ落語・大喜利の受け売りです。
「 10周年 = 20歳の二分の一成人式 」 と ゆう こと。

s-930- 1

豆福と この賑やかしい感謝祭に行ってきました。
10周年を記念した福袋 ( 砂川スイーツサンクスBOX ) は
販売開始から18分で売り切れ!!
売り子さんは売るものが無くなって(?) B級グルメ店の販売応援。

s-930-3ポークチャップ

Bグルのポークチャップは、6店舗がワンコイン(500円)で出店。
食べ比べ ・ ・ ・ とはいうけれど、一人で6食は食べきれない。

SUNAcafe と 口福厨房 の ポークチャップ が この日のランチになりました。
s-930-2店舗

店ごとに店の味に特徴があります。
全店制覇するには、しばらくかかりそうだなぁ~。

午後3時からは、市民劇の 「 夢のつみたて 」
10周年記念に加えて、ちびっこ俳優など総勢80名が出演しているせいか、客席には、親・兄弟姉妹に爺ちゃん婆ちゃんご親戚、そしてご来賓。
350の客席が満席。

s-930-4.jpg

市民劇といえば、函館の野外劇が有名ですが、それとて夢が何年も積みたてられて今になったもの。
ゆうの夢もつみたてられていずれ満期を迎える時が来ることを期待しましょう。
s-930-5.jpg

市民劇の内容は、北海道新聞のローカル面に詳しいので、そちらにお任せすることにします。
s-930-6.jpg

第一幕のエンディングで子どもたちが 「 ♪未来へ 」 を歌いました。
s-930-7歌詞2

今まで何度も聞いていたはずなのに、
歌の途中で挿入される台詞に、耳がダンボになりました。
なんのてらいもなく、あんなにも大きな声で、「 大好きです 」 と言えることに心が震えたからです。

ボクたちは 「 大好きです 」 と言える、言ってもらえる街づくりに関わってきたはずなのでした。
リタイアしても、「 街づくり 」 などと大上段に掲げずとも、「 大好きです 」 と言える、言ってもらえることに携わって行けるはず。
ちびっ子から 「 活 」 を入れられた市民劇でした。
ボクも 「 チョット分の一 」 だけ、成人式のおすそ分けを貰えたような気がします。

ps

「 皆さんは この砂川の街が 好きですか? 」
「 川のせせらぎが いつも聞こえる この街が 好きですか? 」
「 お父さん お母さん おじいちゃん おばあちゃんが暮らす この街が 好きですか? 」
「 僕たち 私たちは 大好きです 」

ちびっ子たちの大きな声が このセリフが 舞台から客席へ飛んだのです。
この台詞の重さに圧倒されたのでした。





PageTop

たまげた


先日の日曜日。
「 いい天気だね。どこかに出かけたいね 」
「 どこに行こうか? 」
・ ・ ・ ・ ・

しばし迷いましたが、近美 ( 北海道立近代美術館 ) の 「 片岡珠子 」 展にしました。
正式名称は 「 片岡珠子 本画とスケッチで探る画業のひみつ 」 展です。
遅めのランチは、近美の2階レストランで 「 片岡珠子展スペシャルランチ 」

s-928-1近美

と言っても 「 片岡珠子の 『 球 』 の字にちなんだ丸い料理 」 でした。
ひき肉と豆腐のふんわり団子 ( 球 )
野菜もコロコロと 『 球 』 状
オムライスも曲がりなりにも 『 まる 』
これで、スペシャル!? 
これには、「 球 ( たま ) げた 」

美味しいものを食べた次は、目にもたまげる作品を見せなければ ・ ・ ・
s-928₋2近美の2階から
2階から入口を見た風景

入口には、『 球ちゃん 』 の大きな写真パネル。
s-928-3.jpg
朝霧高原から見る12月の富士山のスケッチ風景 ( 手元のスケッチブックにご注目 )
このとき 『 球ちゃん 』 おんとし80歳というのですから、
そのタフさ加減にたまげてしまいます。

スケッチブックは、螺旋 ( らせん ) 中綴じ ( なかとじ ) の片側を一シートとして使うと思っていたのですが、球ちゃんは、螺旋中綴じの両面を一つのシートとして使っているのが数多くあるのです。
しかも、それだけでは足りなくて、シートを飛び出しているかのようなスケッチまである。

本画は、畳2~3枚大の画台に原色むき出しの色使い。
岡本太郎の 「 芸術は爆発だ! 」 を思い出させます。
大きくダイナミックな面構え ( つらがまえ ) の作品、噴火しそうな火の山の数々。
とてもパワフル。

s-928-4.jpg

作品の撮影はNGなのですが、解説文はOKでした。。
今となっては、押しも押されぬ大家ですが、作品が 「 ゲテモノ 」と 呼ばれる時代もあったのですね。
s-928-5_201702071708277fe.jpg
文字が小さくて読みにくいときは「Ctrl」+コロコロ でご覧ください。

本画も、スケッチも、解説文もぜ~んぶ堪能しました。
目を惹いたのが、球ちゃん57歳のときのメモ。
s-928-6.jpg

縦書きなのですが、文章は左から右へ読み進のです。
縦書きは右から左へ、横書きは左から右へ読むものだと思っていましたが、文章の書き方まで 変化「球」 です。

彼女のパワフルな作品に圧倒されたのか、じっくりと観過ぎたのか 疲れました。
ランチを食べて、エネルギーを補給してから入ったはずなのに。
球ちゃんのエネルギーにはたまげるばかりです。

ps.
s-928-片岡珠子スケッチ





PageTop

正調オニ払い


今日は、鬼退治の本番。
節分なので、正調オニ払いをする日です。

予行演習では、豆チョコで鬼退治をしたのですが、効果が薄かったので、本番では違うものにすることにしました。
「 何をぶつけたら、いいかな~? 」
物色していると、面白いものを見つけました。
これです!
s-925-1.jpg

皮付き焼き栗の 「 笑笑栗 ( わらわらくり ) 」 です。
「 笑笑 」 は、笑門庭にふさわしいネーミング、
割れた栗は、福笑いにも似て、つい、買ってしまいました。
また、栗には、 「 勝ち栗 」 というイメージが定着しているので、
「 鬼に勝つ! 」 という意味も含めて買ってきたのです。

今年もオニ払い節は、マサシさん (父) の 「 正調オニ払い 」 節です。
これは、父のオリジナル節だとばかり思っていました。

正調オニ払い節は一昨年のブログを、改良版のオニ払い節は昨年のブログをご覧ください。

(一昨年) 節分
(昨年) 鬼バージョン

ところが、このオニ払い節は、山形県で広く使われているようなのです。
豆福が借りてきたエッセイにその痕跡がありました。
s-925-2いつもこどものかたわらに

「 いつもこどものかたわらに 」 ( 細谷良太著・白水社 ) の202ページにこんな一文が載っているのです。

『 山形式の 「 鬼は外、鬼は外、福は内、福は内、天打ち地打ち四方打ち、鬼の目ン玉ぶっつぶせー 」 というのを教えてやった 』

母方のご先祖様が山形なので、オニ払い節も一緒に移住してきたのかもしれません?

それでは、ご先祖様
今宵は正調オニ払いをしますので、ご助力ください。
さあ、皆様もご一緒に オニ払い!

♪ 鬼は~外、福は~内、福は~内
  天打ち、地打ち、四方打ち、
  鬼の目ン玉ぶっ潰せ~、ぶっ潰せ~。

さあ、これで、今年も お多福 な年になるよー!

ps。
今朝の北海道新聞に 「泣いた赤鬼 」 に関するコラムが載っていたので、ちょいと拝借してアップします。
s-925-3.jpg

文字が小さく感じたら 「 Ctrl 」 + 「 コロコロ 」 ですよ。





PageTop