ローズミンタラ

棟方志功展

久しぶりの晴天。

22日のことです。

今日の予定は?

「今日行く(教育)も、今日用(教養)」も無い。

 

老人のボケ防止には、「今日行く(教育)と 今日用(教養)が必要」と言われています。

「無い」のであれば、「今日行くと今日用」をつくるしかありません。

それでは、ひとっ走り、札幌へ GO!

 

行き先は、狸小路の宮文と近美(北海道立近代美術館)

近美では、「棟方志功展」(わだばゴッホになる)が3月25日まで開催されているのです。

s-1048-1棟方志功展 


 棟方志功の作品イメージは、パンフレットにある板画「二菩薩釈迦十大弟子」や豊満な女性だったのですが、油彩や書もあって、ちょっとした驚きでした。


s-1048-2.jpg 


 リストには74点の作品が載っていました。

74点か・・・少ないなー・・・と思ったのは間違いでした。

屏風の「流離抄(りゅうりしょう)」などは二曲一双の作品に、24点の作品が刷られているのです。

その中に「大雪となりし高志路のしづけさは 深々として切なかりけれ」という文を見つけました。

最近、雪に痛めつけられているせいでしょうか、ズシンと響きました。

吉井勇の歌に、しばし足を止めてしまいました。

 

宮沢賢治に関連する作品もありました。

直接の交流は無かったようですが、賢治没後10年目の作品は「雨ニモ負ケズ板画作」(巻子)

「なめとこ山の熊版画」(額装8点)も賢治の童話を素材とした作品。

 

この熊版画8点は、左から右に向かって展示されていました。

ところが、この童話を素材とした板画は縦書きなので、右から左へ読み進めるのが自然なのです。 

何か意図があったのでしょうかね?

 

彼は海外でも作品を制作していました。

「ハドソン河自板像の柵」と「ミシシッピー河の自板像の柵」は、スマホで自撮りをしたような構図。

アナログの板画のはずなのに、デジタル自撮りを想起させる作品に仕上げるとは!

 

「大世界の柵・乾(けん)」と「大世界の柵・坤(こん)」は、滅茶苦茶大きい作品。

縦2間✕横8間の板画

メートル法に換算すると、3.6m✕14.4m

こんな大きな作品をいっぺんに刷ることはできないので、小さな板画をいくつも組み合わせて大きな作品に仕上げたようなのです。

創作過程を想像しながら見るのも楽しいですが、実際はどうだったのか見てみたいものです。

 

油彩も展示されていました。

ゴッホへのオマージュとされる「太陽花・黃」、「太陽花・青」、「太陽花・真赤(まっか)」、「太陽花・黒」、「太陽花・瑠璃(るり)」です。

作品とタイトルには因果関係があるはずです。

でも、このヒマワリの「黃、青、真赤、黒、瑠璃」の色は、背景色も含めて一致するものがなく、命名の意図は想像できませんでした。

こうなると、本人に聞いてみたくなるのですが・・・ハテ、サテ、どうしたものか?

 

彼は、青森出身の人ですから「ねぷた」を題材にした作品もありました。

「 禰舞多 運行 連々 絵巻( ねぷた うんこう れんれん えまき )」は、賑やかな倭画(やまとが)なのですが、踊っている中に青森市長と棟方志功自身が描かれています。

どうやら、これは遊びながら(楽しみながら)描いた作品のですね。

見ている方も楽しくなる作品です。

 

いつの間にか午後1時になっていました。

2階のレストランで、記念のランチを

s-1048-3.jpg 

 

「お飲み物は何になさいます?」

「リンゴジュースを、お願い」と豆福。

おお、そうでした、棟方志功の出身地、青森はりんごの名産地ではありませんか!

ボクもリンゴジュースをお願いしました

s-1048-4.jpg 


棟方志功スペシャルランチは

道産牛ほほ肉の煮込み(和風)

山菜ご飯

グリーンサラダ

極めつけは、きのこの味噌汁(入れ物から察して、スープだとばかり思っていました)

s-1048-5.jpg 

 

野菜好きの豆大福には、好適なランチでした。

目の保養もした、お腹も満たした。

帰り道も、穏やかでいい天気。 

今日は、いい日でした!

 

Ps.

版画と板画

棟方志功は版画を「板画」と言っています。

板の命を大切にするという想いから「板」という字を使っているのだそうです。

これに倣って、このブログでも「板画」と表記しました。

 

 

 

PageTop

笑うしかない

お天気も降ったり晴れたりが交互に来ると、幾分雪が溶けるので積雪はさほど高くはならないのですが、この冬の雪は、絶え間なく降るのです。

そろそろ、お日様のご尊顔を拝したいものです。

 

雪の威力を垣間見ました。

s-1047-1.jpg 

この雪ぶとんの下には住宅があるのです。

餅であんこを包むように、雪が家を包み込んでしまいそうではありませんか。

傾斜の付いた屋根なので、落ちても良さそうなのに・・・・

除雪業者も需要が多くて、手が回りきらないのかもしれません。

 


もう、どうにもならない!

しんどいことが度を越すと、訳もなく笑ってしまうことがあるそうです。

心労で脳が壊れないように補償機能が働くせいでしょうか?

雪の降り方は、「うらめしや」を通り越して、「笑うしかない」状況に突入してきました。

どうにもならないのですよ。

s-1047-2.jpg 

額縁にアルプスの写真?

居ながらにして、窓から登山満喫。

 

庭に飛ばした雪が高くなりすぎて、雪を二段切り。

雪山を崩して更に遠くに移動しなければなりません。

人力で二段切して、できた雪山が、額縁マッターホルン!!

ここに引っ越して25年経ちますが、こんな酷い雪は、初めて!

 

まだ、降るのだそうです。

さっぽろ雪まつりも旭川冬まつりも終わったのに、

今後一週間の天気予報は、ぜ~んぶ雪だるまマーク。

まだ、機能回復の運動が足りないということか。

もう、笑うしかありません。

 

 

PageTop

うらめしやー

こどものころのお化け遊びを思い出していました。

「うらめしや」というと「表は、パン屋だ」と切り返すのが常套句。

この冬のさなかに、夏の季語(?)が出てくるのはいかがなものか。

 

でも、毎日、毎日、雪はねが続くと恨み節の一つでも言いたくなるというもんです。

s-1046 (1) 

見てご覧なさい。

ご近所のオンコの木の姿を。

雪まみれになって、「うらめしやー」と言っているではありませんか?

 

それにしてもよく降る雪です。

先日、豪雪で数百台が立ち往生した北國街道(国道8号)は、さしずめ北酷街道とぼやかれたに違いありません。

こちらは、あれほど酷くはないのですが、こんな降り方をしていたら、たちまち二の舞です。

 

s-1046 (2) 

ローズミンタラの入口の目印も、すっかり雪に埋まってしまいました。

庭の積雪は2mを超えました。

こんなすごい積雪は、記憶にありません。

 

昨冬は、雪が少なくてバラが凍害に会いました。

今年は雪布団が厚いので、その心配はありません。

その代わり・・・雪の重みで潰される心配が出てきました。

「立春」が過ぎたのに、寒さと雪が容赦なく襲ってきます。

今冬は苛烈。

いい加減にしてほしいナ。

 



PageTop

芳ケ江国際ピアノコンクール

ず~っと、気温が低くて雪が降り止まない。

ところが、今日は一転して雨まじり。

なんとも不順な天気。

うず高くなった雪山とは対象的に気分は凹み気味。

s-1045-1.jpg 

札幌では雪まつりが始まり、

お隣では冬のオリンピックが開催されている。

晴れやかで賑々しいのに、ナニ落ち込んでいるの!と

気合を入れる自分と、それについていけない自分がいて、どうにもバランスが悪い。

「冬眠したいな」と思うことが多くなりましたが、きっと、モノトーンの世界と雪投げに飽きたんですね。

 

豆福が恩田陸の「蜜蜂と遠雷」を読み終えました。

評して、「音楽を文章で表した本だよ」

「ん? 音楽を文章で表すってどんなこと?」

演奏は絵画と違って、時間とともに消えていくので、苦手の分野なのですが、彼女の評が気になって読んでみることにしました。

s-1045-2.jpg 

「蜜蜂と遠雷」は、直木賞と本屋大賞を取った作品です。


小説を読むのは久しぶり。

学生のときは、一晩で一冊読破などという荒業(あらわざ)をした記憶もあるのですが、今ではすっかり昔話です。

 

話は、3年毎に開催される芳ケ江国際ピアノコンクール風景(浜松国際ピアノコンクールがモデルだと言われています)

25)90人のエントリーが第一次予選、第二次予選、第三次予選とふるいにかけられ、本選へと進んでいく物語。

500ページの半分まで読んだところで、しおりを挟んで、ブログを書き始めました。

どんどん読み進めたい興奮と一気に読む力が無くなったのにがっかりしての小休止です。

 

ミステリー小説とは違ったハラハラ・ドキドキがあるのです。

早く次のページを読みたいという気持ちに駆られます。

最初に4人の演奏者の曲が紹介されていて、この4人を中心に話が進んでいくのです。

しおりを挟んだところは、二次予選の演奏中でした。

s-1045-3.jpg 

「蜜蜂と遠雷」を読み進めていくと、それぞれのピアノ曲を聴いてみたくなります。

検索してみると、同じことを考えた人がいて、すでに一年前に曲目リストをアップしていました。

それぞれの登場人物のコンクールでの演奏曲を、第一次、第二次、第三次、本選と、それぞれ演奏しているのです。

 

これが見つけたブログです。

「蜜蜂と遠雷」のピアノ曲をコンクールでの演奏順に集めてみた

https://spread-root.com/mitsubachi-to-enrai-piano/

 

本の中のコンクールは、次のような時間配分です。

第一次予選(演奏時間20分未満)・・・90人

第二次予選(演奏時間40分未満)・・・24人

第三次予選(演奏時間60分未満)・・・12人

本選は、オーケストラと協演      ・・・  6人

 

一次予選を読みながらピアノ曲を想像し、次に実際に一次予選の曲を聴く、

二次予選は、ピアノ曲を聴きながら登場人物が演奏する場面を読んでいました。

こんな本の読み方は、未知との遭遇。

錆びつき始めた脳が、ギシギシと悲鳴を上げ始めました。

 

さて、明日からは「蜜蜂と遠雷」の後半戦。

誰が優勝するのか、どんな展開になるのか。楽しみです。

「音楽を文章で表した本だよ」で読み始めた本のお陰で凹んだ気分は、回復傾向。

冬眠しなくてもすみそうです。



 

PageTop

サプライズ

ゆうべは、ピンさんの還暦を祝う会。

パソコンサークル「えびす」での話です。

節分ですから、豆を年の数だけ、食べさせなければなりません。

勢いこんで出かけました。

場所は滝川市のイタリアンレストラン「ボン ヴィヴァン」

s-1044-1.jpg 

 

集まったのは総勢19名。

ピンさんはメンバーみんなの人気者です。

ミッチイ先生の無茶振りを快く引き受けて、あるときは旅行会の運転手、あるときは巧みなカメラマン、あるときはワインのソムリエとして大人の対応をしてくれていたのです。

 

今回は、ミッチイ先生が罪滅ぼし(失礼!)、いや、恩返しとして「祝う会」を企画したのでした。

ボク達はお二人に、感謝、感謝、感謝です。 

s-1044-2.jpg 


「えびす」は春まで休講だったはずなのに、19名も集まったのです。

遠くは、名寄、室蘭、札幌から来たメンバーもいました。

先生の熱意とピンさんの人気ぶりが分かります。

 

まずは、室蘭から来たKikuりんが赤いチャンチャンコならぬ 赤い帽子、赤いウエア、赤い手袋の三点セットに「おめでとう」のタスキをプレゼント。

s-1044-3.jpg 


還暦は「生まれ直し」で、「赤ちゃんに戻る」ことから赤色のチャンチャンコを贈る慣習が生まれたのだそうです。

 


しかも、この赤いウェアは、オーダーメイドです。

s-1044-4.jpg 

「かんれきだもの」と・・・相田みつおの口調がミソ。

見ている方は、「感激だもの」と、つい、合いの手を入れたくなる語です。

 

 

「宴もたけなわですが、ここでサプライズがあります」

「?????」

s-1044-5.jpg 

えびすの特待生、K5君とお母さんが特大のいちごケーキを運んできました。

K5君は小学生なのですが、物覚え抜群で、気持ちの優しい子です。

ボクがパソコンでつまづいたときなどは、助け舟を出してくれるのです。

小学生が70代に助け舟を出す・・・将来が楽しみな人です。

 

そして、そして、何と言うことでしょう。

K5君のお母さんが、ケーキにハート型のチョコレートを立てたのです。

そこには

s-1044-6.jpg 

Happy Wedding 」の文字が‼

「え~!」

ホントにサプライズでした。

 

どうりで、去年のピンさんは、えびすの出席率が悪かったはずです。

デートに夢中だったに違いありません。

結婚式は雪が融けてからなので、ここで結婚式の予行練習をしてもらうことになりました。

「ケーキ、入刀」

s-1044-7.jpg 

愉快な仲間達の嬉しそうな顔を見るのは楽しいことです。

嬉しいサプライズでした。

驚きのあまり、年の数だけの豆を食べさせるのを忘れていましたが、甘いイチゴのケーキをたらふく食べたので、これでヨシとしましょう。

晩熟(おくて)のピンさんでしたが、これからが本番! 

いつまでもお幸せに!

 

 

 

PageTop