ローズミンタラ

陶芸の里


一昨日のことです。
この日は、立冬でした。
s891-1立冬 Wikipedia

旧暦の二十四節気は、季節の予告編なのだと思っていたのですが、
まるで本番のような積雪。
s891-2.jpg

雪は積もっていたのですが、お天気は良好。
これを逃したら、冬囲いが終わらない!
バラの消毒など、相当手抜きなってしまいましたが、
無理やりコモで囲って、一応、冬囲い終了! ということにしました。
これで、心置きなく? 旅の続きをアップすることができ ・ ・ ・ ませんでした。
あれよあれよという間に、睡魔と仲良くなって、延び延びになってしまったのです。


話は前後しますが、佐賀の旅の2日目は陶芸の里巡りでした。
伊万里も有田も有名窯元がたくさんあって迷うのですが、
まずは、伊万里市の大川内山、「伊万里・有田焼伝統産業会館」へ
s891-3.jpg

さすが、陶芸の里だね。
地区の案内図が陶板。
s891-4.jpg


トイレの案内図まで陶器だよ!
s891-5 )


会館の展示物を見ていると、地区を案内するボランティアさんが
「 あなたたちは、ラッキーね! 」
「 えっ、なんで? 」
「 11月から 「 鍋島献上の歩み展 」 があるので、献上品が展示されたばかりなのですよ 」
s891-6.jpg

献上品と言っても献上品そのものが展示されているわけではありません。
献上したものを 「 展示するから、返して 」 とは、言いにくいよね。
献上式の写真とともに同等品が展示されているというわけ。
ということは、同じような品をいくつも焼いて、その中からセレクトして献上するということ?
なんとも贅沢な美術品です。

伊万里市の大川内山には、窯元がいくつもあって、まわりきれないのですが、
「 畑萬 」 は、財布に厳しいお値段でしたが、目の保養になりました。
s891-7.jpg

そういえば、橋の欄干も、陶器で化粧されていて、重厚感いっぱい。

会館から少し歩くと、川沿いに木橋 ( 「 とうこうばし 」 ) があります。
それを渡ると、大きな風鈴が歓迎の音色を奏でるのです。
s891-8.jpg
その先には丸太をくり貫いたシシオドシしがありました。
水を放出する反動で陶石を砕いているのです。
茶室の鹿威しは、風情がありますが、ここの鹿威しは、ダイナミックとしか言いようがありません。

伊万里の後は、有田へ。
有田も見るところ満載なので、まよいます。
まずは腹ごしらえ。
観光協会で紹介された店の一つが 「 ギャラリー有田 」
s891-9.jpg

陶器の展示販売とレストランが併設されたお店。
人気店らしく、名前を書いてから待つことしばし。
陶器を見ているだけで時間はつぶせるのですが、
食事にありついたのは、午後2時。こうなると、なんでも旨い。

有田で向かったのは、「 九州陶磁文化館 」
s891-10.jpg

撮影はNGだった:ので、展示品をお見せできないのですが、
見ごたえのある器が展示されていました。
ドアの取っ手まで陶器!
s891-11.jpg

展示品ばかりでなく、陶芸の歴史も知ることができました。
焼き物には、土器、陶器、磁器という区分だけでなく炻器(せっき)という区分があるのも知りました。
備前や信楽などがこのジャンルになるのだそうです。
知っている人にとっては、当たり前のことですが、恥ずかしながらボクはこの「九州陶磁文化館」で知ることとなりました。
日本セラミックス協会の「日本のやきもの分類」によると

s891-12日本のやきもの/分類1
s891-13日本のやきもの/分類2
s891-14日本のやきもの/分類

詳細はHPでごらんください。
日本のやきものの分類
勉強になりました。 

有田から、佐賀市への道のりは高速で約1時間。
夕食は、佐賀のTさんご夫妻と小料理屋の 「 おかぎ 」 で。
s891-15.jpg

久しぶりの再会だったので、話が尽きません。
でも、翌日の熱気球世界選手権は朝が早いのです。
区切りのいいところで、グッバイ。
話の続きは、来年の自治大学校フロアー会まで持越しとなりました。







PageTop

嬉野温泉



「 せっかく、佐賀に行くのだから、焼き物を見たいねー、温泉もいいねー! 」
「 そうね、探してみますか 」
豆福旅行企画の出番です。
温泉はたくさんありましたが、定番の 嬉野 (うれしの) 温泉 に決定。
熱気球大会と合わせて二泊三日の旅行を計画

旅費の節約で 「 おともでマイル 」 の直行便を選択すると、13:50分に福岡に着いて、翌々日の14:25分に福岡を出発する便しかありません。
二泊三日とはいえ、九州滞在時間は、実質48時間。
効率的に回らなければ、時間が足りません。

旅行の楽しみの一つがレンタカー。
乗ったことのない車に乗ることができるではありませんか。
今回のレンタカーは 「 シエンタ 」
s889-1.jpg

「 ♪ それにつけても おやつはカ~ル 」 の
「 カールおじさん 」 の顔つきそっくりの車です。
ハイブリッド と トヨタセィフティセンスP の体験も兼ねています。

福岡空港から走ったのは 「 唐津城 」 と 「 虹の松原 」 を経由して嬉野温泉に向かうルート。
九州の道は曲線が多い。
有料道路も曲線が多いので、北海道仕様の運転手には、つらい。

唐津城を目的地にして走っていると、先に、「 虹の松原 」 に到着。
誇大広告によると、長さ約5㎞、幅約1㎞、100万本の黒松の樹林帯。
日本三大松原の一つで、この樹林帯の中を道路が貫通しているのです。
ここの観光は、車窓から。
ちなみに、三大松原とは、 虹の松原( 230ha ) 、三保の松原 ( 静岡県、34ha )、気比の松原 ( 福井県、32ha ) と言われています

唐津城と駐車場は、国道を挟んでいるのですが、そこをつなぐのは地下道なのです。
s889-2.jpg
駐車場から唐津城を見上げたところ

s889-3.jpg
駐車場と唐津城の位置関係

s889-4.jpg
階段の中央にスロープがあります

地下道の階段の真ん中にスロープがあるのです。
「 これは一体何に使うものなんだろう?」
かなり急傾斜なのですが、子どもさんが 尻滑りをしていました。
まさか、それが目的ではないでしょう!
「 ? ? ? 」


城からは虹の松原が一望
s889-5.jpg

嬉野温泉は日本三大美人の湯?
ホテルの仲居さんの言うことにゃ
「 旦那さん 」
「 ここの温泉は美人の湯で有名だからね。 明日になったら奥さんに2度惚れするよ 」

なるほどね。
温泉で美人になったら、女の人は喜ぶ。
「 女偏 」 に 「 喜ぶ 」 と書いて 「 嬉しい 」
これは 「 嬉しいの~ 」 で、 「 嬉野温泉 」 になったということ?
気分が温泉のぼせモードになっていました。
定番の温泉入浴三昧 ( 到着後、 就寝前、 翌朝 ) をしたので、
二人とも美男、美女になったはず ・ ・ ・ 美肌の湯の効果はいかに。






PageTop

帰国だ


さあ、帰国だ、帰国。
忘れ物は、ないか?

「 とっていいのは写真だけ、残していいのは足跡だけ 」
山ガールのストーンさんの名言を思い出しながら、
足跡も残さないように、部屋を見まわして、指さし確認! 
OK!

地下鉄ピカデリーで、一路、ヒースロー空港へ。
s836₋1赤いキツネ
(赤いキツネが駄々をこねてイギリス残留になるとは、この時は夢にも思っていませんでした)

【ヒースロー空港】
帰りの便は、BA005便。
第3ターミナルからの出立です。
s836₋2ヒースロー空港1

出国手続きをして、赤いキツネを手荷物に預けて、出発ターミナルで時間をつぶすことにしました。
s836₋3ヒースロー空港2
広い。
食堂も、お土産屋さんもあって、出発までの時間をつぶすには何も不自由はない。
s836-5わがまま丼
(わがまま食堂? 丼物でした)

s836-4ハロッズ
(お土産屋さん)


【トラブル発生!】
搭乗口で表示板を見ていると、??? !!!
「 Delayed 」 出発遅延の表示。
ヒェーッ !
s836-6遅延

帰りのeチケットは、
ヒースロー → 成田 → 羽田 → 千歳 というルート。
こんなに遅れては、乗り継ぎがうまくいかない。

案内窓口はどこじゃ?
迷った挙句、たどり着いたのがカスタマーサービス。
乗り継ぎのことを話しするのだけれど、うまく通じない。
s836₋7変更センター

ここで「翻訳ソフトの」出番!
さあ、大活躍のチャンスだぞ!
翻訳ソフト君、いきなり大舞台に出たせいか、恥ずかしがって、うまく働かない。

カスタマーサービスのおっちゃんも負けじと、日本語翻訳のスマホで
対応したけれど、こちらも意味不明の日本語の羅列。
ん~! 翻訳ソフトは、まだ、発展途上でした。

頼みの綱は、豆福の身振り、手振り、無茶ぶり。
何が通じたのかわからないのですが、おっちゃんが搭乗便を変更してくれた。
Oh! サンキュー!

ところで、預けた手荷物はどうなるの?
ノー、プロブレム ( 心配ないよ )

s836-8変更

ところが、バトンタッチがうまくいかず、
「 船は行く行く、煙は残る 」 ならぬ
「 人はカエルが、バッグは残る 」 状態になってしまったのです。
ウ~ム、ノープロブレムの言葉は、気休めだったか!

【帰宅しました】
マア、それでも、帰宅翌日にバッグ搭乗の連絡が入り、
その翌日には 「 赤いキツネ 」 が到着。
めでたく、「 緑のタヌキ 」 と再会したのでした。

「 トラベルに、トラブルはつきもの 」 と達観して行ったはずなのですが、
今回は、最後の最後までヒヤヒヤものlでした。

大いなるトラブルも、無事着地できれば、笑い話に転換。
赤いキツネは、よほどイギリスが気に入ったのでしょう。
「 めでたし、めでたし 」 で締めくくれて、よかった。

前泊を含めると、8泊9日のトラベルでした。
庭の姫君をほっぽらかして行ったので、今は手入れに大わらわです。
25日(土)のオープンガーデンを目指して、奮闘中。







PageTop

ロンドン


ロンドンに着いてから、それなりに楽しんできましたが、難儀したのは移動手段。
レンタカーは返してしまったので、移動手段は、
歩くか、バスか、電車か、タクシーです。

ボクは、数百メートル歩くだけで、汗が噴き出す。
「 電動カートに乗ったら最強だけど、無いと青菜に塩だね 」 と
言われましたが、マア、そんなところです。

バスは、走るルートが分からないので、
市内のほとんどをタクシーで移動しました。
善良な紳士の運転手さんが多いのでしょうが、
こちらを外国人だと侮って、釣銭をごまかす運ちゃんもいたのです。

イギリスでは、同じ価値でも模様の違うコインが複数あるので、見分けが難しい。
そこへ、ユーロのコインを混ぜ込んでお釣りにされたのです。

まんまと、ちょろまかされたというわけです。
気づいときは、後の祭り。
わずかの金額だけど、これは、気分が悪い。


【リージェントパーク】
雨上がりの朝でした。
お店も博物館も、まだ、閉まっている時間帯なので、
時間制限の無いリージェントパークのバラを見に行くことにしました。
s835-1リージェントパーク

ここもとても広いのですが、公園施設ですから強い味方はおりません。
s835-2.jpg

でも、興味を引くものがあるというのは恐ろしいことで
向こうのバラを見て、こちらのバラに惹かれて、野鳥が人の近くまで来るのに驚き、
そぞろ歩きしていると、何と1~2時間は、あっという間に経ってしまいます。
s835-3.jpg

いったいどのくらい歩いたのでしょうか。
ご近所の店に買い物に行くのはおっくうだけれど、
ゴルフ場でボールを追いかけるのは、数キロでも、へっちゃら。
そんなお父さんがいるそうですが、
その気分と似ているのかもしれません。
s835-5.jpg

エリザベス女王のバラ園には、野鳥がとても多い。
きっと、害虫も駆除してくれるのでしょう。
s835-4.jpg

その代わり、野鳥のことを配慮すると、あまり消毒ができない。
黒点病が目立つようになります。 これは、痛しかゆしですね。


【大英博物館】
大英博物館は、無料
s835-7.jpg
( 日本語の解説書が販売されているのには、驚きました。 そんなに多くの日本人が来ているんだ!! )

寄付金として皆さんと同じように5ポンドを入れてきました。
ここは、写真撮影もOK。
s835-6.jpg

凄い大型の展示品が所狭しと展示されていました。
これは大英帝国が華やかなりし時代の戦利品
s835-8.jpg

ヒトも齢(よわい)70にならんとすると、頭もひねてきて
うがった見方になりがちなのですが、
いわば、ぶんどってきたものを 見せびらかして、
軍事力を誇示しているものではありませんか?
s835-10.jpg

でも・・・後世に伝えるように管理されているのだから、
これは、これで、いいのかもしれない。


【ウエストミンスター寺院】
ウエストミンスターには、大聖堂と寺院と宮殿があるのですが、
見てきたのは、「寺院」。 
s835-11.jpg

世界遺産です。
戴冠式などの王室行事が行われるので、TVでご覧になったかもしれません。
内部の案内は、各国語対応のナビが用意されていました。
日本語ナビを借りて室内を見てきましたが、内部は撮影禁止。 残念。

寺院の外では、イギリスがEUから離脱するのか、残留するのか、
23日の投票を控えて、街宣バスが走っていました。
s835-12EUから離脱か残留か
( この街宣バスは、離脱派? 残留派? )



【ロンドンナイトツアー】
HISのサービスでロンドンナイトツアー ( 2階建てバス ) にも参加してきました。
夜の7時30分から9時までの1時間半のコースなのに、明るい。
こちらでは、10時頃にやっと暗くなり始めました。
s835-13See London

ガイドさんがヒップホップ調で面白おかしく説明しているようなのですが、
残念ながら理解できない。
オリエントスマイルでごまかすのみ。
s835-14.jpg

学生時代、英語を毛嫌いしていたのを反省したけれど、もう遅い!
今度来るときは?
日本語解説ナビのある、お昼のバスツアーにしようっと!


ps.
秩父別のバラが咲き始めた記事が道新に載っていましたが、
わが家のカクテルもボチボチ咲き始めました。
ハイブリットティーは、つぼみを膨らませています。
s835-15.jpg

25日(土)から「オープンガーデン」を始めようかなー?
家主不在でも、庭には勝手に入ることができますので
お近くの方は、どうぞ、ご覧ください。







PageTop

レンタカー返却日


ドライブの最終日。
今日は、①80マイル先のウィンザー城で衛兵交代式、 ②キューガーデンで、バラ園と温室、
次に、この近くのニューエンズでお茶をして、③ヒースローでレンタカーを返却、
④ラッセルスクエアのプレジデントホテルまで地下鉄で、という行程。

【スワンホテル】
スワンホテルは、食事もおいしく快適。
日本人のツアーでは、ランチやお茶をするだけに寄ることもあるそうで、
1階のトイレが、日本語で表示されているのにはオドロキでした。
s834-1スワンホテルのトイレ表示

ホテルの部屋の飾りは、気に入らないなと思っていました。
宿泊したのは、ウッドペッカーという部屋。
「 ネズミの絵 」、 「 カエルの置物 」、 「 キツネの絵 」 が飾られていたのです。
なぜ、こんな絵を飾っているんだ!!  好きになれませんでした。
s834-2注意して、無事帰る。また今度ねー

ところが、
連泊すると、ダジャレ心が頭をもたげて来ました。
飾りを題材にして、
「 チューイして 、 無事カエル。  また、コンどネェー 」
ネズミとキツネの鳴き声と、カエルと帰るを語呂合わせにしたものです。

ホテルを出立するにふさわしい飾りだと思うようになったのですから
「 丸い卵も切りようで四角 」 というところでしょうか。
自分自身のことながら、気持ちの変化に苦笑するしかありません。


【ウインザー城】
当初は、バッキンガム宮殿で衛兵交代式を見る予定を組んでいたのですが、
そこは込み合って、見るのが大変。
ウインザー城でも衛兵交代式があって、そこが穴場。
砂小の校長先生のアドバイスです。
彼は、つい最近3年間、ロンドンで勤務していました。
アドバイスに従って、ウインザー城に変更したのです。
s834₋3ウインザー城

午前11時の衛兵交代式に、ぎりぎりセーフ。
s834₋4衛兵交代式

交代式なんぞ、すぐに終わると思っていると、
鼓笛隊が入ってきたり、建物の中に入って行ったり、出てきたり、かれこれ30分近くもかかっている。
えらく長くかかるものだと思っていましたが、
s834-5衛兵交代

そうか、観光用だものね。
新旧交代が、5分で終わるようならば、遅れてきた人がかわいそう。
観光用としては30分くらいが妥当ということですかね。


【キューガーデン】
ここの庭も広大です。
ガーデンの前に、ニューエンズに寄って、ティータイム
ニューエンズのお茶とお菓子がおいしいということと、
キューガーデンの巨大な温室、パームハウスのそばにバラ園があるということは、
校長先生から予備知識を得ていました。
s834₋7キューガーデンの温室 (2)

バラ園に向かって歩いていたのですが、「遠い」。
ん~、ここにも強い味方がいました。
まず、豆福が電動カートの存在に気づいて、次に警備員が迎えに来てくれて、カートを貸してくれたのです。 Oh my GOD!
s834₋6キューガーデンの警備員

遠いバラ園も、強い味方のおかげで、スーイ、スイ。
バラ園も、「近い」ではありませんか( 相当いい加減な感覚です。コロコロ変わる )

この日は、珍しく、通り雨に遭ったのですが、
パームハウスに逃げ込みました。
s834-9キュー温室

温室の中は蒸し蒸しするけれど、雨に濡れるよりはまし。
s834-8キューガーデン

「もういいかい?」
雨も上がったので、出口に向かっている途中、
「ま~だだよ!」
また、雨が降ってきて、少し濡れてしまいました。
「おぬし、温室から出てくるのを待っていたのか!」
イギリスに来てから、初めての雨でした。


【レンタカーを返却してホテルまで】
5日間で540マイル ( 864㎞ ) の走行ですから、大した距離ではないのですが、
こちらの高速運転と、ラウンドアバウトに翻弄され、
気疲れして、レンタカーを返した時は、正直ホッとしました。
無事故、無違反で返せたことが、何より。

地下鉄はヒースロー空港からラッセルスクエア駅まで、約1時間。
s834₋10地下鉄のチケット販売機
( ピカデリーのチケットもカードで ・ ・ ・ この国は、カード決済が当たり前のようでした )

プレジデントホテルには2泊する予定です。








PageTop