ローズミンタラ

幼苗

 

「おじさんちは、よく生えるね~!」と半分呆れ気味につぶやいたのは、姪っ子です。

自分は、これで当たり前だと思っていたのですが、今年の生え方は、いつもより多い。

やっぱり、姪っ子の言うとおりかな?

生えてくるのが髪の毛だったら、嬉しいのに。

生えてきたのは、こぼれ種から生えてきた「幼苗」。

 

【ビオラ】

s-964- (1) 

バラの株間に生えてきた無数の双葉がビオラです。

去年のこぼれ種が芽吹いてきたのです。

バラの株の向こうにチラリと見える紫や黄色は、ビオラの親株。

 

ちょいと向こう側に行って見ると、

s-964- (2) 

これが、ビオラの親株です。

あの幼苗もいずれ大きくなります。

バラの下草(したくさ)が多すぎると(下花かな?)風通しが悪くなり、過湿になるので、間引かなければなりません。

 

【クレマチス】

s-964-3.jpg 

バラと相性がいいと言われているので、数種類植えているのですが、こぼれ種でこんなに発芽するとは思いもよらぬことでした。

白の白雪姫、紫の新切り、ピンクのダイアナ。

名前を忘れてしまった薄ピンク。

ご近所から挿し穂を貰って付けた白にピンクの縦筋入りと

いつの間にかうちの住人になったブルーの野良。

この「幼苗」は、誰の娘かな~?

 

【三尺バーベナ】

s-964-4.jpg 

砕石の間から芽吹いたのは「三尺バーベナ」

別名 ヤナギハナガサ(柳花笠)

河原などでよく繁殖するのだそうです。

道理で砂利をものともせずに芽吹いてくるわい。

 

咲いたら、こうなります。

s-964-5.jpg 

これは、去年の映像なのですが、欲しい、という人がいて、40本ほど里子に出しました。

今年は、どうかな?

 

【野良植物】

このほかに、のら植物が定着したり、新たなのら植物が侵入してくるのですから、ウチは住み易いんでしょうかね?

土壌条件としては、決していいとは思えないのですが、植物も「蓼食う虫も好き好き」ということがあるのでしょうか。

 s-964-6.jpg

こんな下花なら釣り鉢の盛り立て役となるのですが、のら植物は生命力が強いので、うかうかしていると野生化したり、雑草化してにバラが占拠されてしまうかもしれません。

明日からは、バラの手入れに精を出さねば。








PageTop

緑と花の祭典 + α

 

5月だというのに、寒いな~。 

と思っていたら、いきなり夏の暑さ。

なんとも不安定なお天気が続きます。


【北光公園】 

今日は、北光公園で「緑と花の祭典」。

桜は散ってしまい、リラ冷えの時期となったのですが、八重桜が見頃。

名前にふさわしい「祭典」になりました。

s-962-1みどりと花の祭典 

今日は、豆福がボランティア。

婦人ボランティアクラブのメンバーと一緒にお弁当売り。

ちらし寿司、助六、おにぎり、ゆでたまご、飲料などなどを販売したのです。

お天気に恵まれて、午後一時過ぎには完売。

 

【ローズミンタラ】

この時季、ローズミンタラでは丈夫な花が咲き始めています。

(ラミウム)

s-962-2.jpg 

とても丈夫で、勝手にどんどん増えて行きます。

庭でピンク、赤紫、白の花が咲くのですが、白はなかなか増えてくれません。


(タイム)

s-962-3.jpg 

ハーブの一種です。

これも、丈夫で、増殖を続けています。

踏みつけるといい香りがするので、大目に見ているのですが、油断をするとレンガを敷いた通路にまで進出してくるので、気を許せません。



(ビオラ)

s-962-4.jpg 

冬越ししたビオラです。

こぼれ種から芽を出して繰り返し咲くのです。

今頃双葉のものもあれば、本葉になったものもあれば、咲いているものもある。

まるで無秩序なのですが、雑草が生えているよりはマシか。


(ユーフォルビア ポリクロマ)

s-962-5.jpg 

これも丈夫な宿根草です。

蛍光色の黄色が目に付くようで、歩道の植樹桝に植えておいたところ、花盗人(はなぬすっと)に遭ってしまいました。

おくやま農園で格安で販売しているので、一株買ってきたら、どんどん増えるのに・・・

 

バラは、盛んに枝葉をのばしているところ。

6月下旬には咲き始めます。

夏至に「オープンガーデン」の看板を出すことができるかな?








PageTop

咲いた・咲いた


先日の 「咲いた」 は、「サイタ サイタ サクラガサイタ」 でしたが、

今日の 「咲いた」 は、

♪ さいた さいた チューリップの花が ・ ・ ・ です。

s-958- 1 

ずんぐりむっくりの原種チューリップが終わりを告げ、

細面(ほそおもて)の原種チューリップが開き始めました。

左手前の朱色が、ずんぐりむっくり

中心が黄色で、外側が黄と朱なのが、細面(ほそおもて)

 


この細面が閉じると、三角錐の巻貝のような形になります。

s-958- 2 

写真で見ると大きな花に見えますが、球根は小豆(あずき)粒の大きさしかありません。

植え替えようとして、球根を掘り上げようとしたことがあるのですが、あまりにも小さくて、しかも表皮が土と見分けがつきにくい。

植え替えは断念しました。

過密になったら、どうしようか?

 


紫色の「咲いた」は、「ツル・ニチニチソウ」

s-958- 3 

グランドカバーですが、とても丈夫な植物です。

片桐農園さんから来たときは、一株だったのですが、増えて増えて ・ ・ ・

もう一つのグランドカバーのタイムと競い合っています。

 

白い色の「咲いた」は、「ジューンベリー」

s-958-4.jpg 

6月(June)に実が熟すので「ジューンベリー」という名がついたのでしょう。

ところが、こちらでは 花は5月に咲くのですが、熟すのは7月になります。

それで、ローズミンタラでは、7月のベリー(Julyベリー)、「ジュライベリー」と改名し、和名を「寿来ベリー」としたのでした。

今年は去年よりも2日早く花が咲きました。

はたして、今年は、ジューンベリー になれるでしょうか?









PageTop

まるで “夏” でした


今日の気温は、日本国中で北海道が一番高温になりました。
沖縄の気温よりも高い! 何とも理解しがたい気温
置戸町で31.2℃

s-956-1.jpg

しかも、明日の予報を見ると、「 霜、乾燥、熱中症注意報 」
ということは、朝は極寒で、日中は猛暑ということ?
何とも わけの分からない お天気です。

この暑さに桜が一気に満開になりました。
大慌てで、午後からツルちゃんと花見ツアー。

s-956-2.jpg
ボクが知る限りでは、砂川で一番色の濃い桜です。
道道芦別砂川線沿いの山の内橋付近の桜。

ツルちゃんはめっきり足腰が弱くなったので、今年も車窓からの花見です。
去年は、上砂川町から奈井江町に抜ける道端で鶯の鳴き声を聞いたのですが、今年は無し。
サクラの北上に鶯の渡りが追いつけなかったのでしょう。

次の花見は、ローズミンタラのバラ。

4月は、赤平のらんフェスタ
5月は、サクラとコブシの花見ツアー
6月は、ローズミンタラのバラ
いつの間にか、これがツルちゃんの三大花見になりました。






PageTop

「ロゴ」 をつくろう


お多福さんから豆福宛に一冊の本が送られてきました。
この本に、ボクは重い尻を叩かれてしまったのです。
そのわけは、先月末にさかのぼります。

萌樹工房 (もえぎこうぼう) さんが来砂したときのことです。
( あぽーぺん : Apple pen ! ) を制作するときのお話を聞き、
デザイナーのまち子さんが 「 みまもりんご 」 を誕生させたときのお話を聞き、
お二人の想像力と実現力に圧倒されていたのです。

s-933- Apple-pen
( 想像力 ✕ 実現力 = 創造の証左ですね )

デザイナーさんが帰った後で、
KEARASHIさん、お多福さんとローズミンタラのロゴの話になりました。
ローズミンタラの語源は、英語の Rose ローズ(薔薇) と アイヌ語の mintar ミンタラ(庭) なのです。
このことから 「 頭文字の Rm と アイヌ文様 と バラの花 」 のスリーポイントで何とかロゴをつくりたい。そんな話をしていました。

s-937-2.jpg
( ゲン・ゲン・原案 その1 )

ぼーっと、こんなモノ考えているのですが、いかんせん絵心が乏しくて、先に進まない。
えびすのメンバーからは、「 イラストレーターでつくればいいじゃないの? 」 と言われそうなのですが、自慢じゃないけどイラレは苦手。
教えられる傍から忘れていくのですから嫌になっちゃいます。

そして、数日後。 お多福さんが貸してくれたのがこの本!
s-937-3.jpg

本には、お孫さんと折り紙で作った文様も入っていました。
「 子どもでもできるよ! 」 
「 惰眠をむさぼらないで、早く作りなさい 」 とカツを入れられた訳です。
そろそろ 「 春眠暁を ・ ・ ・ 」 の季節なのですが、先制攻撃を受けてしまいました。

5月14日 (日) の 「 ZAKKAフェスタ 」 には、萌樹工房さんが 「 みまもりんご 」 デビューに来砂するはずなので、それまでに何とかモノにして この貴重な本をお返しせねば ・ ・ ・
お多福さん! KEARASHIさん! それまで拝借します!


ps.
5月14日まで あと2か月!
まだ、2か月もあると捉えるか、雪が融けて庭作業が始まるのであと2か月しかないと捉えるか?
ちょいと悩んでいます。
なんぞ、いい思いつきがありましたら、お知恵を貸してください。






PageTop