ローズミンタラ

芳ケ江国際ピアノコンクール

ず~っと、気温が低くて雪が降り止まない。

ところが、今日は一転して雨まじり。

なんとも不順な天気。

うず高くなった雪山とは対象的に気分は凹み気味。

s-1045-1.jpg 

札幌では雪まつりが始まり、

お隣では冬のオリンピックが開催されている。

晴れやかで賑々しいのに、ナニ落ち込んでいるの!と

気合を入れる自分と、それについていけない自分がいて、どうにもバランスが悪い。

「冬眠したいな」と思うことが多くなりましたが、きっと、モノトーンの世界と雪投げに飽きたんですね。

 

豆福が恩田陸の「蜜蜂と遠雷」を読み終えました。

評して、「音楽を文章で表した本だよ」

「ん? 音楽を文章で表すってどんなこと?」

演奏は絵画と違って、時間とともに消えていくので、苦手の分野なのですが、彼女の評が気になって読んでみることにしました。

s-1045-2.jpg 

「蜜蜂と遠雷」は、直木賞と本屋大賞を取った作品です。


小説を読むのは久しぶり。

学生のときは、一晩で一冊読破などという荒業(あらわざ)をした記憶もあるのですが、今ではすっかり昔話です。

 

話は、3年毎に開催される芳ケ江国際ピアノコンクール風景(浜松国際ピアノコンクールがモデルだと言われています)

25)90人のエントリーが第一次予選、第二次予選、第三次予選とふるいにかけられ、本選へと進んでいく物語。

500ページの半分まで読んだところで、しおりを挟んで、ブログを書き始めました。

どんどん読み進めたい興奮と一気に読む力が無くなったのにがっかりしての小休止です。

 

ミステリー小説とは違ったハラハラ・ドキドキがあるのです。

早く次のページを読みたいという気持ちに駆られます。

最初に4人の演奏者の曲が紹介されていて、この4人を中心に話が進んでいくのです。

しおりを挟んだところは、二次予選の演奏中でした。

s-1045-3.jpg 

「蜜蜂と遠雷」を読み進めていくと、それぞれのピアノ曲を聴いてみたくなります。

検索してみると、同じことを考えた人がいて、すでに一年前に曲目リストをアップしていました。

それぞれの登場人物のコンクールでの演奏曲を、第一次、第二次、第三次、本選と、それぞれ演奏しているのです。

 

これが見つけたブログです。

「蜜蜂と遠雷」のピアノ曲をコンクールでの演奏順に集めてみた

https://spread-root.com/mitsubachi-to-enrai-piano/

 

本の中のコンクールは、次のような時間配分です。

第一次予選(演奏時間20分未満)・・・90人

第二次予選(演奏時間40分未満)・・・24人

第三次予選(演奏時間60分未満)・・・12人

本選は、オーケストラと協演      ・・・  6人

 

一次予選を読みながらピアノ曲を想像し、次に実際に一次予選の曲を聴く、

二次予選は、ピアノ曲を聴きながら登場人物が演奏する場面を読んでいました。

こんな本の読み方は、未知との遭遇。

錆びつき始めた脳が、ギシギシと悲鳴を上げ始めました。

 

さて、明日からは「蜜蜂と遠雷」の後半戦。

誰が優勝するのか、どんな展開になるのか。楽しみです。

「音楽を文章で表した本だよ」で読み始めた本のお陰で凹んだ気分は、回復傾向。

冬眠しなくてもすみそうです。



 

PageTop

雨の降る日は、ねこ

 

「 雨の降る日は天気が悪い 」

言い古された、あったり前の格言(?)

こんな日は、庭の仕事は、お休み。

 

寝室を見ると、豆福の愛猫の「ジロー」と「アーチ」がベッドを占領して寝ているではありませんか。

猫は、別名「寝子?」と言われるように、よく寝ます。


モフモフの毛に包まれて、気持ちよさそう。

こんな生活ができるなら「生まれ変わって来るときは、ネコになりたい」

あっ、これは豆福の独り言です。

 

今日の北海道新聞の夕刊に「ジロー」と「アーチ」が載りました。

「ペットじまん」のコーナーです。

s-959-1おばんでした(道新) 

(左上の写真です)

黒白の猫がジロー、その上に乗っている茶猫がアーチ。

 

3月、春の日差しが強くなってきた窓辺。

「くっつきたいんです」(アーチ)

「いやなんです」(ジロー)

と もめながらも、ときには一緒にひなたぼっこ。

 

3月に投稿した写真なので、もう、投稿したことを忘れていました。

窓の外には、まだ雪があります

新聞の写真では、よく分からないので、元写真を載せます。

s-959-2.jpg 

(窓の外は、まだ、雪)

漫画では「縁側」で  ひなたぼっこする猫がいますが、それは本州仕様。

北海道に「縁側」は不向きなのです。

ネコは出窓か、窓辺のテーブルでひなたぼっこするのです。

ところが、今日は一日中雨。 ひなたぼっこは、おあずけになりした。 残念!







PageTop

とりあえず


先月のことです。

豆福の愛猫 ジ ロー の鼻に赤い傷らしきものが出来ました。

赤鼻の トナカイ ならぬ赤傷の猫鼻になったのです。



しばらくして豆福が、

「 かさぶたが大きくなってきたような気がするんだけど ・ ・ ・ 」

こんなときは、専門家に診てもらうに限ります。

かかりつけの獣医さんに相談して 酪農学園大学 付属動物病院 に行くことになりました。

診察日は約1ヶ月後。

s-649-1大学動物病院

最悪の場合、「 扁平上皮がん 」 の可能性があるのだそうです。

「 ジ ロー! お前もか! 」





ところが、

不思議なことに、診察日前に かさぶたがいなくなったのです。

?・?・?

どこへ行ったのでしょう?

s-649-2Jirohの鼻

こんな状態になったので、診察をためらったのですが、

念のためということがあります。

受診してきました。

ドクター2人が調べましたが、

見えるところは鼻の中まで キ・レ・イ・!

?・?・?



遠藤 Dr が

「 これ以上、鼻の奥まで調べるには、麻酔をかけて ・ ・ ・ 」 と

説明してくれたのですが、ジ ロー の身体への負荷を考えると、迷いました。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・



 とりあえず、このままで、様子を見ることにしましょう。

何か症状が出たら、また、見せてください。 」

ホッ! おことばに従って ( ? ) そうすることにしました。



病名もつかず、空振りで、帰ることになりましたが、

病院は、空振りが一番。



このことが ジ ロー に伝わったのでしょうか、

病院へ連れて行かれるときは、

猫 ザック に入りたがらなかったのに、

帰りは、自発的に猫 ザック に突入。

s-649-3猫ザック

「 さあ、 帰ろ! 帰ろ!  お家 ( うち ) へ帰ろ! 」

と言っているのでした。







PageTop

もしかして・・・


昨日の話になりますが、急遽、旭岳に紅葉を見に行ってきました。

s-513-0新聞記事

前日の夜、倅から豆福に電話。

「 あした、温泉と紅葉見物にいかないか? 」



今年は初冠雪が早かったけれど、紅葉は綺麗。

山 ガール の dominon さんが ヤマレコ に大雪山の縦走記事載せていたので

山登りに縁のないボクは羨ましく思っていたところ。

大雪山カラー縦走
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-510977.html

渡りに船とはこのことです。



別の予定もあったのですが、めったにないお誘い。

これは連れて行ってもらわねばなるまい。

歩くのが苦手なボクは、 大雪山系 ・ 旭岳 ロープウェイ で、

安直に紅葉見物をしようという魂胆。

山には、ローズミンタラ の語源になった カムイミンタラ があるのですが、

そこは健脚の dominon さんにお任せすることにします。




往復とも倅の運転です。

s-513-1旭岳

車窓からの旭岳、ちょっと雲がかかっている!



s-513-2ロープウェイ

ロープウェイの料金も倅持ちでした。



ロープウェイを降りると、こんな紅葉  風が寒い!

s-513-3旭岳紅葉

第一展望台まで、歩くことにしました。

ゴロゴロ石だらけなので、苦戦!  

でも、登山道脇の彩りが楽しい。

s-513-4チングルマの綿毛2

チングルマの綿毛 チングルマの葉も結構に赤い。

s-513-4ミヤマリンドウ?

これは、ミヤマリンドウかな?


s-513-5赤球、白球

紅白の小さな実、 何でしょうね?


s-513-6登山道脇の紅葉

登山道脇の紅葉です。 

美しい紅葉の条件は ① 昼夜の寒暖の差が大きいこと ② 十分な日照があること

③ 適度な雨があること なのだそうです。

今年は、この3条件が整って、「 10年に1度の紅葉 」 と なったようです。


s-513-7旭岳冠雪

やっと 第一展望台です。

結構、遠くまで見通すことができます。

ボクはここから Uターン。



帰り道、 「 湧駒荘 」 で日帰り温泉。

s-513-8湧駒荘

芒硝泉で、ぬるめの湯槽 と 熱めの湯槽 + 露天

湯上がりは、いつも豆福を待たせてしまいます。

♪ 神田川 程ではないとは思うのですが、 豆福、ゴメン。
 





いや~、運転もしないで、楽しませてもらいました。

こんなことは何度あってもいいなぁ。

ん? もしかして・・・もしかして、

遅ればせの 「 敬老の日 」 だった?










PageTop

もうすぐお正月


年末の 三大行事 は、「 掃除、 餅つき、 麺づくり 」

27日、餅つきは、“おんちゃんち” でした。

「 餅つき機 」 が登場。

一回に 3kg (2升 )つきます。


ツルちゃん、 おんちゃん夫婦、 子供夫婦、 孫の 4世代、

+ 大福家族で総勢13人

大勢で食べる つきたての餅は、格別です。

s-382-お餅のできるまで


鏡餅、豆餅、草餅、お雑煮、納豆餅。

餡を入れて、豆大福、草大福。

s-382-豆大福
( ふくよかな いちご豆大福。 いちごが透けて見えるのがミソ ? )

イチゴも入れて、いちご豆大福。

8種類のお餅です。



まずは、神様、仏様、ご先祖様にさし上げて、

ボク達もご相伴しました。

「 お雑煮 」 と 「 つきたての納豆餅 」

おんちゃんちのお雑煮は醤油味です。 ダシが効いて旨い。

先日、ドレミファソラシド(?) の麦みそを送ってもらったので、

後日、豆福にみそ味のお雑煮を頼んでみようと思います。

s-382-お雑煮、納豆餅


つきたての餅を納豆餅にすると、スルスルといくつでも腹に入る。

これがくせ者。

つい、つい、食べ過ぎるので、要注意。

納豆餅は薬味のネギが味を引き締めるポイント。

かつて、イベントで、ネギなしの納豆餅を食べたのですが、

これは、イケマセン。



全部で 15kg ( 一斗 ) の餅でした。

s-382-お手伝い

後片付けは、孫もお手伝い。

お疲れ様でした & ごちそうさまでした。

来年も呼んでね~。







ps.

♪ もういくつ寝るとお正月

お正月には 凧あげて

コマをまわして 遊びましょう

早くこいこいお正月



もういくつねるとお正月

お正月には まりついて

おいばねついて 遊びましょう

早くこいこいお正月 ♪



小学校の音楽の時間、不思議に思っていました。

ココでは、凧揚げはしても、

コマを回しや 鞠つきや 羽根つきは、しません。

そんなことしたら、雪の中に潜ってしまう。




お正月に雪のないところがあると知ったのは、しばらく後のことでした。

「 お正月 」 の風景が、全国一律ではないことを知った始まりです。

そして、この歌が、荒城の月の滝廉太郎が作ったと知ったのは、もっと後のことでした。







PageTop